国がんと島津製作所が「光免疫療法」に関して共同研究契約を締結

文:がん+編集部

 国立がん研究センターと島津製作所が、「光免疫療法」に関する計測技術を臨床応用するため、共同研究契約を締結しました。

医療現場に共同研究開発拠点を置き、現場ニーズを満たした医療機器を開発しその有用性を検証

 島津製作所は4月16日、国立がん研究センターと新たながん治療法として注目されている「光免疫療法」に関する計測技術の臨床応用に向けた研究を共同で実施することを発表しました。今回の共同研究は、光免疫療法の早期実現と普及を目的としたものです。

 島津製作所と国立がん研究センター東病院および同センター先端医療開発センターは、2019年3月から近赤外光カメラシステムと質量分析装置を活用した光免疫療法の非臨床試験を行ってきました。この試験では、治療部位の可視化や記録ができる可能性について前向きな結果が得られています。

 今後の共同研究では、非臨床試験で得られた知見と、東病院の光免疫療法における豊富な臨床経験、島津製作所の技術を活用することで、「患部の状態の可視化や記録」の実現・治療評価技術の確立を目指すとしています。

 国立がん研究センター東病院消化管内視鏡科の矢野友規科長は、次のように述べています。

 「光免疫療法の基礎研究実績が豊富で高い技術力を有する島津製作所と院内での共同研究を行うことで、我々の臨床ニーズを満たす機器開発ができることを期待しています」

 また、島津製作所総合デザインセンターの石川亮宏課長は、次のように述べています。

 「光免疫療法の臨床経験が豊富な国立がん研究センターとの新たな共同研究により、現場のニーズに応じた計測技術を実用化し、同療法の早期実現と普及への貢献を目指しています」