オンコタイプDX乳がん再発スコア検査 NCCN乳がんガイドラインで評価

文:がん+編集部

 アメリカの乳がんガイドラインで、「オンコタイプDX乳がん再発検査」が遺伝子パネル検査で、乳がんの化学療法の効果予測に役立つ検査として唯一望ましいと認められました。

早期乳がんに対する化学療法の治療方針に役立つ唯一の検査として分類

  米ジェノミックヘルス社は10月9日、オンコタイプDX乳がん再発(以下:オンコタイプDX)検査が全米総合がんセンターネットワーク(NCCN)の乳がんガイドラインで化学療法の効果予測に役立つ検査として唯一「望ましい」と認められたと発表しました。NCCN2018年版ガイドラインで、リンパ節転移陰性早期乳がん患者の化学療法の治療方針の決定において役立つ唯一の検査として分類されたそうです。この改定は、ECOG-ACRIN研究グループによる TAILORx試験の結果を受けたものです。

 TAILORx試験は、乳がんの術後化学療法に関する試験で6か国1,100か所の医療機関から1万273人の女性が参加しました。その結果、オンコタイプDX検査が、早期乳がん患者さんの中から化学療法が有効な患者さんと有効でない患者さんを見分けることができることを実証したそうです。

 ジェノミックヘルス最高科学・医学責任者のスティーブン・シャック医師は「NCCNが、臨床エビデンスと化学療法の効果を予測するという決定的に重要な事項に基づいて、オンコタイプDX検査を他のゲノム検査と明確に区別し続けてくれていることを嬉しく思います」とコメントしています。

 オンコタイプDX検査による、非浸潤性の早期乳がんの術後化学療法の効果予測が認められたことで、化学療法を受けたほうがいい人と受けなくてもいい人が見極められるようになれば、不要な治療を受けずに済み、QOLの向上も期待されます。