ステージIII非小細胞肺がんに対するオシメルチニブの治験

治験名

LAURA

白金製剤を含む根治的化学放射線療法後に病勢進行が認められていない局所進行切除不能EGFR変異陽性非小細胞肺がん(ステージIII)患者を対象とした、維持療法としてのオシメルチニブの第III相無作為化二重盲検プラセボ対照国際多施設共同試験

治験概要:

ステージIIIのEGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺がんを対象とした治験。白金製剤を含む根治的化学放射線療法後に病勢進行が認められていない、局所進行で切除不能な患者さんに対するものです。
オシメルチニブ80㎎または40㎎を投与するグループとオシメルチニブ80㎎または経口投与用のプラセボ40㎎投与グループで比較して、維持療法としての有効性と安全性を評価する第3相試験です。
試験デザインは、無作為化、並行群間、二重。
フェーズは、第3相臨床試験。
比較する対象は
対象群1:オシメルチニブ80mgまたは40mg
対象群2:オシメルチニブ80㎎または40mg経口投与用プラセボ
で維持療法としての有効性と安全性を評価します。

疾患解説:非小細胞肺がん

国立がん研究センターのがん統計によると2014年に肺がんに罹患した人は、約11万5000人です。男性は、50代くらいから増加し始め、70歳前後をピークに、その後は減少します。女性は、80代前半までは同様ですが、80代後半に再び増加します。
肺がんは、気管支や肺胞の細胞ががん化した悪性腫瘍で、非小細胞肺がんと小細胞肺がんの2つの組織型に分けられます。非小細胞肺がんは、さらに扁平上皮がん、腺がん、大細胞がんの3つに分類されます。このうち腺がんが肺がん全体の60%を占め、次いで扁平上皮がん、大細胞がんと小細胞肺がんの割合な少なくなります。
特に非小細胞肺がんでは特定の遺伝子変異にあわせた治療薬ができたことで、治療法も異なるため、組織型や遺伝子変異を見極めることが必要になっています。

治験薬:オシメルチニブ

オシメルチニブは、上皮成長因子受容体(EGFR)をターゲットとした分子標的薬です。上皮成長因子(EGF)は、細胞の増殖や成長にかかわる物質で、細胞膜上に発現しているEGFRと結合することで細胞の分化や増殖などが起こります。EGFRの遺伝子に変異があると正常な分化や増殖がおこなわれず、がん化するといわれています。
オシメルチニブは、このEGFRを不可逆的に阻害します。同様にEGFRを阻害する分子標的薬には、ゲフィチニブ、エルロチニブ、アファチニブがあます。このうちゲフィチニブ、エルロチニブは第1世代、アファチニブは第2世代のEGFR阻害薬です。第1世代、第2世代のEFGR阻害薬では、T790Mという耐性が起こり、薬の効果が減衰します。
オシメルチニブは、EGFR遺伝子変異とともにこのT790耐性変異も阻害するように設計されており、中枢神経系への転移に対する活性もあります。

