腎細胞がんに対するアテゾリズマブの治験

治験名

未治療の進行腎細胞癌患者を対象としたATEZOLIZUMAB(抗PD-L1抗体)とベバシズマブの併用をスニチニブと比較する第III相非盲検ランダム化試験

治験概要

過去に補助療法または転移後の治療として、全身療法を受けたことがない手術不能、局所進行または転移性腎細胞がん患者さんを対象に、抗PD-L1抗体のATEZOLIZUMAB(アテゾリズマブ)とベバシズマブの安全性、有効性をスニチニブと比較して評価する非盲検ランダム化試験です。

疾患解説腎細胞がん

腎臓がんは、腎臓の腎実質と呼ばれる細胞ががん化した悪性腫瘍です。腎癌研究会の2002年の調査によると、人口10万人に対して男性8.2人、女性3.7人と男性に多く、年々増加傾向です。50歳代から増え始め、70歳代まで高齢になるほど罹患数は多くなります。

腎臓がんの発生原因は、喫煙と肥満といわれており、腎臓がんの予防では、禁煙と肥満にならないようなバランスのいい食事や運動が効果的だとの日本人を対象とした研究報告もあります。

腎臓がんは、あまり自覚症状がなく、約70%の人が症状のない段階で発見されています。自覚症状として多く見られるのが、血尿、背中や腰の痛み、腹部のしこり、足のむくみ、食欲不振、体重減少、吐き気、便秘、腹痛などさまざまです。

腎臓がんは、がんの組織の違いでいくつかのタイプがあり、混在していることもあります。最も多くみられる組織型は「淡明細胞型腎細胞がん」で、全体の約70~85%を占めます。そのほかに、多房嚢胞性腎細胞がん、乳頭状腎細胞がん、嫌色素性腎細胞がん、紡錘細胞がん、集合管がんなどがあります。 腎臓がんの組織型は、治療選択の判断材料の1つで、組織型の違いによって病気の進行や予後が異なります。 淡明細胞型腎細胞がんは、乳頭状腎細胞がんや嫌色素性腎細胞がんに比べて有意に予後不良といわれています。淡明細胞型腎細胞がんの腫瘍内で広範な壊死がある場合は有意に予後不良であるという報告もあります。

腎臓がん進行度

T1a腎細胞がんの直径が4cm以下で腎臓にとどまる
T1b腎細胞がんの直径が4cmを超え、7cm以下で腎臓にとどまる
T2a腎細胞がんの直径が7cmを超え、10cm以下で腎臓にとどまる
T2b腎細胞がんの直径が10cmを超えて腎臓にとどまる
T3a腎細胞がんが腎静脈または周囲の脂肪組織に及ぶがゲロタ筋膜※を超えない
T3b腎細胞がんが横隔膜より下の大静脈内に広がっている
T3c腎細胞がんが横隔膜より上の大静脈内に広がる、または大静脈壁まで及ぶ
T4腎細胞がんがゲロタ筋膜※を超えて広がる(同じ側の副腎まで及ぶ場合を含む)

※ゲロタ筋膜:腎臓を覆っている一番外側の膜
出典:日本泌尿器科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会,編:泌尿器科・病理・放射線科 腎癌取扱い規約第4版.2011年,金原出版より作成

腎臓がんの組織型分類

淡明細胞型腎細胞がん
多房嚢胞性腎細胞がん
乳頭状腎細胞がん
嫌色素性腎細胞がん
集合管がん
腎髄質がん
Xp11.2転座型腎細胞がん
神経芽腫随伴腎細胞がん
粘液管状紡錘細胞がん
紡錘細胞がん(肉腫様がん)
腎細胞がん、分類不能型

腎癌取扱い規約(第4版)より

治験薬アテゾリズマブ

アテゾリズマブは、抗PD-L1抗体という免疫チェックポイント阻害薬の1つです。

免疫チェックポイント阻害薬は、がんに対して、免疫細胞が本来の力を発揮できるようにする薬です。最終的には、免疫の力でがんを攻撃し、治療効果を発揮します。

がん細胞の表面に発現しているPD-L1とがん細胞を攻撃する免疫細胞(T細胞)に発現しているPD-1が結合すると、免疫細胞は、がん細胞を攻撃しなくなってしまいます。この仕組みを「免疫チェックポイント機構」といい、この仕組みが働かないように開発されたのが、免疫チェックポイント阻害薬です。

