【治験】急性リンパ性白血病に対するCAR-T細胞医療「CTL019」の有効性と安全性を評価する臨床試験

治験名

CTL019の第IIIb相試験

急性リンパ芽球性白血病の小児/若年成人患者における有効性と安全性を検討する単群、非盲検、多施設共同臨床試験

疾患解説:急性リンパ性白血病

白血病は、血液細胞ががん化する血液のがんです。
白血病は、造血幹細胞のうち骨髄系とリンパ系の2つと症状の違いによる急性と慢性の2つの分類から、急性リンパ性白血病、慢性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病の4つに大きく分類されます(表1)。
国立がん研究センターのがん統計によると2014年に白血病に罹患した人は、約12000人です。
急性リンパ性白血病は、年間10万人に2~3人程度が発症するといわれ、小児がんの急性白血病の80%が急性リンパ性白血病で、成人では白血病のうち約20%といわれています。 急性リンパ性白血病は、白血球の一種であるリンパ球が未熟な段階でがん化し、骨髄中の白血病細胞が25%以上になると急性リンパ性白血病と診断されます。
急性リンパ性白血病の主な症状は、正常な血液が作られなくなることで起こるものと腫瘍化した細胞がリンパ節や臓器に集まって現れるものがあります。
正常な白血球が作られなくなるとウイルスや細菌などに対する抵抗力低下し感染症にかかりやすくなります。赤血球の減少は、だるさ、眠気、疲れやすさ、動悸、息切れといった症状がでます。血小板の減少は、鼻血はあざができやすくなり、出血しやすくなります。
リンパ節で増殖するとリンパ節が腫れ、しこりができたり、肝臓や脾臓が張れお腹が張ったり済ます。
症状が全く出ない人もおり、健康診断などで血液の異常を指摘され、初期に病気が判明することが少なくありません。

図1 造血幹細胞と血液の分化

表1 白血病の主な分類

骨髄性リンパ性
急性急性骨髄性白血病
(AML: acute myeloid leukemia)
急性リンパ性白血病
(ALL: acute lymphoblastic leukemia)
慢性慢性骨髄性白血病
(CML: chronic myelogenous leukemia)
慢性リンパ性白血病
(CLL: chronic lymphocytic leukemia)

治験薬: CTL019

CAR-T療法は、患者さん自身の血液から採取したT細胞を、がん細胞を攻撃するように遺伝子を導入したあと、患者さんに戻す免疫細胞療法です。CTL019は、患者さんから採取した血液を細胞加工施設でT細胞だけを分離して、がん細胞を攻撃するように加工され増殖して作られます。がん細胞を攻撃するように、キメラ抗原受容体(CAR)という遺伝子をT細胞に導入するために、人工的に遺伝子操作をしています。
患者さん自身の採取された血液から作られるため、完全テーラーメイドの治療薬です。

主な治験参加条件

対象となる人
  • 1:再発または難治性のB細胞性急性リンパ性白血病の小児または若年成人患者。以下の条件はいずれかでOK 2回以上の骨髄再発
    同種幹細胞移植後に骨髄再発し、CTL019輸注時点で同種幹細胞移植から6か月以上経過している
    標準の化学療法レジメンを2サイクル受けた後でも寛解を達成しないと定義される初発難治性または再発白血病に対する標準の化学療法を1サイクル受けた後でも寛解を達成しないと定義される化学療法難治性
    フィラデルフィア染色体陽性であり、チロシンキナーゼ阻害薬療法に対して忍容性がないか、2種類のTKI療法を受けても奏効しない、またはチロシンキナーゼ阻害薬療法が禁忌である
    同種幹細胞移植が適さない
  • 2:再発した患者の場合、本治験登録前3か月以内にフローサイトメトリーで骨髄または末梢血にCD19腫瘍の発現が確認されていること
  • 3:臓器機能が維持されている
  • 4:スクリーニング時の形態学的評価で骨髄のリンパ芽球が5%以上
  • 5:余命が12週を超える
  • 6:3歳以上(スクリーニング時)、21歳以下(初回診断時)
  • 7:製造施設が非動員単核球細胞の白血球アフェレーシス産物を受領していること
  • 年齢:3歳以上21歳以下
  • 性別:両方
対象とならない人
  • 1:髄外単独病変の再発
  • 2:骨髄機能不全状態を合併する遺伝性の症候群の併存(ファンコニー貧血、コストマン症候群、シュバックマン症候群、その他の骨髄機能不全症候群。ダウン症候群の場合は除外されない)
  • 3:バーキットリンパ腫/白血病[成熟B細胞性ALL、κ又はλに限定される表面免疫グロブリン(sIg)陽性のB細胞性ALLを伴う白血病、FAB分類L3及び/又はMYC転座ALL]
  • 4:悪性疾患の既往。ただし、皮膚または子宮の上皮内がんで、根治治療を受けており、現在活動性疾患の所見がない場合は治験に参加可能
  • 5:遺伝子療法の治療歴がある
  • 6:スクリーニング時に活動性もしくは潜在性B型肝炎、活動性C型肝炎(スクリーニング前8週間以内の検査)、またはコントロール不良の感染症がある場合
  • 7:ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が陽性の場合
  • 8:グレード2~4の急性または広汎性の慢性移植片対宿主病
  • 9:活動性の中枢神経系(CNS)悪性疾患。NCCNガイドラインにおけるCNS-3と定義
  • 10:妊娠中または授乳中の女性

