PIK3CA/AKT1/PTEN変異、またはトリプルネガティブ、またはHR陽性HER2陰性の乳がんに対するイパタセルチブの治験

治験名

PIK3CA/AKT1/PTEN変異を有する局所進行性または転移性のトリプルネガティブ乳がんまたはホルモン受容体陽性HER2陰性乳がん患者を対象とした、イパタセルチブ+パクリタキセル併用療法の第3相ランダム化プラセボ対照二重盲検試験

治験概要:

乳がんに対する治験。PIK3CA/AKT1/PTEN変異のある局所進行性、またはトリプルネガティブ、または内分泌療法不適のホルモン受容体陽性HER2陰性の乳がん患者さんが対象です。
イパタセルチブ+パクリタキセル併用療法とプラセボ+パクリタキセルを比較して有効性を評価する臨床試験です。
登録予定数は450人。
試験デザインは、ランダム化、多施設共同、二重盲検。
フェーズは、第3相臨床試験。
比較する対象は
試験群:イパタセルチブ+パクリタキセル
対照群:プラセボ+パクリタキセル
で主要評価項目は無増悪生存期間、副次的な評価項目は、客観的奏効率、奏功期間、全生存期間、などで評価します。

疾患解説:乳がん

国立がん研究センターのがん統計によると、2014年に乳がんと診断された女性は78529人です。日本人女性の12人に1人がかかるといわれ、女性のがん死亡予測数では5位と罹患数に比べると死亡数は少なくなっています。40代から徐々に増加し50代でいったん減少しますが、60代から70代にかけ増加していき、その後は減少していきます。35歳未満の乳がんは、若年性乳がんといわれ、全体でみると2.7%と少数です。
早期の乳がんでは自覚症状がすくなく、症状の進行とともに症状が現れます。自覚症状の1つが、乳房のしこりで、特徴は、硬かったり動かないことです。そのほかの症状としては、乳頭や乳輪の湿疹やただれ、乳頭からの血が混じった分泌物、えくぼのような乳房のへこみ、皮膚の赤身や腫れ、熱っぽさ、腋の下の腫れやしこり、痛みなどがあります。
乳房は、母乳をつくる小葉と母乳を乳頭まで運ぶ乳管でできていますが、約95%の乳がんは乳管の上皮細胞にできる乳管がんです。
乳がんの診断は、がんの進行度合いで分類するステージ分類とがんの性質で分類するサブタイプ分類で総合的に行われます。ステージ分類は、がんの大きさ、リンパ節への転移、遠隔臓器への転移によって、0期、Ⅰ期、Ⅱ期(ⅡA、ⅡB)、Ⅲ期(ⅢA、ⅢB、ⅢC)、Ⅳ期に分類されます。
サブタイプ分類は、エストロゲン受容体(ER)、プロゲステロン受容体(PgR)、HER2、Ki67の4つの要素で分類されます。ERとPgRは女性ホルモンで、この女性ホルモンに対して陽性の場合、ホルモンの刺激によってがんが増殖する性質があり、陰性の場合はホルモンには反応しません。 HER2は、がん細胞に発現しているたんぱく質で、陽性だとこの受容体に反応してがんが増殖します。 Ki67は、がんが増えようとする力の程度を示す指標で、高いほどがん細胞の増殖活性が高くなります。この4つの要素によって、5つのタイプに分類され、タイプによって薬物療法の種類が異なります。
乳がんや卵巣がんの中には、BRCA1、BRCA2の遺伝子の異常が原因で発生するものがあり、遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)と呼ばれています。この遺伝子に異常があっても、必ず乳がんや卵巣がんになるわけではありませんが、発症するリスクが高くなります。

サブタイプ分類

サブタイプ分類 ホルモン受容体 HER2 Ki67
ER PgR
ルミナルA型 陽性 陽性 陰性
ルミナルB型
(HER2陰性)
陽性または陰性 弱陽性または陰性 陰性
ルミナルB型
(HER2陽性)
陽性 陽性または陰性 陽性 低~高
HER2型 陰性 陰性 陽性
トリプルネガティブ 陰性 陰性 陰性

治験薬:イパタセルチブ

イパタセルチブは、PI3K/Akt経路のAktを阻害する分子標的薬です。
PI3K/Akt経路は、生存増殖シグナルの伝達経路の1つです。正常細胞では、細胞の増殖や細胞死(アポトーシス)が調整されていますが、がん細胞では、この調整機能に異常が起きており、異常な増殖やアポトーシスが起こらなくなっています。
細胞が増殖因子の刺激を受けるとPI3Kという酵素が活性化され、さらにAktという酵素を活性化します。活性化されたAktは、細胞内のシグナル伝達に関わるたんぱく質を調整することで、細胞の増殖やアポトーシスを調整しています。
イパタセルチブは、このAktを阻害することで、シグナル伝達を抑制し、抗腫瘍効果を発揮します。

