転移性非小細胞肺がんに対するラムシルマブの治験

治験名

治療歴のないEGFR遺伝子変異を有する転移性非小細胞肺がん患者を対象としてエルロチニブとラムシルマブの併用療法とエルロチニブとプラセボの併用療法とを比較する多施設共同無作為化二重盲検試験

治験概要:

EGFR遺伝子変異がある非小細胞肺がんを対象とした治験で、治療歴のない患者さんが対象です。
ラムシルマブとエルロチニブ併用療法とエルロチニブとプラセボの併用療法を比較して有効性を評価する第3相試験です。
試験デザインは、多施設共同無作為化二重盲検試験。
フェーズは、第3相臨床試験。
比較する対象は
対象群1:ラムシルマブ+エルロチニブ
対象群2:ラムシルマブ+プラセボ
で比較して有効性を評価します。

疾患解説:転移性非小細胞肺がん

国立がん研究センターのがん統計によると2014年に肺がんに罹患した人は、約11万5000人です。男性は、50代くらいから増加し始め、70歳前後をピークに、その後は減少します。女性は、80代前半までは同様ですが、80代後半に再び増加します。
肺がんは、気管支や肺胞の細胞ががん化した悪性腫瘍で、非小細胞肺がんと小細胞肺がんの2つの組織型に分けられます。非小細胞肺がんは、さらに扁平上皮がん、腺がん、大細胞がんの3つに分類されます。このうち腺がんが肺がん全体の60%を占め、次いで扁平上皮がん、大細胞がんと小細胞肺がんの割合な少なくなります。
特に非小細胞肺がんでは特定の遺伝子変異にあわせた治療薬ができたことで、治療法も異なるため、組織型や遺伝子変異を見極めることが必要になっています。

治験薬:ラムシルマブ

ラムシルマブは、血管内細胞増殖因子(VEGF)のVEGF-A、VEGF-C、VEGF-Dとその受容体(VEGFR)のVEGFR-2の結合を阻害する血管新生阻害薬です。
がん細胞は、VEGFによって血管内皮細胞の増殖を刺激することで、新しい血管をがん細胞までのばし、栄養や酸素を取り入れます。また、この血管は、がん細胞の血行転移の経路にもなると考えられています。
ラムシルマブは、血管新生を阻害することでがん細胞が栄養や酸素を取り込めないように兵糧攻めにして、増殖を抑制します。

治験薬:エルロチニブ

エルロチニブは、上皮成長因子受容体(EGFR)チロシキナーゼ(TKI)を標的とした分子標的薬です。
細胞の表面に発現しているEGFRと上皮成長因子(EGF)が結合することで、チロシンキナーゼという酵素が活性化しシグナルが伝達され細胞が増殖します。
EGFRに変異が起こり常に活性化していると無秩序な細胞の増殖が起きます。
エルロチニブは、EGFR-TKIを選択的に阻害することで、がん細胞の増殖を抑え抗腫瘍効果を発揮します。
EGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺がんに対するEGFR-TKIは、現在4剤あります。ゲフィチニブ、エルロチニブは第1世代、アファチニブは第2世代、オシメルチニブは第3世代のEGFR-TKIです。

主な治験参加条件

対象となる人
  • EGFR遺伝子変異(exon 19の欠失変異またはexon 21のL858R変異)が認められる患者
  • エルロチニブまたはゲフィチニブによる一次治療に適格な転移性非小細胞肺がん患者
  • 全身状態(performance status:PS)が1以下の患者
  • 年齢:20歳以上
  • 性別:両方
対象とならない人
  • T790M変異が判明している患者
  • 脳転移が認められる患者
  • 眼科的異常が認められる患者
  • 活動性の間質性肺疾患が認められる患者
  • 病期を問わない疾患に対する過去のTKI療法など、進行性または転移性非小細胞肺がんに対する全身化学療法を過去に受けたことがある患者

パフォーマンスステータス(Performance Status:PS)

パフォーマンスステータス(Performance Status:PS)は、米国の腫瘍学の団体(ECOG)が決めた全身状態の指標で、患者さんの日常生活の制限の程度を示します。

