ALK陽性進行非小細胞肺がんに対するロルラチニブの治験

治験名

ALK陽性進行非小細胞肺癌患者を対象に、1次治療としてロルラチニブ単剤療法とクリゾチニブ単剤療法を比較する第3相、無作為化、非盲検試験

治験概要:

未治療のALK陽性の進行非小細胞肺がんに対する治験です。
ロルラチニブ単剤療法とクリゾチニブ単剤療法を比較して無増悪生存期間の延長効果で評価し、また、各治療群間で全生存率を比較する第3相試験です。
登録予定数:280。
試験デザインは、無作為化、平衡群間比較、非盲検。
フェーズは、第3相臨床試験。
比較する対象は
対象群1:ロルラチニブ
対象群2:クリゾチニブ
で主要評価項目として無増悪生存期間、副次的評価項目として全生存期間、奏効、奏功期間ほかで評価します。

疾患解説:非小細胞肺がん

国立がん研究センターのがん統計によると2014年に肺がんに罹患した人は、約11万5000人です。男性は、50代くらいから増加し始め、70歳前後をピークに、その後は減少します。女性は、80代前半までは同様ですが、80代後半に再び増加します。 肺がんは、気管支や肺胞の細胞ががん化した悪性腫瘍で、非小細胞肺がんと小細胞肺がんの2つの組織型に分けられます。非小細胞肺がんは、さらに扁平上皮がん、腺がん、大細胞がんの3つに分類されます。このうち腺がんが肺がん全体の60%を占め、次いで扁平上皮がん、大細胞がんと小細胞肺がんの割合な少なくなります。 特に非小細胞肺がんでは特定の遺伝子変異にあわせた治療薬ができたことで、治療法も異なるため、組織型や遺伝子変異を見極めることが必要になっています。

治験薬:ロルラチニブ

ロルラチニブは、ALK融合遺伝子を選択的に阻害する分子標的薬です。ALK融合遺伝子は、非小細胞肺がんの約5%の患者さんにみられます。ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんで、ALK阻害薬に対して抵抗性や不耐容がある患者さんに対して承認された第3世代のALK阻害薬です。
ALK融合遺伝子は、ALK遺伝子とほかの遺伝子が融合してできる特殊な遺伝子で、ALK融合たんぱくをつくります。このたんぱく質の作用により、がん細胞を刺激することでがんの増殖、生存、血管新生が起こります。クリゾチニブは、ALK活性を抑制することで、がんの増殖や生存、血管新生を抑制します。

治験薬:クリゾチニブ

クリゾチニブは、ALK融合遺伝子を選択的に阻害する分子標的薬です。ALK融合遺伝子は、非小細胞肺がんの約5%の患者さんにみられます。ALK融合遺伝子は、ALK遺伝子とほかの遺伝子が融合してできる特殊な遺伝子で、ALK融合たんぱくをつくります。このたんぱく質の作用により、がん細胞を刺激することでがんの増殖、生存、血管新生が起こります。クリゾチニブは、ALK活性を抑制することで、がんの増殖や生存、血管新生を抑制します。

主な治験参加条件

対象となる人
  • 局所進行または転移性のALK陽性非小細胞肺がん患者
  • 頭蓋外の測定可能標的病変が1つ以上あり、放射線療法が実施されていない患者
  • 中枢神経系に転移がある場合は、無症候性であり、現在コルチコステロイドの治療を必要としない患者
  • ホルマリン固定パラフィン包埋保存用腫瘍組織がある患者
  • 非小細胞肺がんに対する全身治療歴がない患者
  • 全身状態(Performance Status:PS)が0、1または2の患者
  • 適切な骨髄機能、膵機能、腎機能、肝機能がある患者
  • 妊娠検査が陰性である患者(妊娠が可能な女性患者の場合)
  • 年齢:18歳以上(日本では20歳以上)の患者
  • 性別:両方
対象とならない人
  • 脊髄圧迫(治療によって疼痛コントロールが良好な場合を除く)
  • 4週間以内に大手術を受けた患者
  • 2週間以内に放射線療法(脳転移に対する定位または部分照射を含む)を受けた患者および4週間以内に全脳照射を受けた患者
  • 活動性で臨床上問題となる細菌感染、真菌感染またはウイルス感染がある患者
  • 現在または治験登録前3か月以内に、臨床上問題となる心血管疾患がある患者、および活動性の不整脈、コントロール不良の心房細動、徐脈、先天性QT※1延長症候群の患者
  • 1か月以内に急性膵炎の素因となるような特徴がある患者
  • 広範囲に及ぶ播種性/両側性の間質性線維症または間質性肺炎の既往歴、あるいはグレード3または4の間質性線維症または間質性肺炎の合併症が認められる患者
  • 3年以内に、他の悪性腫瘍[非小細胞肺がん、悪性黒色腫以外の皮膚がん、子宮頚部上皮内がん、乳頭様甲状腺がん、乳腺上皮内小葉がん/腺管上皮内がんまたは局所性前立腺がんを除く]が認められた患者
  • クリゾチニブまたはロルラチニブの初回投与前12日以内に、以下の食品または薬物を併用する患者
    a.既知のCYP3Aの強い阻害薬
    b.既知のCYP3Aの強い誘導薬
    c.既知の治療域の狭いP-gp基質
  • クリゾチニブまたはロルラチニブの初回投与前12日以内に、治療域の狭いCYP3A基質を併用する患者
  • その他の急性または慢性の医学的あるいは精神的状態(直近1年以内あるいは現時点での自殺念慮あるいは自殺行動を含む)や臨床検査値異常があり、治験参加や治験薬投与により危険性が増す可能性や治験結果の解釈に影響を及ぼす可能性がある患者、あるいは治験責任医師が本治験への参加を不適切と判断した患者
  • 本治験の実施に直接関わっている治験実施医療機関のスタッフおよびその親類縁者、治験責任医師から指示を受けている治験実施医療機関のスタッフ、あるいは本治験の実施に直接関わっているファイザー社員およびその親類縁者
  • 治験参加前2週間以内および治験中に、治験薬の投与を伴う他の試験に参加する患者

