【治験】膀胱がん、ペムブロリズマブの有効性・安全性を評価する臨床試験

治験名

BCG 不応性の高リスク筋層非浸潤性膀胱がん患者を対象としたMK-3475(ペムブロリズマブ)の有効性及び安全性を評価する第II相試験

疾患解説:高リスク筋層非浸潤性膀胱がん

高リスク筋層非浸潤性膀胱がんは、筋層に浸潤していない高リスクの膀胱がんです。

膀胱は、内側から「粘膜上皮」「基底部」「粘膜下層」「筋層」「脂肪」の5つの層で構成されています。筋層非浸潤性がんとは、粘膜下層までにとどまり、筋層に達していないものです。 また、膀胱がんでは採取したがん細胞の組織を病理診断し、各種の画像診断とあわせて、再発や進展のリスク分類を行います。本治験の対象となる高リスクは、以下の条件のいずれかを含むものです。

  • ・T1(筋層には浸潤していないが粘膜下層まで達している)
  • ・ハイグレード(細胞の形が正常な細胞と比べて異なっている度合いが高い)
  • ・上皮内がん(併発も含む)
  • ・多発、再発

高リスク群や上皮内がんの場合は、抗がん剤膀注療法での効果は期待できないため、BCG膀注療法か膀胱全摘かの選択になります。

高リスク群に対してもBCG膀注療法は再発の抑制効果があることが確認されているため、可能な限りBCG膀注療法が行われますが、BCG膀注療法が適さない場合、治療効果が乏しくなることもあります。また、根治的膀胱全摘除術が不適格であると診断されたり、根治的膀胱全摘除術を希望しない患者さんに対してBCG膀注療法や根治的膀胱全摘除術の代わりになる治療法(薬)の開発が求められています。

出典:日本泌尿器科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会編:腎盂・尿管・膀胱癌取扱い規約 2011 年4月(第1版),金原出版.より作成
低リスク単発、初発、3cm未満、Ta、ローグレード、上皮内がん併発なしのすべてを満たす
中リスクTa-1、ローグレード、上皮内がん併発なし、多発性あるいは大きさが3cm以上
高リスクT1、ハイグレード、上皮内がん(上皮内がん併発も含む)、多発、再発のいずれかを含む

出典:日本泌尿器学会,編:膀胱がん診療ガイドライン2015年版,医学図書出版,2015.

治験薬:MK-3475(ペムブロリズマブ)

MK-3475(ペムブロリズマブ)は、抗PD-1抗体という免疫チェックポイント阻害剤の1つです。

免疫チェックポイント阻害薬は、がんに対して、免疫細胞が本来の力を発揮できるようにする薬です。最終的には、免疫の力でがんを攻撃し、治療効果を発揮します。

がん細胞の表面に発現しているPD-L1とがん細胞を攻撃する免疫細胞(T細胞)に発現しているPD-1が結合すると、免疫細胞は、がん細胞を攻撃しなくなってしまいます。この仕組みを「免疫チェックポイント機構」といい、この仕組みが働かないように開発されたのが、免疫チェックポイント阻害薬です。