治験薬:パクリタキセル

パクリタキセルは、イチイ科の植物の成分から開発されたタキサン系と呼ばれる微小管阻害薬です。
細胞が増殖するために細胞分裂を行うときに、微小管という物質がばらばらになる必要があります。パクリタキセルは、この微小管がばらばらにならないように安定化させ過剰に形成を起こすことで、細胞分裂を阻害して抗腫瘍効果を発揮する殺細胞性の抗がん薬です。

主な治験参加条件

対象となる人
  • 全身状態(Performance Status:PS)が0または1
  • 十分な血液機能と臓器機能がある
  • 根治目的の切除術の対象には該当しない、局所進行性または転移性の、組織学的に確認されたトリプルネガティブまたはホルモン受容体陽性/HER2陰性の乳腺がん
  • 内分泌療法が適切ではないと考えられ、かつ次の基準の1つを満たすホルモン受容体陽性/HER2陰性乳腺がん
    術後補助内分泌療法中(5年以内)の再発
    初回診断で遠隔転移がみられた場合、一次内分泌療法開始から6か月以内の病勢進行
  • 測定可能病変がある
  • 中央検査または別の検査機関での分子生物学的検査において、腫瘍組織または血液検体でPIK3CA/AKT1/PTEN変異状況が確認されている
  • 年齢:18歳以上
  • 性別:両方
対象とならない人
  • 抗生物質を必要とする活動性感染症
  • HIV感染がある
  • 臨床的に重要な肝疾患の既往。活動性ウイルス性肝炎またはその他の肝炎、薬物またはアルコール乱用、肝硬変を含む
  • 脳または脊髄への転移、またはその既往がある
  • 手術不能の局所進行性または転移性トリプルネガティブまたはホルモン受容体陽性/HER2陰性の乳腺がんに対する、化学療法の治療歴
  • インスリンを必要とする1型または2型糖尿病の既往
  • グレード2以上の高コレステロール血症または高トリグリセリド血症
  • 活動性炎症性腸疾患または活動性腸炎の既往
  • AKT阻害剤による前治療がある。PI3K阻害剤またはmTOR阻害剤は許容される

パフォーマンスステータス(Performance Status:PS)

パフォーマンスステータス(Performance Status:PS)は、全身状態の指標で、患者さんの日常生活の制限の程度を示します。米国の腫瘍学の団体が決めたECOG、Karnofsky、WHOなどの基準があります。

ECOG パフォーマンスステータス


PS 0全く問題なく活動できる 発病前と同じ日常生活が制限なく行える
PS 1肉体的に激しい活動は制限されるが、歩行可能で、軽作業や座っての作業は行うことができる 例:軽い家事、事務作業
PS 2歩行可能で自分の身の回りのことはすべて可能だが作業はできない 日中の50%以上はベッド外で過ごす
PS 3限られた自分の身の回りのことしかできない 日中の50%以上をベッドか椅子で過ごす
PS 4全く動けない 自分の身の回りのことは全くできない 完全にベッドか椅子で過ごす

出典:Common Toxicity Criteria Version2.0 Publish Date April 30, 1999 (JCOGホームページより引用)

Karnofsky パフォーマンスステータス


スコア患者の状態
正常の活動が可能。特別な看護が必要ない100正常。疾患に対する患者の訴えがない。臨床症状なし
90軽い臨床症状はあるが、正常活動可能
80かなり臨床症状あるが、努力して正常の活動可能
労働することは不可能。自宅で生活できて、看護はほとんど個人的な要求によるものである。様々な程度の介助を必要とする70自分自身の世話はできるが、正常の活動・労働することは不可能
60自分に必要なことはできるが、ときどき介助が必要
50病状を考慮した看護および定期的な医療行為が必要
身の回りのことを自分できない。施設あるいは病院の看護と同等の看護を必要とする。疾患が急速に進行している可能性がある40動けず、適切な医療および看護が必要
30全く動けず、入院が必要だが死はさしせまっていない
20非常に重症、入院が必要で精力的な治療が必要
10死期が切迫している
0

WHO パフォーマンスステータス


スコア患者の状態
0全く問題なく活動できる。発病前と同じ日常生活が制限無く行える
1肉体的に激しい活動は制限されるが、歩行可能で、軽作業や座っての作業は行うことができる。たとえば、軽い家事、事務など
2歩行可能で、自分の身の回りのことはすべて可能だが、作業はできない。日中の50%以上はベッド外で過ごす
3限られた身の回りのことしかできない。日中の50%以上をベッドか椅子で過ごす
4全く動けない。自分の身の回りのことは全くできない。完全にベッドか椅子で過ごす
5死亡

