2月イベント開催情報 患者さんも参加可能!「第2回日本サルコーマ治療研究学会(JSTAR)学術集会」が開催

第2回日本サルコーマ治療研究学会

 日本サルコーマ治療研究学会は2月22日(金)、23日(土)の2日間、都内で「第2回日本サルコーマ治療研究学会(JSTAR)学術集会」を開催します。

 第2回となる同学術集会のテーマは、「肉腫治療におけるサイエンスとアート -標準化と個別化-」。同学会は、肉腫に関わるすべての関係者が、それぞれの立場、それぞれの視点を生かして、良い診療・研究の実現に向けて力を合わせてゆくことを、学会の大切な骨子としているそうです。そこでは、医師をはじめ医療者のみでなく、患者さんやそのご家族、支援者の方々(Patient Advocates)も、学会の重要な一員として、学び、議論し、肉腫の診療と研究を前進させてゆく、大切な役割を担っています。しかし、実際の学術集会では、さまざまな規制や状況により、これらの人々が医療者と同じ講演を聴講することは、時に難しい場面に直面することがあります。

 そこで今回のJSTARでは、これら重要なメンバーの人々が立場の垣根を越え、学び・交流できる場として、Patient Advocate Program (PAP)を企画。初日のPAP-1では、国立がんセンター名誉総長・現日本対がん協会会長で、自らもがん経験者・サバイバーの垣添忠生先生に「人はがんとどう向き合うか?」と題して講演します。また、2日目のPAP-2では、がん研有明病院腫瘍内科医師の仲野兼司先生に「肉腫(サルコーマ)の治療について知ろう」と題したお話を、そして「もう一度Jリーグのピッチに立つ」という夢に向けて走り続けている大宮アルディージャの塚本泰史選手も講演する予定です。また、このほか一部の講演を除き、患者さんや一般の方も参加可能です。

 詳しくは以下のイベント開催概要、またはイベント詳細URLをご確認ください。

イベント開催概要

学会名「第2回日本サルコーマ治療研究学会学術集会」
The 2nd Meeting of Japanese Association of Sarcoma Treatment and Research

会期
2019年2月22日(金)、23日(土)

会場
一橋大学 学術総合センター(一橋講堂)(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)

アクセス
東京メトロ半蔵門線、都営三田線、都営新宿線 神保町駅(A8・A9出口)徒歩4分
東京メトロ東西線 竹橋駅(1b出口)徒歩4分
http://www.hit-u.ac.jp/hall/accessjp.html

会長
髙橋 俊二 先生(公益財団法人がん研究会有明病院 総合腫瘍科 部長)

テーマ
肉腫治療におけるサイエンスとアート−標準化と個別化−

参加登録費
会員(医療関係者(医師・コメディカル・大学院生)、企業):10,000円
会員(上記以外):無料
非会員(医療関係者(医師・コメディカル・大学院生)、企業):15,000円
非会員(上記以外):5,000円
学部学生※:無料
懇親会3,000円

※学部学生の方は、学生証をご持参いただき、当日受付にてご提出ください。
 学生証のご提出がなかった場合、登録ができませんのでご注意ください。

<事前ご入会のお申し込みはこちら>
https://jstar.or.jp/enrollment-procedures.html
※学術集会期間中、会場でもご入会いただけます。

参加登録受付
受付場所:学術総合センター 1F エントランス
受付時間:2月22日(金)9:00~18:30
     2月23日(土)8:50~16:00
※会場は8:30から入場いただけます。
 8:30前の入場はできかねますので、ご了承ください。

プログラム

※患者様・一般の方が参加可能な演題のみ、掲載しております。
 詳しくは以下URLの日程表をご確認ください。
http://www.congre.co.jp/jstar2019/program.html

2月22日(金)
開会式・会長挨拶(13:10-13:15)

シンポジウム1 肉腫治療の施設内連携(13:15-14:30)
座長 髙橋 俊二 先生(公益財団法人がん研究会有明病院 総合腫瘍科)
   西山 博之 先生(筑波大学 医学医療系 腎泌尿器外科)
演者 高野 忠夫 先生(東北大学病院 臨床研究推進センター)
   込山 元清 先生(国立がん研究センター 中央病院 泌尿器・後腹膜腫瘍科)
   髙橋 祐 先生(公益財団法人がん研究会有明病院 肝・胆・膵外科)

特別企画1 肉腫治療 update(14:40-15:30)
座長 中 紀文 先生(大阪国際がんセンター 骨軟部腫瘍科)
   矢澤 康男 先生(埼玉医科大学国際医療センター 骨軟部組織腫瘍科・整形外科)
演者 細井 創 先生(京都府立医科大学附属病院 小児科)
   田仲 和宏 先生(大分大学医学部 整形外科・人工関節学講座)

シンポジウム2 肉腫治療の施設間連携と集約化(15:40-17:10)
座長 松本 誠一 先生(公益財団法人がん研究会有明病院 整形外科)
   小林 英介 先生(国立がん研究センター中央病院 骨軟部腫瘍・リハビリテーション科)
演者 平賀 博明 先生(北海道がんセンター サルコーマセンター)
   小田 義直 先生(九州大学大学院医学研究院 形態機能病理学)
   Lor R. Randall 先生(University of California, Davis)

全員懇親会(19:30~(19:00受付開始))

2月23日(土)
特別企画2 重粒子線治療(9:00-9:45)
座長 角 美奈子 先生(公益財団法人がん研究会有明病院 放射線治療科)
演者 今井 礼子 先生(国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所病院 骨軟部腫瘍科)

シンポジウム3 肉腫治療の個別化臨床試験(9:55-11:05)
座長 南 博信 先生(神戸大学 腫瘍・血液内科)
   西田 佳弘 先生(名古屋大学整形外科 リハビリテーション科)
演者 米盛 勧 先生(国立がん研究センター中央病院 乳腺・腫瘍内科)
   内藤 陽一 先生(国立がん研究センター東病院 先端医療科/乳腺・腫瘍内科 希少がんセンター)

特別企画3 サルコーマバイオロジー(11:10-12:10)
座長 荒木 信人 先生(市立芦屋病院 整形外科)
   吉田 朗彦 先生(国立がん研究センター 中央病院 病理科)
演者 中村 卓郎 先生(公益財団法人がん研究会 がん研究所 発がん研究部)
   塚原 智英 先生(札幌医科大学医学部 病理学第一講座)

Patient advocate program 2(12:25-13:25)
座長 阿江 啓介 先生(公益財団法人がん研究会有明病院 整形外科 リハビリテーション科)
   佐瀬 一洋 先生(順天堂大学大学院医学研究科 臨床薬理学)
演者 塚本 泰史 さん(大宮アルディージャ)
   仲野 兼司 先生(公益財団法人がん研究会有明病院 総合腫瘍科)

ポスターセッション(14:00-15:00)

Multi-disciplinary Sarcoma Conference(15:10-17:10)
座長 上田 孝文 先生(国立病院機構大阪医療センター 整形外科)
   安藤 雄一 先生(名古屋大学 化学療法部)
チーム 北海道がんセンター
    東北大学
    千葉県がんセンター
    兵庫県立がんセンター・兵庫県立粒子線医療センター

閉会式(17:10-17:20)

主催事務局
公益財団法人がん研究会有明病院 総合腫瘍科
〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31

運営事務局
第2回日本サルコーマ治療研究学会学術集会 運営事務局
〒102-8481 東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル6階
株式会社コングレ内
TEL:03-5216-5318 FAX:03-5216-5552
E-mail:sarcoma2019@congre.co.jp

イベント詳細URL
http://www.congre.co.jp/jstar2019/index.html