「患者さんの安全・権利を守ったうえで、新しい技術を開発していきたい」福間英祐先生インタビュー

(名医が語る最新・最良の治療 乳がん 2011年11月25日初版発行)

患者さんのため、できる限りの技術を尽くす。よりよいものを作り出し、たくさんの治療オプションをそろえていきたいです。

福間英祐先生

 福間家は代々続いた医師の家系だといいます。両親も、3人の弟も医師、福間先生の代で12代目。「家業ですから、(医師に)なっちゃった」と何気なくつぶやきますが、福間先生の実績には「世界初」の冠がつきます。乳がんに内視鏡を用いた手術を取り入れたのは、実は、福間先生が世界初。できるだけ目立たぬ傷を求めての結果です。メスの傷あとは、どうしても患者さんのその後の生活、人生にも影響を与えてしまいます。
 消化器の腹腔鏡手術の普及と、乳がんにおける温存への流れ、福間先生の頭のなかで一つのアイディアが生まれました。乳がんの手術に内視鏡をうまく利用できないか、前例のない術式、新しい技術の開発は、道具選びから。「専用のものなどありませんから、使い勝手のよいものを流用しながら模索を続け」、現在使用のものに。技術的には「剥離(はくり)に尽きます。ていねいに皮膚と組織を切り離していくだけ」というは易し、もちろん、その習得には経験が必要です。「名人芸で終わらせてはいけない」が持論の、いわば孤独なフロンティア。一人研鑽を重ね、新しい技術を汎用できる手法として定着させてきた福間先生だからこそ、もてるものを伝える、後進への思いも熱くなります。「研修は考え方を学ぶ場。あきらめない治療を伝えたい」。
 乳がんだけでなく、どの診療科も細分化が進んでいます。おのおのが専門性をもつことは大切ですが、「それぞれの再統合」を怠ると、医師によって、施設によって、できる治療、できない治療が生じてしまい、患者さんに不公平が及んでしまうと福間先生は懸念します。
 「ここ(亀田メディカルセンター)では薬の使い方、画像の読影、手術の習熟、すべてに通じたオールマイティの医師を育てるため、専門医が指導する研修制度をつくり、実践しています」。
 研修の手応えは十分で、信頼できるスタッフたちと、患者さんのために、さらに個別の対応を進め、かつ、負担の少ない選択肢を追究し、これもまた、世界で初となる超音波ガイド下凍結療法を始めました。「せっかく、ごく早期でみつかっても、治療は同じ外科手術では、患者さんにとって意味がない気がして」。所要時間1時間足らず、日帰りできる「凍結療法」という新しい選択肢を確立しつつあります。「安全性も適応も、まだまだ検証を重ねる必要がありますが、治療のメニューが一つ増えたことは貴重です」。
 MRIドックや遺伝子検査などさらに早期の診断や、患者さん個別の背景を把握する検査が進んでいく流れを考えると、できるだけ多くの治療のオプションを揃えることが、オーダーメイドの治療を可能に。
 「EBM、根拠は確かに大切です。ただし、根拠を求めるあまり実験的、挑戦的な診療技術が生まれにくくなるのでは、医療の進歩や患者さんの恩恵が阻まれてしまいます。あくまでも患者さんの安全・権利を守ったうえで、新しい技術を開発していきたい」と常に未来を見据える福間先生。
 「乳がんの患者さんも、以前は、まず命を守ろう、でした。それが乳房の形を守ろうに進み、さらに、生活の自由度、アクティビティを守ることや社会的な立場、キャリアを守ることが求められ、医療もそれをサポートできるようになってきています。乳がんと知った前とあととで、変わらぬ人生、命も乳房も、その人自身もできるだけもとの状態にしてあげたい、そのためにできるかぎりのことをするだけです」。

福間英祐(ふくま・えいすけ)先生

福間英祐先生

亀田メディカルセンター 乳腺センター主任部長
1953年京都生まれ。79年岩手医科大学卒業。聖路加国際病院、帝京大学溝口病院などを経て、2000年より亀田総合病院(当時)。11年より現職。落ち着いた風貌のうらにアグレッシブな診療技術への情熱が。