主な治験参加条件

対象となる人
  • 切除不能な進行または転移性の腎細胞がんで、組織型が淡明細胞型および/または肉腫様型と診断された患者さん
  • MSKCCリスクスコアの評価が可能な患者さん
  • RECIST v1.1の定義による測定可能病変がある患者さん
  • Karnofsky performance status (KPS) が70%以上の患者さん
  • 主要臓器機能が基準を適切に保持されている患者さん
  • 年齢:18歳以上
  • 性別:男女
対象とならない人
  • 投与開始前14日以内に腎細胞がんに対する放射線療法を受けた患者さん
  • 活動性または未治療の中枢神経系(CNS)転移のある患者さん
  • コントロール不良な胸水、心嚢液貯留、腹水がみられる患者さん
  • コントロール不良な高カルシウム血症がみられる患者さん
  • 5年以内に腎細胞がん以外の悪性腫瘍を有していた患者さん。転移や死亡のリスクがきわめて低く、治癒が予想される治療済みの疾患は除く。
  • 推定余命が12週間未満の患者さん
  • 投与開始前4週間以内に別の治験に参加している患者さん
  • 妊娠中または授乳中の女性患者さん
  • アテゾリズマブ製剤の成分または他の薬剤に対する既知の過敏症またはアレルギーがある患者さん
  • 自己免疫疾患の既往歴がある患者さん。治療された甲状腺機能低下症患者さんやコントロールされた1型糖尿病患者さんは除く。
  • 特発性肺線維症、器質化肺炎、薬剤誘発性肺臓炎、特発性肺臓炎の既往歴がある患者さん
  • HIV検査が陽性の患者さん
  • 活動性のB型肝炎またはC型肝炎を有する患者さん
  • 投与開始前4週間以内に重度の感染症がみられていた患者さん
  • 投与開始前2週間以内に経口/静脈内抗生物質の投与を受けた患者さん
  • 投与開始前4週間以内に弱毒生ワクチンを投与された患者さん
  • 重大な心血管疾患を有する患者さん
  • 同種幹細胞移植または臓器移植の前歴がある患者さん
  • CD137アゴニスト、抗CTLA-4/抗PD-1/抗PD-L1抗体薬、または経路標的薬の投与歴がある患者さん
  • 投与開始前6週間以内に免疫賦活剤、または2週間以内に免疫抑制剤の全身投与を受けた患者さん
  • 高血圧クリーゼまたは高血圧脳症の既往歴がある患者さん
  • ベースラインECGでQTc>460 msを認めた患者さん

治験情報に関する注意点

治験は、治療を兼ねた臨床試験のことです。薬の元となる物質を動物実験などで有効性や安全性を確認した上で、ヒトに対して使用しても同様に安全で治療効果が予測されるもので行われますが、治験の時点ではまだ有効性や安全性が十分に確認できているわけではありません。有効性や安全性が科学的に証明された治療が、標準治療で、新しい治療が必ずしも最良の治療ではないということを理解してください。その一方で標準治療が確立していない、または薬の耐性ができ、効果が期待できる薬がなくなった患者さんにとって治験は新しい治療選択となる可能性もあります。

治験は「ヘルシンキ宣言」に基づく倫理的原則と、日本国内では「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP) 」という厳しいルールに基づき、行われています。これにより、治験に参加される方の利益が損なわれることがないよう、安全な手続きで進められます。治験情報を探すとき、治験を受けたいと思ったときは、まず治験とはどのようなものなのかを正しく理解しましょう。