出典:国立がん研究センター東病院「患者さん向け治験情報」より

治験情報に関する注意点

治験は、治療を兼ねた臨床試験のことです。薬の元となる物質を動物実験などで有効性や安全性を確認した上で、ヒトに対して使用しても同様に安全で治療効果が予測されるもので行われますが、治験の時点ではまだ有効性や安全性が十分に確認できているわけではありません。有効性や安全性が科学的に証明された治療が、標準治療で、新しい治療が必ずしも最良の治療ではないということを理解してください。その一方で標準治療が確立していない、または薬の耐性ができ、効果が期待できる薬がなくなった患者さんにとって治験は新しい治療選択となる可能性もあります。

治験は「ヘルシンキ宣言」に基づく倫理的原則と、「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)」を遵守して行われています。治験実施にあたり、日本では「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)」という厳しいルールが定められています。これにより、治験に参加される方の利益が損なわれることがないよう、安全な手続きで治験は進められます。

治験情報を探すとき、治験を受けたいと思ったときは、まず治験とはどのようなものなのかを理解してください。
がんの治験情報をお探しの方に知ってほしい5つのこと

※多くの情報は、出典であるJAPIC-CTIUMIN-CTRに情報がある場合はそこから、転載しています。
※ここに掲載した情報は、JAPIC-CTIUMIN-CTRに登録された情報を元にし、一般の人でもわかりやすく解説しています。そのため、すべて情報を網羅しているものでも、情報に誤りがある場合もあります。

試験概要詳細

試験の名称PIK3CA/AKT1/PTEN変異を有する局所進行性又は転移性のトリプルネガティブ乳癌又はホルモン受容体陽性HER2陰性乳癌患者を対象とした、イパタセルチブ+パクリタキセル併用療法の第III相ランダム化プラセボ対照二重盲検試験
試験の概要PIK3CA/AKT1/PTEN変異を有する局所進行性又は転移性のトリプルネガティブ乳癌又は内分泌療法不適のホルモン受容体陽性HER2陰性乳癌患者を対象として、イパタセルチブ+パクリタキセルの併用療法の有効性を、イパタセルチブ+プラセボの併用療法との比較で評価する
疾患名乳癌
試験薬剤名イパタセルチブ+パクリタキセル
用法・用量イパタセルチブは28日を1サイクルとして400mgを1日1回21日間経口投与。パクリタキセルは28日を1サイクルとして1、8、15日目に80mg/m2を静注
対照薬剤名プラセボ+パクリタキセル
用法・用量プラセボは28日を1サイクルとして1日1回21日間経口投与。パクリタキセルは28日を1サイクルとして1、8、15日目に80mg/m2を静注
試験のフェーズフェーズ3(第3相臨床試験)
試験のデザインランダム化、多施設共同、二重盲検
目標症例数450
適格基準
  • ECOG Performance Statusが0又は1
  • 十分な血液機能と臓器機能を有する
  • 根治目的の切除術の対象には該当しない、局所進行性又は転移性の、組織学的に確認されたTNBC又はHR+/HER2-乳腺癌
  • 内分泌療法が適切ではないと考えられ、かつ次の基準の1つを満たすHR+/HER2-乳腺癌
    術後補助内分泌療法中(5年以内)の再発
    初回診断で遠隔転移がみられた場合、一次内分泌療法開始から6カ月以内の病勢進行
  • RECIST v1.1に基づく測定可能病変を有する
  • 中央検査又は別の検査機関での分子生物学的検査において、腫瘍組織又は血液検体でPIK3CA/AKT1/PTEN変異状況が確認されている
  • 年齢:18歳以上
  • 性別:両方
除外基準
  • 抗生物質を必要とする活動性感染症
  • HIV感染がある
  • 臨床的に重要な肝疾患の既往。活動性ウイルス性肝炎又はその他の肝炎、薬物又はアルコール乱用、肝硬変を含む
  • 脳又は脊髄への転移、又はその既往を有する
  • 手術不能の局所進行性又は転移性TNBC又はHR+/HER2-乳腺癌に対する、化学療法の治療歴
  • インスリンを必要とする1型又は2型糖尿病の既往
  • Grade2以上の高コレステロール血症又は高トリグリセリド血症
  • 活動性炎症性腸疾患又は活動性腸炎の既往
  • AKT阻害剤による前治療がある。PI3K阻害剤又はmTOR阻害剤は許容される
主要な評価項目無増悪生存期間(PFS)
主要な評価方法RECIST v1.1
副次的な評価項目客観的奏効率、奏効期間、臨床的有用率、全生存期間、QOL、安全性、イパタセルチブ及び代謝物のPK
副次的な評価方法RECIST v1.1、EORTC QLQ-C30、観察
予定試験期間2018/01/01~2021/03/01

出典:医薬品情報データベースiyakuSearchより