乳がんが“倍増”する仕組みを発見

文:がん+編集部

 乳がんが“倍増“する仕組みが発見されました。幹細胞に近い性質をもった「がん幹細胞様の細胞」が分裂を繰り返えすことで倍増するそうです。

乳がんの新たな分子標的薬の開発にも期待

 金沢大学は2018年12月26日、乳がん幹細胞様細胞が分裂を繰り返すごとに倍増する仕組みを明らかにしたと発表しました。この研究成果は、金沢大学がん進展制御研究所/新学術創成研究機構の後藤典子教授、富永香菜研究員、東京大学医科学研究所先端医療研究センターの東條有伸教授、東京大学医学部附属病院の多田敬一郎准教授(研究当時)、田辺真彦講師、国立がん研究センター研究所の岡本康司がん分化制御解析分野長らの研究グループによるものです。

 がん組織は、さまざまながん細胞から構成されており、幹細胞に近い性質を持った「がん幹細胞様の細胞」が親として存在し、分化段階の異なるがん組織内の全てのがん細胞を生み出すことが近年分かってきました。このがん幹細胞様細胞が分裂して2つの細胞になるとき、通常、1つはがん幹細胞様細胞に、もう1つは分化したがん細胞になります。しかし悪性のがんでは、がん幹細胞様細胞が分裂すると、分裂した2つの細胞はともにがん幹細胞様細胞になります。1つのがん幹細胞様細胞が1回分裂して2つのがん幹細胞様細胞となり、2つになったがん幹細胞様細胞がさらに分裂して4つになるわけです。つまり、1→2→4→8→16と倍増していくことになります。

 研究グループは、乳がん組織由来のがん幹細胞様細胞の培養に成功。その培養細胞を用いて、がん幹細胞様細胞内にある分子であるMICAL3の持つモノオキシゲナーゼの活性化を介して、がん幹細胞様細胞が分裂ごとに倍増する仕組みを解明することに成功したそうです。がん幹細胞様細胞の倍増を阻止して増殖を抑制する、MICAL3の機能を阻害する分子標的薬の開発が期待されます。