胆道がん 手術や薬物療法にも影響する正確な診断と胆道ドレナージの重要性

菊山正隆先生
監修:がん・感染症センター都立駒込病院消化器内科部長 菊山正隆先生

2018.4 取材・文:柄川明彦

 胆道がんを正確に診断するためには、超音波内視鏡検査とERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)検査がとても重要です。超音波内視鏡検査ではミリ単位で病変を観察することができ、CT検査やMRI検査よりも詳細な情報が得られます。ERCPでは、胆管内を内視鏡で観察したり、胆管内の組織を採取したりすることも可能になります。胆道の閉塞により黄疸の症状がある場合には、胆道ドレナージが必要になります。胆道ドレナージには、胆汁を体外に出す外瘻(ろう)術と、胆汁を腸管に流す内瘻(ろう)術があります。両者のメリットとデメリットをよく理解し、患者さんの状態に合わせて適切な方法を選択することが大切です。

胆道がんの正確な診断に必要な超音波内視鏡検査とERCP検査

 胆道がんは体の奥にできるがんですが、検査方法が進歩し、詳しく調べてから治療を行えるようになっています。胆道がんが疑われるとき、まず行われるのが体の外側からの検査です。最も簡便なのは「腹部超音波検査」です。腹部の体表に超音波を発する装置を押し当て、体内の様子を描き出します。X線を使って体の断層画像を撮影する「CT検査」や、磁気を使って断層画像を描き出す「MRI検査」も行われます。

 次に行われるのが、体の内側から行う検査です。その1つが「超音波内視鏡検査」です。内視鏡の先端に付いた超小型カメラと超音波の発信装置を使い、胃や十二指腸の内部から超音波を発信してその周囲を画像化します。胆管、胆のう、膵臓は、胃壁や十二指腸壁のすぐ外側にあるため、病変をミリ単位の正確さで観察することができます。

 超音波内視鏡検査の感度が高いのは、超音波を発する部位と見たい部位が近いためです。体の外から行う検査では、超音波が通りづらい皮下脂肪、胃や十二指腸内の空気に邪魔され、細かい部分が見えづらくなります。ところが、超音波内視鏡検査では間に脂肪や空気の層がないため、胆管、胆のう、膵臓などが明瞭に描き出せます。

 体の内側から行うもう1つの検査が、ERCP検査です。十二指腸まで内視鏡を入れ、膵管と胆管の開口部である十二指腸乳頭部からカテーテルと呼ばれる細い管を入れ、膵管や胆管に造影剤を注入します。そこでX線撮影を行い、胆管や膵管を描き出します。

 膵管や胆管の形状がわかったら、そこに細いガイドワイヤーを入れ、それに沿わせていろいろな器具を入れ、胆管や膵管の内側を調べることもできます。十二指腸に入れた内視鏡から、さらに細い内視鏡カメラを挿入し、胆菅や膵管の内部を観察することもできます。さらに、ガイドワイヤーに沿って生検用の器具を入れ、病変部の組織を採ってくることもできます。胆道にできる病変には悪性も良性もあるので、胆道がんと診断するためには、組織を採取して病理検査を行う必要があるのです。

 ERCPは非常に優れた検査ですが、問題もあります。1つは、胆管にカテーテルを入れるのが難しい点です。十二指腸乳頭部からまっすぐ続く膵管には比較的入れやすいのですが、角度がつく胆管に入れるのは難しく、成功率は85~95%程度です。また、膵臓は非常にデリケートな臓器で、カテーテルを入れたり造影剤を入れたりすることで、膵炎を起こすことがあります。通常、膵液は膵臓内では活性化せず、十二指腸に分泌されてから活性化します。しかし、膵炎を起こすと膵管内で活性化してしまい、自らの膵臓を消化してしまいます。こうした組織障害を起こすと、そこに細菌が感染し、感染性重症性膵炎になります。この状態まで進むと、3~5割の患者さんが亡くなります。ERCPは非常に重要な検査ですが、危険な状態を招くリスクもあるため慎重に行う必要があります。

胆道の狭窄による黄疸症状があれば胆道ドレナージが必要

 胆道がんでは、黄疸が現れることがよくあります。胆汁は肝臓で作られ、胆管を通って胆のうに溜められます。そして、食べた物が十二指腸を通過するときに、胆管を通って十二指腸乳頭部から腸内に流れ出します。胆管の内腔は直径が5mmほどしかないため、胆管にがんができると、がんが小さくても塞がってしまいます。胆のうにできたがんでも、がんが増殖して胆管にまで広がってくると、胆管を塞いでしまいます。また、胆管の下3分の1ほどは膵臓の中を通るので、膵臓がんができることで、胆管が圧迫されて塞がってしまうこともあります。胆管が塞がって胆汁が流れなくなると、胆汁の成分が血液中に入り、黄疸が起こります。胆汁に含まれる色素によって、皮膚や眼球が黄色くなるのです。

 黄疸がある場合には、たまった胆汁を排出する「胆道ドレナージ」という治療が行われます。胆道がんは黄疸が出ることで発見されることもありますが、正確な診断を下すためにも、胆道ドレナージは重要な処置なのです。

 胆道ドレナージには、「外瘻術」と「内瘻術」という2つの方法があります。外瘻術は胆道にたまっている胆汁を体の外に流し方法、内瘻術はたまっている胆汁を腸管内に流し方法です。