試験詳細

試験の名称未治療の進行腎細胞癌患者を対象としたATEZOLIZUMAB(抗PD-L1抗体)とベバシズマブの併用をスニチニブと比較する第III相非盲検ランダム化試験
試験の概要過去に補助療法又は転移後の治療として全身療法を受けたことがない手術不能,局所進行又は転移性腎細胞癌患者における,atezolizumab(抗programmed death ligand 1 [PD-L1] 抗体)+ベバシズマブの安全性,有効性をスニチニブと比較し評価する非盲検ランダム化試験である。
疾患名腎細胞癌
試験薬剤名アテゾリズマブ
用法・用量1200 mgを3週間隔で点滴静注
対照薬剤名Avastin
対照薬用法・用量15 mg/kgを3週間隔で点滴静注
対照薬剤名Sutent
対照薬用法・用量50 mgを1日1回,4週間経口投与2週間休薬
試験のフェーズフェーズ3(第3相臨床試験)
試験のデザイン多施設共同非盲検ランダム化試験
目標症例数915
適格基準
  • 年齢が18歳以上の患者
  • 切除不能な進行又は転移性の腎細胞癌で,組織型が淡明細胞型及び/又は肉腫様型と診断された患者
  • MSKCCリスクスコアの評価が可能な患者
  • RECIST v1.1の定義による測定可能病変がある患者
  • Karnofsky performance status (KPS) が70%以上の患者
  • 主要臓器機能が基準を適切に保持されている患者
  • 年齢:18歳以上
  • 性別:両方
除外基準
  • 投与開始前14日以内に腎細胞癌に対する放射線療法を受けた患者
  • 活動性又は未治療の中枢神経系(CNS)転移を有する患者
  • コントロール不良な胸水,心嚢液貯留,腹水がみられる患者
  • コントロール不良な高カルシウム血症がみられる患者
  • 5年以内に腎細胞癌以外の悪性腫瘍を有していた患者(転移や死亡のリスクがきわめて低く,治癒が予想される治療済みの疾患は除く)
  • 推定余命が12週間未満の患者
  • 投与開始前4週間以内に別の治験に参加している患者
  • 妊娠中又は授乳中の女性
  • Atezolizumab製剤の成分又は他の薬剤に対する既知の過敏症又はアレルギーがある患者
  • 自己免疫疾患の既往歴がある患者(治療された甲状腺機能低下症患者やコントロールされた1型糖尿病患者は除く)
  • 特発性肺線維症,器質化肺炎,薬剤誘発性肺臓炎,特発性肺臓炎の既往歴がある患者
  • HIV検査が陽性の患者
  • 活動性のB型肝炎又はC型肝炎を有する患者
  • 投与開始前4週間以内に重度の感染症がみられていた患者
  • 投与開始前2週間以内に経口/静脈内抗生物質の投与を受けた患者
  • 投与開始前4週間以内に弱毒生ワクチンを投与された患者
  • 重大な心血管疾患を有する患者
  • 同種幹細胞移植又は臓器移植の前歴がある患者
  • CD137アゴニスト,抗CTLA-4/抗PD-1/抗PD-L1抗体薬,又は経路標的薬の投与歴がある患者
  • 投与開始前6週間以内に免疫賦活剤,又は2週間以内に免疫抑制剤の全身投与を受けた患者
  • 高血圧クリーゼ又は高血圧脳症の既往歴がある患者
  • ベースラインECGでQTc>460 msを認めた患者
主要な評価項目
  • PD-L1選定集団における無増悪生存期間(RECIST v1.1,主治医判定)
  • 全患者集団における生存期間
  • 主要な評価方法RECIST version 1.1 他
    副次的な評価項目
  • 無増悪生存期間(RECIST v1.1, IRC判定)
  • 奏効率(RECIST v1.1, 主治医判定)
  • 奏効期間(RECIST v1.1, 主治医判定)
  • 奏効率(RECIST v1.1, IRC判定)
  • 奏効期間(RECIST v1.1, IRC判定)
  • 無増悪生存期間(mRECIST criteria, 主治医判定)
  • 奏効率(mRECIST criteria, 主治医判定)
  • 奏効期間(mRECIST criteria, 主治医判定)
  • 肉腫様組織を有する被験者での無増悪生存期間(RECIST v1.1, 主治医判定)
  • 肉腫様組織を有する被験者での生存期間
  • 症状による影響のベースラインからの変化
  • 症状の重症度のベースラインからの変化
  • 副作用の下位尺度のベースラインからの変化
  • 健康関連QOLのベースラインからの変化
  • 有害事象の発現率
  • 抗MPDL3280A抗体の発現率
  • MPDL3280Aの薬物動態(Cmax,, Cmin)
  • ベバシズマブの薬物動態(Cmax, Cmin)
  • 副次的な評価方法RECIST version 1.1, modified RECIST critera他
    予定試験期間2015年8月~2020年7月

    出典:医薬品情報データベースiyakuSearchより