患者さんにとっては「1回の手術で決まる勝負」福長洋介先生

(名医が語る最新・最良の治療 大腸がん 2012年6月26日初版発行)

不可能かもしれないけど、再発はゼロにしたい。
だから僕は、この1回の手術に遠慮なく臨み、ベストを尽くす。

福長洋介先生

 医師になったきっかけは? と聞くと、即座に「ブラックジャックかな?」と屈託のない笑顔が返ってきました。なんでも治せて、かっこいい…という少年時代の夢をかなえ、晴れて外科医になった福長先生。実際になってみて? と話を向けると表情が厳しいものに。「おおむね、治せてるかな。でも当然ながら、治せない、という現実もありますよ」。
 以前いた医療機関で出会った19歳の少年。便が出にくいという症状で、受診しましたが、検査結果はS状結腸がん、それもすでにかなり進行している状態でした。すぐ手術をして、がんは切除できたものの、腹膜播種(はしゅ)があったので、手術後は化学療法を行いました。「化学療法も僕自身がやって、2年は元気でいてくださった」。進行状況からみると、すぐにも深刻な事態になっても不思議ではなかったそうです。確かにブラックジャックのように奇跡をおこせるわけではないかもしれませんが、ゼロに近い残り時間を2年も延ばせたのは、医師の努力の結果です。
 福長先生が消化器外科を選んだのは、がんの患者さんが多く、それだけ自分が役に立てる可能性が大きいと感じたからでした。守備範囲が広く、手術そのものもダイナミックで興味深く、当時話題となっていた肝臓移植などにも食指が動いていたそうですが、結局は消化管の道へ。そこでいちばんお世話になったのが東野正幸(ひがしのまさゆき)先生(大阪医科大学臨床教授)」。東野先生は食道がんが専門、特に、鏡視下手術(内視鏡を胸部、腹部から入れて行う手術)のパイオニアであり、福長先生は胃や大腸の手術とともに、もっぱら東野先生の内視鏡下手術の助手を務め、早い時期から、鏡視下の画像や鉗子の動きには慣れていました。そのまま食道がんを専門にする選択もありましたが、当の東野先生から「大腸をやりなさい」との助言。「そのひとことで、今日の僕がいるわけです」。
 福長先生がもう一人恩師と仰ぐのが、渡邊昌彦(わたなべまさひこ)先生(北里大学教授)です。「まだ渡邊先生が慶應義塾(けいおうぎじゅく)大学にいた2002年に3カ月ほど国内留学しました。そこで、渡邊先生に『腹腔鏡下手術はこれだ』というところを教えてもらいました。つまり、腹腔鏡下手術は開腹手術と同じことをやるということを改めて認識できたのです」。
 開腹手術がうまければ、腹腔鏡下手術もうまくできるし、逆に腹腔鏡下手術が上手ならば開腹手術も上手なはず。二つの手術は別物ではない、いや、別物であってはならず、「がんを取りきる」という手順はそのままに、違う道具で行うだけなのです。「僕にとって、渡邊先生は第二の師匠。生かせるものは全部いただいたつもりです」。
 大腸がんは、予後もよいし、治りやすいがんといえます。しかし、それは切除可能な時期にみつかり、かつ、過不足ない切除が行われた場合です。「不可能かもしれないけど、再発はゼロにしたいと思って臨んでいます。残念な結果になる患者さんがいると悲しいし、悔しい。自分の力が及ばなかったと受け止めるしかない。そして、次にそういう人が出ないようにベストを尽くす。だから手術では遠慮したようなことはできないのです」。若い医師のなかにはときどき「そこまでやらなくてもいいのでは」という人もいるそうです。「でも、患者さんにとっては、この1回(の手術)で決まる勝負。がんは侮れないので、手を抜くようなことはできないし、それで自分も後悔したくない。だから、そのときできる最大のことをしてあげたい、と思っています。だから妥協はしません」。
 キャンプやスキーなどアウトドア系が好きという福長先生。単身赴任の今の気分転換は釣り。「海釣りが好きです。釣りは奥が深いですよ。僕は、手術もまだまだわかっておらず上があるけど、釣りはもっとわからない」と笑顔に戻る福長先生でした。

福長洋介(ふくなが・ようすけ)先生

福長洋介先生

がん研有明病院 消化器外科医長
1963年兵庫県生まれ。87年、大阪市立大学医学部卒業後、同大第二外科入局。94年より、大阪市立総合医療センター消化器外科、大阪市立十三市民病院外科部長、社会福祉法人成長会ベルランド総合病院内視鏡外科部長を経て2010年より現職。手術数は延べ1,300例余。著書に「よくわかる最新医学 大腸がんの最新治療」(主婦の友社)。日本外科学会指導医、日本消化器外科学会指導医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本大腸肛門病学会専門医。