主な治験参加条件

対象となる人
  • 局所進行切除不能のステージIIIの非小細胞肺がんで、主として非扁平上皮型が組織学的に確認された患者
  • EGFR変異(Ex19Del、L858R)の一方のみまたはその他のEGFR変異がともにある腫瘍と評価された患者
  • 少なくとも2サイクル以上の白金製剤および総線量60Gy+-10%(54~66Gy)の放射線療法を含む同時化学放射線療法または逐次化学放射線療法を受けた患者
  • 化学放射線療法を6週間以内に完了している
  • 白金製剤を含む根治的化学放射線療法の実施中または実施後に病勢進行が認められていない
  • 全身状態(performance status:PS)が0~1
  • Day 1における余命が12週間超と予測されること
  • 患者自身が選択した望ましい通常の生活習慣に従い、禁欲せず、適切な避妊法を行い、授乳中ではなく、治験薬の初回投与前の妊娠検査結果が陰性である女性患者。または、妊娠不可能と判断できる女性患者
  • 年齢:18歳以上(日本では20歳以上)
  • 性別:両方
対象とならない人
  • 小細胞肺がんと非小細胞肺がんとの混合組織型
  • 化学放射線療法前における間質性肺炎の既往歴
  • 化学放射線療法後の症候性肺臓炎
  • 前化学放射線療法に起因するグレード2超の未回復の毒性
  • 以下のいずれかの心臓関連の基準に該当する患者
     3回測定した安静時心電図でのQTc※1の平均値が470msecを超える
     安静時心電図の心拍リズム、伝導、波形に臨床的に重要な異常が認められる
     QTc延長または不整脈誘発のリスクを高める因子がある者。例えば、心不全、低カリウム血症、先天性QT延長症候群が認められる患者、一親等の近親者内でQT延長症候群の家族歴がある患者または40歳未満での原因不明の突然死の家族歴がある者、QT間隔を延長させ、トルサードドポアントを誘発することが知られている併用薬を使用している
  • 骨髄機能および臓器機能が不十分な者
  • 悪性腫瘍の既往歴がある。ただし、次の場合を除く
    適切な治療を受けた非黒色腫皮膚がんまたは悪性黒子、根治治療を受けた上皮内がん、根治治療を受けその後5年を超えて当該疾患が認められず、治療医師の判断で悪性腫瘍再発の実質的なリスクはないと判断されたその他の固形がん
  • 重度または管理が困難な全身性疾患がある患者
    例えば、管理困難な高血圧および活動性出血性素因、もしくはB型肝炎、C型肝炎、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を含む活動性感染症
  • 難治性の悪心および嘔吐、慢性の胃腸疾患、製剤の嚥下困難、またはオシメルチニブの十分な吸収を不可能にする重大な腸切除歴のある患者
  • ステージIII疾患の根治目的以外で非小細胞肺がんに対して化学療法、放射線療法、免疫療法、または治験薬による前治療を受けた者(ステージIII疾患の治療を目的としたSCRTおよびCCRTレジメンにおける化学療法および放射線療法は許容)
  • EGFR-TKIによる前治療を受けた患者
  • 本治験の治験薬初回投与4週間以内に、治験責任医師等が定義する大手術を受けた者
  • シトクロムP450(CYP)3A4に対する強力な誘導作用が知られている薬剤またはハーブ系サプリメントを併用中の患者(かつ治験薬の初回投与前に使用中止が不可能な者)。少なくとも治験薬の初回投与3週間前からの使用を目安とする
  • MRIに対する禁忌がある者。例えば、閉所恐怖症、ペースメーカー、金属インプラント、頭蓋内外科用クリップ、および金属製の異物などであるが、これらに限定されない

※QT:心電図でQ波からT波までの間の時間のことです。この時間が長い場合、QT延長症候群と診断され、突然脈が乱れて立ち眩みや意識を失う発作が起こることがあります。

治験情報に関する注意点

治験は、治療を兼ねた臨床試験のことです。薬の元となる物質を動物実験などで有効性や安全性を確認した上で、ヒトに対して使用しても同様に安全で治療効果が予測されるもので行われますが、治験の時点ではまだ有効性や安全性が十分に確認できているわけではありません。有効性や安全性が科学的に証明された治療が、標準治療で、新しい治療が必ずしも最良の治療ではないということを理解してください。その一方で標準治療が確立していない、または薬の耐性ができ、効果が期待できる薬がなくなった患者さんにとって治験は新しい治療選択となる可能性もあります。

治験は「ヘルシンキ宣言」に基づく倫理的原則と、「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)」を遵守して行われています。治験実施にあたり、日本では「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)」という厳しいルールが定められています。これにより、治験に参加される方の利益が損なわれることがないよう、安全な手続きで治験は進められます。

治験情報を探すとき、治験を受けたいと思ったときは、まず治験とはどのようなものなのかを理解してください。
がんの治験情報をお探しの方に知ってほしい5つのこと

※多くの情報は、出典であるJAPIC-CTIUMIN-CTRに情報がある場合はそこから、転載しています。
※ここに掲載した情報は、JAPIC-CTIUMIN-CTRに登録された情報を元にし、一般の人でもわかりやすく解説しています。そのため、すべて情報を網羅しているものでも、情報に誤りがある場合もあります。

