頭頸部扁平上皮がんに対するデュルバルマブ単剤およびトレメリムマブとの併用に関する治験

治験名

再発性又は転移性頭頸部扁平上皮癌(SCCHN)患者を対象としたMEDI4736単剤療法及びMEDI4736とTremelimumab併用療法を標準療法と比較する多施設無作為化非盲検第3相国際共同試験

治験概要

この臨床試験は、再発性または転移性頭頸部扁平上皮がん(SCCHN)の患者さんを対象に、デュルバルマブ(イミフィンジ)単剤療法およびデュルバルマブ(イミフィンジ)とトレメリムマブ併用療法を標準療法の有効性と安全性を確認する多施設無作為化非盲検第3相国際共同試験です。

疾患解説頭頸部がん

頭頸部がんは、文字通り「頭部」と「頸部(首の部分)」、脳より下鎖骨より上にできたがんの総称です。主な種類は、咽頭がん、口腔がん、喉頭がん、鼻、副鼻腔がん、唾液腺がん、甲状腺がんなどがあります。咽頭は、さらに詳細に上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんに分類されます。脳腫瘍は、頭頸部がんには分類されません。
頭頸部がんのうち口腔がん、咽頭がんの罹患数は、2013年の国立がん研究センターのがん統計によると男性で約13200人、女性で約5800人、男女合計で約19000人、全部位の約2%程度です。死亡数も男性で約5000人、女性で約2000人、合計で約7000人と、部位別でみると比較的少ないですが、発生原因や治療法、予後が異なるのが特徴です。
頭頸部がんのほとんどは、扁平上皮という組織ががん化したものです。がんが発生した器官の違いによって症状はさまざまです。口腔がんである舌がんでは、舌がしみたり痛みがあるなどの症状があることもありますが、ほとんどの頭頸部がんでは初期には自覚症状がみられないこともあります。首のしこりやのどの違和感など、すこしでも気になる症状があれば検査を受けることが大切です。

治験薬デュルバルマブ

デュルバルマブは、抗PD-L1抗体という免疫チェックポイント阻害薬の1つです。

免疫チェックポイント阻害薬は、がんに対して、免疫細胞が本来の力を発揮できるようにする薬です。最終的には、免疫の力でがんを攻撃し、治療効果を発揮します。

がん細胞の表面に発現しているPD-L1とがん細胞を攻撃する免疫細胞(T細胞)に発現しているPD-1が結合すると、免疫細胞は、がん細胞を攻撃しなくなってしまいます。この仕組みを「免疫チェックポイント機構」といい、この仕組みが働かないように開発されたのが、免疫チェックポイント阻害薬です。

治験薬トレメリムマブ

トレメリムマブは、抗CTLA-4抗体という免疫チェックポイント阻害薬の1つです。

がん細胞を攻撃するT細胞の表面に発現するCTLA-4とT細胞を抑制するCD80/86が結合しないようにするのが抗CTLA-4抗体です。これにより、T細胞は活性化したままがん細胞に誘導されます。また、がん細胞は、過剰な免疫応答にブレーキをかける制御性T細胞を誘導し、攻撃を抑制します。制御性T細胞に発現しているCTLA-4と抗CTLA-4抗体が結合することで排除することで、免疫抑制を解除します。

抗PD-1抗体や抗PD-L1抗体との併用療法薬として効果が期待されています。

主な治験参加条件

対象となる人
  • 文書による同意が、本人または法定代理人から得られている患者さん
  • 組織学的または細胞学的に確定診断された再発性または転移性頭頸部扁平上皮がん(SCCHN)の患者さん
  • 再発性または転移性疾患に対する1種類のみの緩和的全身治療レジメン(プラチナ製剤を含まなければならない)による治療中または治療後に腫瘍の進行もしくは再発が認められた、または治癒を目的とした集学的治療の一環として投与されたプラチナ製剤の最終投与から6か月以内に進行が認められた患者さん
  • Ventana PD-L1 SP263 IHCアッセイにてPD-L1陽性または陰性が確定したSCCHN患者さん
  • 登録時に、少なくとも測定可能病変を1つ有しており、WHO/Eastern Cooperative Oncology Group(ECOG)のPerformance Status(PS)が0または1の患者さん
  • 内臓および骨髄の機能が適切である患者さん
  • 閉経前の女性患者さんの場合、閉経後状態の徴候があるか、尿検査または血清妊娠検査の結果が陰性である患者さん
  • 年齢:18歳以上の患者さん
  • 性別:男女
対象とならない人
  • 頭頸部の他の主要解剖部位において、扁平上皮がんが組織学的または細胞学的に確定された患者さん
  • 再発性または転移性疾患に対して複数の緩和的全身性レジメンにより治療を受けた患者さん
  • 化学療法、治験薬、生物製剤、またはホルモン製剤によるがん治療を受けている患者さん
  • 治療薬の初回投与前28日以内または半減期の5倍(これら2つのうち、より長い期間を適用)に治験段階のがん治療を受けた患者さん
  • 治療薬の初回投与前21日以内に、既承認(上市済み)のがん治療(化学療法、標的療法、生物製剤、モノクローナル抗体など)の最終投与を受けた患者さん
  • 治験薬の初回投与前28日以内に大手術(治験担当医師が判断)を受けた患者さん
  • 過去のがん治療が原因である米国国立がん研究所(NCI)有害事象共通用語規準(CTCAE)グレード2以上の毒性(脱毛症、白斑、リンパ球減少、および選択基準で規定した検査値を除く)が継続している患者さん
  • 割り付けられた治験薬の初回投与前14日以内における免疫抑制剤の投与を受けた患者さん
  • 同種臓器移植の既往のある患者さん
  • 現在活動性の自己免疫疾患または炎症性疾患に罹患している患者さん
  • コントロール不良の併発疾患を有する患者さん
  • 脳転移、脊髄圧迫、または軟髄膜がん腫症の既往のある患者さん
  • Fridericia 補正式を利用して3回の心電図(ECG)から算出した心拍数補正後の平均 QT 間隔(QTc)が470ms以上の患者さん
  • 活動性の原発性免疫不全の既往のある患者さん
  • 活動性の結核に罹患している患者さん
  • B型肝炎、C型肝炎、またはヒト免疫不全ウイルス(HIV)などの活動性の感染症のある患者さん
  • 治験薬の初回投与前30日以内に弱毒性生ワクチンの投与を受けた患者さん
  • 妊娠しているもしくは授乳中の女性患者さん
  • 治験薬または治験薬賦形剤に対するアレルギーまたは過敏反応を有する患者さん

