がんプラスとは

がんと生きるすべての人のプラスのために

がんプラスは、医療と患者さんの距離を縮めるために、がんの基礎知識、検査、診断、治療選択、治験情報など、医学的根拠に基づいた情報を伝えていく、がん医療メディアです。

超高齢社会の日本では、がんに罹患する人が増えており、3人に1人が、がんで亡くなっています。治療の進歩により、5年生存率は改善傾向にあり、がんとともに生きる人が多くなっています。

がんと診断されたとき、患者さん自身やご家族は大きな衝撃を受けます。「なぜ自分ががんになったのか」「治るのか」「どんな治療があるのか」「今後の生活はどうなるのか」など不安やストレスに悩まされます。

がんに関する知識や情報が少ないことも、そうした不安要素の1つです。新たな情報を得ることで、知らなかったことに対する不安が軽減し、自分にあった治療法の選択や療養生活の力となります。

インターネットの普及により、さまざまながんに関する情報を入手することができるようになりましたが、医学的に正しい情報ばかりとは限りません。不確かな情報、間違った情報など玉石混交です。

がんプラスは、診療ガイドラインや専門医による監修をもとに、わかりやすく記事を作成することで、がん患者さんががんと向き合い、がんと闘うための力となる情報を届けます。

がんプラスは、がん患者さんの生活の質(QOL)向上のために、3つのQをプラスします。

〇〇がんと診断されても、がんを知ることで不安が解消され、がんになっても自分らしく生きていけるようになります。がんと生きるすべての人のプラスのために、がんプラスはサポートします。