【告知・Web開催】2020年11月8日(日)「がん患者の栄養を支える会」第2回市民公開講座

「がん患者さんのためのサルコペニア・フレイル対策と食支援―楽しんで 食べて リハビリ―」

開催日時:2020年11月8日(日)13:00~15:30

Web開催:どなたでも視聴していただく事が可能です(無料)

申し込み:視聴のお申し込みは、下記よりお願いいたします(当日の質疑のために事前アンケートへのご協力をお願いいたします)

 

【Web開催】2020年11月8日(日)「がん患者の栄養を支える会」第2回市民公開講座申し込み

近年、わが国では、がん治療(主に薬剤の開発)や手技の進展により、がん患者さんの予後もかつてと比較し大きく改善してまいりました。その一方、栄養面や体力面等おいてはまだ関心が少なく、栄養不足・体力(筋力)低下から健康寿命が短くなってしまうケースもあります。

今回の「がん患者の栄養を支える会 第2回市民公開講座」では、「がん患者さんのためのサルコペニア・フレイル対策と食支援―楽しんで 食べて リハビリ―」をテーマに、筋力の維持と食事、栄養摂取により健康寿命をのばすことをめざすポイントを探っていきます。

プログラム

総合司会:東口髙志先生(藤田医科大学医学部 外科・緩和医療学講座 主任教授)

【第1部 がんとサルコペニア・フレイル】

講演1 がん患者さんのサルコペニア・フレイル
福島亮治先生(帝京大学医学部 外科学講座 教授)
講演2 がん外科治療前後のサルコペニア・フレイルと栄養管理
比企直樹先生(北里大学医学部 上部消化管外科 主任教授)
講演3 がん化学療法中のサルコペニア・フレイル予防と栄養管理
犬飼道雄先生(岡山済生会総合病院 主任医長 がん化学療法センター)
講演4 がん患者さんのサルコペニア・フレイルを防ぐ食事と生活
川口美喜子先生(大妻女子大学家政学部食物学科 教授)

【第2部 パネルディスカッション】

パネリスト:東口髙志先生/福島亮治先生/比企直樹先生/犬飼道雄先生/川口美喜子先生

 

がんと栄養相談窓口

がん患者さん、そのご家族のためのがんと栄養の相談窓口です。気軽にご相談ください。

  • どんなレシピがあるのか知りたい
  • 必要な栄養って何?
  • カロリーはどのくらい?・・・など