主な治験参加条件

対象となる人
  • 組織学的に膀胱の高リスク筋層非浸潤性移行上皮がんと診断された。
  • 2回以上の膀胱鏡検査/TURBTで切除可能な病変がない。
  • 十分なBCG療法を実施し、BCG不応性と診断された。
  • 外科医により根治的膀胱全摘除術が不適格であると診断された、又は根治的膀胱全摘除術の施行を希望しない。
  • バイオマーカー解析用に組織検体を提供できる
  • PS※が0、1又は2。
  • 適切な臓器機能が保持されている。
  • 18歳以上
  • 性別は問わない
対象とならない人
  • 筋層浸潤性(T2、T3、T4)で局所進行により切除不能か転移性の尿路上皮がん。
  • 膀胱以外の尿路上皮(尿道、尿管又は腎盂)に筋層非浸潤性移行上皮がんを併発。
  • 治験薬の初回投与前4週間以内に他の治験薬又は医療機器を用いた臨床試験に参加している、または参加した。
  • 直近の膀胱鏡検査/TURBTから治験薬の初回投与までの間に、膀胱内化学療法または免疫療法を実施した。
  • 治験薬の初回投与前2週間以内に化学療法、低分子分子標的薬療法、放射線療法を実施した。若しくは前治療による毒性から回復していない。
  • 進行性、または治療を必要とするほかの悪性腫瘍がある。(皮膚の基底細胞がん、根治的治療を受けた皮膚の扁平上皮がん、子宮頸部上皮内がんを除く)根治的治療(外科的治療、放射線治療)を受けた前立腺がんの既往がある。
  • 過去2年以内に全身性の治療を必要とする活動性の自己免疫疾患がある。
  • 非感染性の肺臓炎(間質性肺疾患)の既往か活動性の徴候がある。
  • 全身治療を要する活動性の感染症がある。

パフォーマンスステータス(Performance Status:PS)

パフォーマンスステータス(Performance Status:PS)は、米国の腫瘍学の団体(ECOG)が決めた全身状態の指標で、患者さんの日常生活の制限の程度を示します。

PS 0全く問題なく活動できる 発病前と同じ日常生活が制限なく行える
PS 1肉体的に激しい活動は制限されるが、歩行可能で、軽作業や座っての作業は行うことができる 例:軽い家事、事務作業
PS 2歩行可能で自分の身の回りのことはすべて可能だが作業はできない 日中の50%以上はベッド外で過ごす
PS 3限られた自分の身の回りのことしかできない 日中の50%以上をベッドか椅子で過ごす
PS 4全く動けない 自分の身の回りのことは全くできない 完全にベッドか椅子で過ごす

出典:Common Toxicity Criteria Version2.0 Publish Date April 30, 1999 (JCOGホームページより引用)

治験情報に関する注意点

治験は、治療を兼ねた臨床試験のことです。薬の元となる物質を動物実験などで有効性や安全性を確認した上で、ヒトに対して使用しても同様に安全で治療効果が予測されるもので行われますが、治験の時点ではまだ有効性や安全性が十分に確認できていいるわけではありません。有効性や安全性が科学的に証明された治療が、標準治療で、新しい治療が必ずしも最良の治療ではないということを理解してください。その一方で標準治療が確立していない、または薬の耐性ができ、効果が期待できる薬がなくなった患者さんにとって治験は新しい治療選択となる可能性もあります。

治験は「ヘルシンキ宣言」に基づく倫理的原則と、「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)」を遵守して行われています。治験実施にあたり、日本では「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)」という厳しいルールが定められています。これにより、治験に参加される方の利益が損なわれることがないよう、安全な手続きで治験は進められます。

治験情報を探すとき、治験を受けたいと思ったときは、まず治験とはどのようなものなのかを理解してください。
がんの治験情報をお探しの方に知ってほしい5つのこと

※多くの情報は、出典であるJAPIC-CTIUMIN-CTRに情報がある場合はそこから、転載しています。
※ここに掲載した情報は、JAPIC-CTIUMIN-CTRに登録された情報を元にし、一般の人でもわかりやすく解説しています。そのため、すべて情報を網羅しているものでも、情報に誤りがある場合もあります。