パフォーマンスステータス(Performance Status:PS)

パフォーマンスステータス(Performance Status:PS)は、米国の腫瘍学の団体(ECOG)が決めた全身状態の指標で、患者さんの日常生活の制限の程度を示します。

PS 0全く問題なく活動できる 発病前と同じ日常生活が制限なく行える
PS 1肉体的に激しい活動は制限されるが、歩行可能で、軽作業や座っての作業は行うことができる 例:軽い家事、事務作業
PS 2歩行可能で自分の身の回りのことはすべて可能だが作業はできない 日中の50%以上はベッド外で過ごす
PS 3限られた自分の身の回りのことしかできない 日中の50%以上をベッドか椅子で過ごす
PS 4全く動けない 自分の身の回りのことは全くできない 完全にベッドか椅子で過ごす

出典:Common Toxicity Criteria Version2.0 Publish Date April 30, 1999 (JCOGホームページより引用)

治験情報に関する注意点

治験は、治療を兼ねた臨床試験のことです。薬の元となる物質を動物実験などで有効性や安全性を確認した上で、ヒトに対して使用しても同様に安全で治療効果が予測されるもので行われますが、治験の時点ではまだ有効性や安全性が十分に確認できているわけではありません。有効性や安全性が科学的に証明された治療が、標準治療で、新しい治療が必ずしも最良の治療ではないということを理解してください。その一方で標準治療が確立していない、または薬の耐性ができ、効果が期待できる薬がなくなった患者さんにとって治験は新しい治療選択となる可能性もあります。

治験は「ヘルシンキ宣言」に基づく倫理的原則と、日本国内では「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP) 」という厳しいルールに基づき、行われています。これにより、治験に参加される方の利益が損なわれることがないよう、安全な手続きで進められます。治験情報を探すとき、治験を受けたいと思ったときは、まず治験とはどのようなものなのかを正しく理解しましょう。

試験詳細

試験の名称再発性又は転移性頭頸部扁平上皮癌(SCCHN)患者を対象としたMEDI4736単剤療法及びMEDI4736とTremelimumab併用療法を標準療法と比較する多施設無作為化非盲検第3相国際共同試験
試験の概要MEDI4736単剤療法及びMEDI4736とTremelimumab併用療法を標準療法の有効性と安全性を確認する多施設無作為化非盲検第3相国際共同試験
疾患名再発性又は転移性頭頸部扁平上皮癌(SCCHN)
試験薬剤名MEDI4736、MEDI4736 + Tremelimumab
用法・用量MEDI4736 monotherapy、MEDI4736 + tremelimumab combination therapy
試験のフェーズフェーズ3(第3相臨床試験)
試験のデザイン無作為化、並行群間比較試験
目標症例数
適格基準
  • 進行/転移性のIIIB/IV期/再発のNSCLC
  • 先行するプラチナ製剤併用化学療法の施行中又は施行後に増悪している、若しくはプラチナ製剤を含む術後/術前補助化学療法の後6カ月以内に再発している
  • RECIST v1.1による測定可能病変がある
  • ECOG PS 0又は1
  • 年齢:18歳以上
  • 性別:両方
除外基準
  • 頭頸部の他の主要解剖部位において、扁平上皮癌が組織学的又は細胞学的に確定された患者
  • 再発性又は転移性疾患に対して複数の緩和的全身性レジメンにより治療を受けた患者
  • 化学療法、治験薬、生物製剤、又はホルモン製剤による癌治療を受けている患者
  • 治療薬の初回投与前28日以内又は半減期の5倍(これら2つのうち、より長い期間を適用)に治験段階の癌治療を受けた患者
  • 治療薬の初回投与前21日以内に、既承認(上市済み)の癌治療(化学療法、標的療法、生物製剤、モノクローナル抗体など)の最終投与を受けた患者
  • 治験薬の初回投与前28日以内に大手術(治験担当医師が判断)を受けた患者
  • 過去の癌治療が原因である米国国立がん研究所(NCI)有害事象共通用語規準(CTCAE)グレード2以上の毒性(脱毛症、白斑、リンパ球減少、及び選択基準で規定した検査値を除く)が継続している患者
主要な評価項目
主要な評価方法
副次的な評価項目
副次的な評価方法
予定試験期間

出典:医薬品情報データベースiyakuSearchより