 外瘻術には2つの方法があります。1つが「経皮経肝胆道ドレナージ」です。腹部の体表から肝臓内を経由して胆管に針を刺し、そこにチューブを入れます。胆道にたまった胆汁は、チューブを通って体の外に出て行きます。もう1つの方法が、「経鼻胆管ドレナージ」です。ERCPの技術を使って十二指腸乳頭部から胆管にチューブを入れ、それを、十二指腸、胃、食道を通して鼻から出します。このようにして、胆道にたまっていた胆汁を、体の外に流します。

 外瘻術の問題点は、患者さんのQOLです。腹壁や鼻からチューブが出た状態になるため、日常生活に支障をきたします。また、胆汁は1日に500mlほど作られますが、それを体外に捨ててしまうため、脱水が起きやすくなります。胆汁にはナトリウムも含まれるため、それを捨ててしまうことで、低ナトリウム血症が起きることもあります。一方、外瘻術の長所は、チューブが詰まったときにすぐに交換できる点です。チューブは非常に詰まりやすいので、管理が簡単なのは大きなメリットといえます。

 内瘻術は、胆管の中にステントを設置する方法です。内視鏡を使い十二指腸乳頭部から胆管の塞がっている部分までステントを入れ、胆汁の流れを回復させます。胆汁はステントの中を通り、十二指腸に流れて行きます。ステントには、プラスチック製と金属製があります。金属製ステントは網目状で、細くたたまれた状態で胆管に入れてから広げます。

 内瘻術の最大のメリットは、患者さんのQOLを低下させない点にあります。体から管が出ていないので、通常に生活を送ることができます。また、胆汁を体外に捨てないので、脱水や低ナトリウム血症が起きる心配もありません。

 ただ、ステントが詰まると、経皮経肝胆道ドレナージの場合のように、簡単にチューブを取り替えることができないため、重い合併症を引き起こすことがあります。ステントが詰まると、そこから細菌が感染して胆管炎が起こり、高熱が出て命が危険な状態になることもあるのです。これが内瘻術の最大の問題点です。

 最も詰まりやすいのはプラスチック製ステントで、9週間以内には詰まるといわれ、2か月程度で問題が起きてしまいます。金属ステントは多少詰まりにくく、6~8か月程度もちます。ただし、金属ステントは網目状なので、がんが網目の間から増殖してきて、ステントの中が塞がってしまうことがあります。それを防ぐために開発されたのが、網目状の金属にカバーを貼ったステントです。金属だけのステントが「ベア」、カバーを貼った金属ステントは「カバード」と呼ばれています。カバードなら、がんが内側に増殖してくることはありませ。ただし、カバーによって表面がツルツルになったため、胆管の中で動いたり、抜けてしまったりすることがあります。こうなると再閉塞が起きてしまいます。

胆道ドレナージ外瘻術と内瘻術

胆道ドレナージ外瘻術と内瘻術

胆道ドレナージは、メリット、デメリットをよく考えて選択

 胆道ドレナージには外瘻術と内瘻術がありますが、最近は患者さんのQOLを重視して、内瘻術が選択されることが多くなっています。しかし、どんな場合にも内瘻術が適しているとは限りません。それぞれの方法のメリットとデメリットをよく考え、適切な方法を選択するようにしたいものです。たとえば、内瘻術は日常生活への影響が少ないという点では確かに優れています。活動的な生活を送ることができますし、普通に入浴することもできます。ただ、ステントが詰まって再閉塞を起こした場合には、再度内視鏡を使った処置が必要になり、胆管炎によって危険な状態を招く可能性もあり、患者さんの全身状態は低下してしまいます。

 そこで、手術を前に胆道ドレナージを行うような場合には、トラブルが起きないことを優先し、さらにドレナージによりがんが転移などを起こさないようにすることも考えて、外瘻術の中でも経鼻胆管ドレナージが最も良好な方法と考えられています。また、がんが進行して通常の生活が難しくなり、寝ていることが多いような場合には、古くなったチューブを容易に交換できる外瘻術である経皮経肝胆道ドレナージのほうが適しているとも考えられます。

切除不能の胆道がんの化学療法は、効果と副作用の見極めが大切

 胆道がんで手術ができない場合には、抗がん剤による化学療法が行われることがあります。標準治療とされているのは、「ゲムシタビン(製品名:ジェムザール)+シスプラチン併用療法」です。シスプラチンは副作用の強い抗がん剤ですが、この併用療法では投与量が少ないので、腎障害や吐き気などの副作用はさほど強くありません。通常は通院で治療が行われます。4週を1クールとし、週1回の投与を3週続け、1週休薬するスケジュールで治療を続けます。

 化学療法によって、進行した胆道がんが消えることはまずありません。したがって、化学療法で目指すのは、根治ではなくQOLをなるべくよい状態に保ちながら、それをできるだけ維持することです。そのためには、効果と副作用を見極めながら、QOLが低下してしまわないように注意して行うことが大切です。

プロフィール
菊山正隆(きくやままさたか)

1985年 浜松医科大学卒業
1986年 浜松医療センター消化器内科
1989年 富士宮市立病院内科
1992年 浜松医科大学大学院
1996年 浜松労災病院消化器内科
2010年 静岡県立総合病院消化器内科
2016年 がん・感染症センター都立駒込病院消化器内科部長

がん相談窓口

がん患者さん、そのご家族のための相談窓口です。がんについての疑問やお悩みについて、気軽にご相談ください。

  • どんな治療があるのか知りたい
  • セカンドオピニオンって何?
  • 仕事は続けても大丈夫?  …など
相談はこちらから