治験情報に関する注意点

治験は、治療を兼ねた臨床試験のことです。薬の元となる物質を動物実験などで有効性や安全性を確認した上で、ヒトに対して使用しても同様に安全で治療効果が予測されるもので行われますが、治験の時点ではまだ有効性や安全性が十分に確認できていいるわけではありません。有効性や安全性が科学的に証明された治療が、標準治療で、新しい治療が必ずしも最良の治療ではないということを理解してください。その一方で標準治療が確立していない、または薬の耐性ができ、効果が期待できる薬がなくなった患者さんにとって治験は新しい治療選択となる可能性もあります。

治験は「ヘルシンキ宣言」に基づく倫理的原則と、「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)」を遵守して行われています。治験実施にあたり、日本では「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)」という厳しいルールが定められています。これにより、治験に参加される方の利益が損なわれることがないよう、安全な手続きで治験は進められます。

治験情報を探すとき、治験を受けたいと思ったときは、まず治験とはどのようなものなのかを理解してください。
がんの治験情報をお探しの方に知ってほしい5つのこと

※多くの情報は、出典であるJAPIC-CTIUMIN-CTRに情報がある場合はそこから、転載しています。
※ここに掲載した情報は、JAPIC-CTIUMIN-CTRに登録された情報を元にし、一般の人でもわかりやすく解説しています。そのため、すべて情報を網羅しているものでも、情報に誤りがある場合もあります。

試験概要詳細

試験の名称 CTL019の第IIIb相試験
試験の概要急性リンパ芽球性白血病の小児/若年成人患者における有効性と安全性を検討する単群、非盲検、多施設共同臨床試験
疾患名再発/難治性急性リンパ芽球性白血病の小児/若年成人患者
試験薬剤名 CTL019
用法・用量体重1 kgあたり2.0 – 5.0 X 10(6)個(最大2.5 X 10(8)個
試験のフェーズ第IIIb相試験
試験のデザイン単群、非盲検、多施設共同臨床試験
目標症例数130
適格基準
  • 1. 再発又は難治性B細胞性ALLであって、以下のいずれかに該当する小児又は若年成人患者
    a. 2回以上の骨髄再発
    b. 同種幹細胞移植(SCT)後に骨髄再発し、CTL019輸注時点でSCTから6ヵ月以上経過している。
    c. 標準の化学療法レジメンを2サイクル受けた後でも寛解(CR)を達成しないと定義される初発難治性(primary refractory)又は再発白血病に対する標準の化学療法を1サイクル受けた後でもCRを達成しないと定義される化学療法難治性(chemorefractory)
    d. フィラデルフィア染色体陽性(Ph+)であり、チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)療法に対して忍容性がないか、2種類のTKI療法を受けても奏効しないか、又はTKI療法が禁忌である
    e. SCTが適さない
  • 2. 再発した患者の場合、本治験登録前3ヵ月以内にフローサイトメトリーで骨髄又は末梢血にCD19腫瘍の発現が確認されていること。
  • 3. 臓器機能が維持されている。
  • 4. スクリーニング時の形態学的評価で骨髄のリンパ芽球が5%以上
  • 5. 余命が12週を超える
  • 6. 3歳以上(スクリーニング時)、21歳以下(初回診断時)
  • 7. 製造施設が非動員単核球細胞の白血球アフェレーシス産物を受領していること。
    など
  • 年齢:3歳以上21歳以下
  • 性別:両方
除外基準
  • 1. 髄外単独病変の再発
  • 2. 骨髄機能不全状態を合併する遺伝性の症候群の併存(ファンコニー貧血、コストマン症候群、シュバックマン症候群、その他の骨髄機能不全症候群。ダウン症候群の場合は除外されない)
  • 3. バーキットリンパ腫/白血病[成熟B細胞性ALL、κ又はλに限定される表面免疫グロブリン(sIg)陽性のB細胞性ALLを伴う白血病、FAB分類L3及び/又はMYC転座ALL]
  • 4. 悪性疾患の既往。ただし、皮膚又は子宮の上皮内癌で、根治治療を受けており、現在活動性疾患の所見がない場合は治験に参加できる。
  • 5. 遺伝子療法の治療歴
  • 6. スクリーニング時に活動性若しくは潜在性B型肝炎、活動性C型肝炎(スクリーニング前8週間以内の検査)、又はコントロール不良の感染症がある場合
  • 7. ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が陽性の場合
  • 8. グレード2~4の急性又は広汎性の慢性GVHD
  • 9. 活動性の中枢神経系(CNS)悪性疾患。NCCNガイドラインにおけるCNS-3と定義
  • 10. 妊娠中又は授乳中の女性。
    など
主要な評価項目
主要な評価方法
副次的な評価項目
副次的な評価方法
予定試験期間2018年8月1日~2020年3月31日

出典:医薬品情報データベースiyakuSearchより