試験概要詳細

試験の名称BCG 不応性の高リスク筋層非浸潤性膀胱癌(NMIBC)患者を対象としたMK-3475[ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)]の有効性及び安全性を評価する第II相試験
試験の概要本治験は、Bacillus Calmette-Guerin(BCG)療法不応性の高リスク筋層非浸潤性膀胱癌(NMIBC)患者のうち、根治的膀胱全摘除術が不適格であると診断された患者、又は根治的膀胱全摘除術の施行を希望しない患者を対象にMK-3475を投与する試験である。 本試験に主要仮説はMK-3475の治療を受けた被験者が臨床的に意義のある抗腫瘍効果が得られることである。
疾患名高リスク筋層非浸潤性膀胱癌
試験薬剤名MK-3475(ペンブロリズマブ)
用法・用量MK-3475 200mg 静脈内投与 3週間間隔投与
試験の目的フェーズ2(第2相臨床試験)
試験のデザイン単群非盲検試験
目標症例数260
適格基準
  • 組織学的に膀胱の高リスク筋層非浸潤性移行上皮癌(T1、High Grade Ta又はCIS)と診断された患者。移行上皮癌と非移行上皮癌の混合型も組入れ可能であるが、混合型の場合は移行上皮癌が主な組織型でなければならない。
  • 2回以上の膀胱鏡検査/TURBTの実施により切除可能な病変がない患者。(ただし、経尿道的切除で完全に切除できずにCISが残存している患者は組入れ可。)
  • 十分なBCG療法を実施し、BCG不応性と診断された患者。
  • 外科医により根治的膀胱全摘除術が不適格であると診断された、又は根治的膀胱全摘除術の施行を希望しない患者。
  • バイオマーカー解析用に組織検体を提供できる患者
  • Eastern Cooperative Oncology Group(ECOG)Performance Status(PS)が0、1又は2の患者。
  • 適切な臓器機能が保持された患者。
  • 妊娠する可能性がある女性患者は、治験薬の初回投与前の尿又は血清妊娠検査で陰性でなければならない。また、適切な避妊法を使用することに同意しなければならない。
  • 生殖機能を有する男性患者は、適切な避妊法を使用することに同意しなければならない。
  • 年齢:18歳以上
  • 性別:両方
除外基準
  • 筋層浸潤性(T2、T3、T4)で局所進行により切除不能な又は転移性の尿路上皮癌の患者。
  • 膀胱以外の尿路上皮(すなわち、尿道、尿管又は腎盂)に筋層非浸潤性移行上皮癌を併発している患者。
  • 治験薬の初回投与前4週間以内に他の治験薬又は医療機器を用いた臨床試験に参加している、又は参加した患者。
  • 直近の膀胱鏡検査/TURBTから治験薬の初回投与までの間に、膀胱内化学療法又は免疫療法を実施した患者。
  • 治験薬の初回投与前2週間以内に化学療法、低分子分子標的薬療法、放射線療法を実施した患者、若しくは前治療による毒性から回復していない患者。
  • 進行性又は治療を要する他の悪性腫瘍を有する患者。ただし、皮膚の基底細胞癌、根治的治療を受けた皮膚の扁平上皮癌、及び子宮頸部上皮内癌の患者を除く。根治的治療(外科的治療又は放射線治療)を受けた前立腺癌の既往を持つ患者。
  • 過去2年以内に全身性の治療を必要とした活動性の自己免疫疾患を有する患者。
  • 非感染性の肺臓炎(間質性肺疾患)の既往又は活動性の徴候を有する患者。
  • 全身治療を要する活動性の感染症を有する患者。
  • 妊娠中、授乳中の患者、又はスクリーニング来院から治験薬最終投与後120日までの治験期間中に本人又はパートナーの妊娠を希望する患者。
  • 抗PD-1薬、抗PD-L1薬、抗PD-L2薬又は他の共抑制性T 細胞受容体を標的とする薬剤による治療歴を有する患者。
  • ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染を有する患者。
  • 活動性のB型肝炎又はC型肝炎を有する患者。
  • 治験薬の初回投与前30日以内に生ワクチンを投与した患者。
主要な評価項目完全奏効率
主要な評価方法治験開始から3年間の完全奏効率を調査する
主要な評価項目無病生存率
主要な評価方法治験開始から3年間の無病生存率を調査する
副次的な評価項目奏効期間
副次的な評価方法治験開始から3年間の奏効期間を調査する
予定試験期間2015年12月 ~ 2021年12月

出典:医薬品情報データベースiyakuSearchより