試験概要詳細

試験の名称白金製剤を含む根治的化学放射線療法後に病勢進行が認められていない局所進行切除不能EGFR変異陽性非小細胞肺癌(ステージIII)患者を対象とした、維持療法としてのオシメルチニブの第III相無作為化二重盲検プラセボ対照国際多施設共同試験
試験の概要化学放射線療法後のステージIII切除不能上皮成長因子受容体遺伝子変異陽性非小細胞肺癌患者を対象としたオシメルチニブの有効性及び安全性を評価する国際共同試験
疾患名非小細胞肺癌(ステージIII)
試験薬剤名オシメルチニブ80mg又は40mg
用法・用量80mg又は40mgを1日1回経口投与
試験薬剤名オシメルチニブ80mg又は40mg経口投与用プラセボ
用法・用量80mg又は40mgを1日1回経口投与
試験のフェーズフェーズ3(第3相臨床試験)
試験のデザイン無作為化、並行群間、二重
目標症例数
適格基準
  • 局所進行切除不能(ステージIII)疾患を有し、主として非扁平上皮型のNSCLC が組織学的に確認された患者(IASLCのStaging Manual in Thoracic Oncology 第8版に基づく)
  • EGFR-TKI感受性との関連が知られている一般的な2つのEGFR変異(Ex19Del、L858R)の一方のみ又はその他のEGFR変異をともに有する腫瘍と評価された者。ただし、評価は、コバスEGFR 変異検出キットv2.0(ロシュ・ダイアグノスティックス)を用いた、CLIA認証を受けた検査施設(米国国内の実施医療機関)若しくは各国の公認検査施設(米国国外の実施医療機関)、又は中央検査機関での検査結果に基づくものとする
  • 少なくとも2サイクル以上の白金製剤及び総線量60Gy+-10%(54~66Gy)の放射線療法を含む同時化学放射線療法又は逐次化学放射線療法を受けた患者
  • 化学放射線療法は無作為割付け前6週間以内に完了していなければならない
  • 患者は、白金製剤を含む根治的化学放射線療法の実施中又は実施後に病勢進行が認められてはならない
  • 世界保健機関(WHO)performance statusが0~1であること
  • Day 1における余命が12週間超と予測されること
  • (患者自身が選択した望ましい通常の生活習慣に従い)禁欲せず、適切な避妊法を行い、授乳中ではなく、治験薬の初回投与前の妊娠検査結果が陰性である女性患者。又は、妊娠不可能と判断できる女性患者
  • 日本では20歳以上
  • 年齢:18歳以上
  • 性別:両方
除外基準
  • 小細胞肺癌とNSCLCとの混合組織型
  • 化学放射線療法前におけるILDの既往歴
  • 化学放射線療法後の症候性肺臓炎
  • 前化学放射線療法に起因するCTCAEグレード2超の未回復の毒性
    以下のいずれかの心臓関連の基準に該当する患者
     3回測定した安静時心電図でのQTcの平均値が470msecを超える
     安静時心電図の心拍リズム、伝導、波形に臨床的に重要な異常が認められる
     QTc延長又は不整脈誘発のリスクを高める因子を有する者。例えば、心不全、低カリウム血症、先天性QT延長症候群が認められる患者、一親等の近親者内でQT延長症候群の家族歴を有する者又は40歳未満での原因不明の突然死の家族歴を有する者、QT間隔を延長させ、トルサードドポアント(TdP)を誘発することが知られている併用薬を使用している
  • 骨髄機能及び臓器機能が不十分な者
  • 悪性腫瘍の既往歴のある者。ただし、次の場合を除く:適切な治療を受けた非黒色腫皮膚癌又は悪性黒子、根治治療を受けた上皮内癌、根治治療を受けその後5年を超えて当該疾患が認められず、治療医師の判断で悪性腫瘍再発の実質的なリスクはないと判断されたその他の固形癌 重度又は管理が困難な全身性疾患を有する患者。例えば、管理困難な高血圧及び活動性出血性素因、若しくはB型肝炎、C型肝炎、及びヒト免疫不全ウイルス(HIV)を含む活動性感染症
  • 難治性の悪心及び嘔吐、慢性の胃腸疾患、製剤の嚥下困難、又はオシメルチニブの十分な吸収を不可能にする重大な腸切除歴のある患者
  • ステージIII疾患の根治目的以外でNSCLCに対して化学療法、放射線療法、免疫療法、又は治験薬による前治療を受けた者(ステージIII疾患の治療を目的としたSCRT及びCCRTレジメンにおける化学療法及び放射線療法は許容)
  • EGFR-TKIによる前治療を受けた患者
  • 本治験の治験薬初回投与4週間以内に、治験責任医師等が定義する大手術を受けた者
  • シトクロムP450(CYP)3A4に対する強力な誘導作用が知られている薬剤又はハーブ系サプリメントを併用中の患者(かつ治験薬の初回投与前に使用中止が不可能な者)。少なくとも治験薬の初回投与3週間前からの使用を目安とする
  • MRIに対する禁忌を有する者。例えば、閉所恐怖症、ペースメーカー、金属インプラント、頭蓋内外科用クリップ、及び金属製の異物等であるが、これらに限定されない
主要な評価項目
主要な評価方法
副次的な評価項目
副次的な評価方法
予定試験期間

出典:医薬品情報データベースiyakuSearchより