※QT:心電図でQ波からT波までの間の時間のことです。この時間が長い場合、QT延長症候群と診断され、突然脈が乱れて立ち眩みや意識を失う発作が起こることがあります。

パフォーマンスステータス(Performance Status:PS)

パフォーマンスステータス(Performance Status:PS)は、米国の腫瘍学の団体(ECOG)が決めた全身状態の指標で、患者さんの日常生活の制限の程度を示します。

PS 0全く問題なく活動できる 発病前と同じ日常生活が制限なく行える
PS 1肉体的に激しい活動は制限されるが、歩行可能で、軽作業や座っての作業は行うことができる 例:軽い家事、事務作業
PS 2歩行可能で自分の身の回りのことはすべて可能だが作業はできない 日中の50%以上はベッド外で過ごす
PS 3限られた自分の身の回りのことしかできない 日中の50%以上をベッドか椅子で過ごす
PS 4全く動けない 自分の身の回りのことは全くできない 完全にベッドか椅子で過ごす

出典:Common Toxicity Criteria Version2.0 Publish Date April 30, 1999 (JCOGホームページより引用)

治験情報に関する注意点

治験は、治療を兼ねた臨床試験のことです。薬の元となる物質を動物実験などで有効性や安全性を確認した上で、ヒトに対して使用しても同様に安全で治療効果が予測されるもので行われますが、治験の時点ではまだ有効性や安全性が十分に確認できているわけではありません。有効性や安全性が科学的に証明された治療が、標準治療で、新しい治療が必ずしも最良の治療ではないということを理解してください。その一方で標準治療が確立していない、または薬の耐性ができ、効果が期待できる薬がなくなった患者さんにとって治験は新しい治療選択となる可能性もあります。

治験は「ヘルシンキ宣言」に基づく倫理的原則と、「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)」を遵守して行われています。治験実施にあたり、日本では「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)」という厳しいルールが定められています。これにより、治験に参加される方の利益が損なわれることがないよう、安全な手続きで治験は進められます。

治験情報を探すとき、治験を受けたいと思ったときは、まず治験とはどのようなものなのかを理解してください。
がんの治験情報をお探しの方に知ってほしい5つのこと

※多くの情報は、出典であるJAPIC-CTIUMIN-CTRに情報がある場合はそこから、転載しています。
※ここに掲載した情報は、JAPIC-CTIUMIN-CTRに登録された情報を元にし、一般の人でもわかりやすく解説しています。そのため、すべて情報を網羅しているものでも、情報に誤りがある場合もあります。