PS 0全く問題なく活動できる 発病前と同じ日常生活が制限なく行える
PS 1肉体的に激しい活動は制限されるが、歩行可能で、軽作業や座っての作業は行うことができる 例:軽い家事、事務作業
PS 2歩行可能で自分の身の回りのことはすべて可能だが作業はできない 日中の50%以上はベッド外で過ごす
PS 3限られた自分の身の回りのことしかできない 日中の50%以上をベッドか椅子で過ごす
PS 4全く動けない 自分の身の回りのことは全くできない 完全にベッドか椅子で過ごす

出典:Common Toxicity Criteria Version2.0 Publish Date April 30, 1999 (JCOGホームページより引用)

治験情報に関する注意点

治験は、治療を兼ねた臨床試験のことです。薬の元となる物質を動物実験などで有効性や安全性を確認した上で、ヒトに対して使用しても同様に安全で治療効果が予測されるもので行われますが、治験の時点ではまだ有効性や安全性が十分に確認できているわけではありません。有効性や安全性が科学的に証明された治療が、標準治療で、新しい治療が必ずしも最良の治療ではないということを理解してください。その一方で標準治療が確立していない、または薬の耐性ができ、効果が期待できる薬がなくなった患者さんにとって治験は新しい治療選択となる可能性もあります。

治験は「ヘルシンキ宣言」に基づく倫理的原則と、「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)」を遵守して行われています。治験実施にあたり、日本では「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)」という厳しいルールが定められています。これにより、治験に参加される方の利益が損なわれることがないよう、安全な手続きで治験は進められます。

治験情報を探すとき、治験を受けたいと思ったときは、まず治験とはどのようなものなのかを理解してください。
がんの治験情報をお探しの方に知ってほしい5つのこと

※多くの情報は、出典であるJAPIC-CTIUMIN-CTRに情報がある場合はそこから、転載しています。
※ここに掲載した情報は、JAPIC-CTIUMIN-CTRに登録された情報を元にし、一般の人でもわかりやすく解説しています。そのため、すべて情報を網羅しているものでも、情報に誤りがある場合もあります。

試験概要詳細

試験の名称治療歴のないEGFR遺伝子変異を有する転移性非小細胞肺癌患者を対象としてエルロチニブとラムシルマブの併用療法とエルロチニブとプラセボの併用療法とを比較する多施設共同無作為化二重盲検試験
試験の概要東アジア、欧州及び北米において実施し、治療歴のないEGFR遺伝子変異を有するNSCLC患者を対象として、ラムシルマブとEGFR-TKI(エルロチニブ)の併用療法が、プラセボとEGFR-TKI(エルロチニブ)の併用療法に比べて有効性のアウトカムが改善するかどうかを判定する
疾患名転移性非小細胞肺癌
試験薬剤名ラムシルマブ
用法・用量2週ごとに10 mg/kg
試験薬剤名エルロチニブ
用法・用量1日1回 150mg
対照薬剤名プラセボ
用法・用量2週ごとに10 mg/kg
試験のフェーズフェーズ3(第3相臨床試験)
試験のデザイン多施設共同無作為化二重盲検試験
目標症例数
適格基準
  • EGFRのexon 19の欠失変異又はexon 21のL858R変異が認められる腫瘍の所見が過去に確認された、エルロチニブ(Part A及びPart B)又はゲフィチニブ(Part C)による一次治療に適格な転移性NSCLC患者
  • Eastern Cooperative Oncology Group(ECOG)のperformance status(PS)が1以下の患者
  • 年齢:20歳以上
  • 性別:両方
除外基準
  • T790M変異が判明している患者
  • 脳転移が認められる患者
  • 眼科的異常が認められる患者
  • 活動性の間質性肺疾患の所見が認められる患者
  • 病期を問わない疾患に対する過去のTKI療法など、進行性又は転移性NSCLCに対する全身化学療法を過去に受けたことがある患者
主要な評価項目
主要な評価方法
副次的な評価項目
副次的な評価方法
予定試験期間

出典:医薬品情報データベースiyakuSearchより