がん光免疫療法、先駆け審査指定制度の対象に

文:がん+編集部

 がん光免疫療法ASP-1929が、頭頸部がんに対する治療として、厚生労働省より先駆け審査指定制度の対象品目に指定されました。

ASP-1929の治験で、標準治療に比べ生存期間改善の可能性も

 楽天メディカル社は4月8日に、がん光免疫療法ASP-1929が世界先駆け、頭頸部がんを対象に厚生労働省より先駆け審査指定制度の対象品目に指定されたことを発表しました。今回の指定は、国内で行われた第1相、および米国で行われた第1/2あ相試験の解析結果に基づくものです。これらの試験では、全奏効率で臨床的に意味のある改善が認められ、標準治療の過去データと比較して生存期間改善の可能性が示されています。

 先駆け審査指定制度は、世界に先駆け日本で開発された医薬品および医療機器など、早期の治験段階の評価で有用性が見込まれるものを対象として指定する制度です。そのため、早期の実用化を目指し優先的な相談や審査プロセスが適用されます。

 がん光免疫療法は、米国立がん研究所の主任研究員である放射線診断医の小林久隆氏が、がん細胞の増殖を促進させる上皮増殖因子受容体(EGFR)というタンパク質の働きを選択的に抑える抗体医薬品セツキシマブ(製品名:アービタックス)にIR-700と呼ばれる光吸収体を付加したASP-1929を投与後、近赤外線を病変に照射することで、正常な細胞への影響が少なくがん細胞を壊死させる治療法です。

 今回の指定を受け同社の三木谷浩史CEOは「私たちのもとに、 多くの患者さんから治療を待ちわびているというご連絡が日々届きます。 そのような声に対して、 希望の光となるご報告ができることを嬉しく感じます。 今回の指定は、 頭頸部がんの患者さんに革新的な治療薬を届けるための大きな一歩となりました。 本制度で定められたプロセスを確実にこなすことで、 一日でも早く、 そして一人でも多くの患者さんに、 この治療法を届けることを目指していきます」と、コメントしています。

 ASP-1929の治験は、国内外で頭頸部がんと食道がんを対象として行われています。