試験概要詳細

試験の名称 ALK陽性進行非小細胞肺癌患者を対象に、1次治療としてロルラチニブ単剤療法とクリゾチニブ単剤療法を比較する第3相、無作為化、非盲検試験
試験の概要未治療のALK陽性進行非小細胞肺がん患者を対象として、クリゾチニブ単剤療法に対するロルラチニブ単剤療法の無増悪生存期間延長効果における優越性を検証する、また、各治療群間で全生存期間を比較する第3相試験
疾患名非小細胞肺癌
試験薬剤名ロルラチニブ
用法・用量単剤療法、100mgQD(25mg錠剤×4錠を1日1回)を継続して経口投与する
試験薬剤名クリゾチニブ
用法・用量単剤療法、250mgBID(250mgカプセル×1カプセルを1日2回)を継続して経口投与する
試験のフェーズフェーズ3(第3相臨床試験)
試験のデザイン無作為化、平衡群間比較、非盲検
目標症例数280
適格基準
  • 局所進行または転移性のALK陽性NSCLCであると組織学的または細胞学的に診断された患者;頭蓋外の測定可能標的病変を1つ以上有し、当該病変に放射線療法が実施されていない患者。CNS転移を有する場合は、無症候性であり、現在コルチコステロイドの治療を必要としない患者
  • ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)保存用腫瘍組織を有する患者
  • NSCLCに対する全身治療歴がない患者
  • Eastern Cooperative Oncology Group(ECOG)のパフォーマンスステータスが0、1または2の患者
  • 18歳以上(日本では20歳以上)の患者
  • 適切な骨髄機能、膵機能、腎機能、肝機能を有する患者
  • 妊娠検査が陰性である患者(妊娠が可能な女性患者の場合)
  • 年齢:20歳以上
  • 性別:両方
除外基準
  • 脊髄圧迫(治療によって疼痛コントロールが良好な場合を除く)
  • 無作為化前4週間以内に大手術を受けた患者
  • 無作為化前2週間以内に放射線療法(脳転移に対する定位または部分照射を含む)を受けた患者および無作為化前4週間以内に全脳照射を受けた患者
  • 活動性で臨床上問題となる細菌感染、真菌感染またはウイルス感染を有する患者
  • 現在または治験登録前3ヵ月以内に、臨床上問題となる心血管疾患を有する患者、および活動性の不整脈、コントロール不良の心房細動、徐脈、先天性QT延長症候群の患者
  • 無作為化前1ヵ月以内に急性膵炎の素因となるような特徴を有している患者
  • 広範囲に及ぶ播種性/両側性の間質性線維症またはILDの既往歴、あるいはグレード3または4の間質性線維症またはILDの合併症が認められる患者
  • 無作為化前3年以内に、他の悪性腫瘍[NSCLC、悪性黒色腫以外の皮膚癌、子宮頚部上皮内癌、乳頭様甲状腺癌、乳腺上皮内小葉癌(LCIS)/腺管上皮内癌(DCIS)または局所性前立腺癌を除く]が認められた患者
  • クリゾチニブまたはlorlatinibの初回投与前12日以内に、以下の食品または薬物を併用する患者
    a.既知のCYP3Aの強い阻害薬
    b.既知のCYP3Aの強い誘導薬
    c.既知の治療域の狭いP-gp基質
  • クリゾチニブまたはlorlatinibの初回投与前12日以内に、治療域の狭いCYP3A基質を併用する患者
  • その他の急性または慢性の医学的あるいは精神的状態(直近1年以内あるいは現時点での自殺念慮あるいは自殺行動を含む)や臨床検査値異常があり、治験参加や治験薬投与により危険性が増す可能性や治験結果の解釈に影響を及ぼす可能性がある患者、あるいは治験責任医師が本治験への参加を不適切と判断した患者
  • 本治験の実施に直接関わっている治験実施医療機関のスタッフおよびその親類縁者、治験責任医師から指示を受けている治験実施医療機関のスタッフ、あるいは本治験の実施に直接関わっているファイザー社員およびその親類縁者
  • 治験参加前2週間以内および治験中に、治験薬の投与を伴う他の試験に参加する患者
主要な評価項目盲検下での独立中央判定(BICR)の評価によるPFS(RECIST v.1.1)
主要な評価方法
副次的な評価項目・OS
・治験責任医師の評価によるPFS
・BICRおよび治験責任医師の評価による客観的奏効(OR)
・BICRの評価による頭蓋内病変のOR(IC-OR)
・BICRの評価による頭蓋内病変の無増悪期間(IC-TTP)
・BICRの評価による頭蓋内病変の奏効期間(DR)
・BICRの評価による奏効までの期間(TTR)
・BICRの評価による臨床的有用性(CBR)
・PFS2
・有害事象(NCI CTCAE v.4.03によりグレード判定)、臨床検査値異常(NCI CTCAE v.4.03によりグレード判定)、バイタルサイン(血圧、脈拍数)、体重、心電図、心エコーまたはマルチゲート収集法(MUGA)スキャン、眼科検査データ
・EORTC QLC-C30、EORTC QLQ-LC13、EQ-5D-5Lで評価するPRO
・腫瘍組織中のバイオマーカー
・末梢血中のcfDNA(血中循環DNA)バイオマーカー
副次的な評価方法
予定試験期間2017年3月~2023年12月

出典:医薬品情報データベースiyakuSearchより