血中循環腫瘍DNA陽性の大腸がんに対するトリフルリジン・チピラシルとプラセボの治験

治験の募集状況は、「医薬品情報データベース 臨床試験情報外部リンク」ページでご確認ください。

上記ページにアクセスし、条件欄から「試験の名称」を選択、このページの「試験概要詳細」の「試験の名称」をコピーして、キーワード欄に貼り付け、検索してください。

治験名

ALTAIR study

血中循環腫瘍DNA陽性の治癒切除後結腸・直腸がん患者を対象としたトリフルリジン・チピラシルとプラセボとを比較する無作為化二重盲検第3相試験

治験概要:

治癒切除後の結腸・直腸がんに対する治験。血中循環腫瘍DNA陽性の患者さんが対象です。
トリフルリジン・チピラシルとプラセボとを比較して、有効性と安全性で評価する臨床試験です。
登録予定数は、240人。
フェーズは、第3相臨床試験。
試験デザインは、無作為化二重盲検国際共同第III相試験。
試験群:トリフルリジン・チピラシル
対照群:プラセボ
無病生存期間、ctDNA陰転化率、全生存期間、有害事象発現割合、治療完遂率、QOLなどで評価します。

疾患解説:大腸がん

国立がん研究センターのがん統計の2014年の全国推計値によると、大腸がんに罹った人は、男性77504人、女性57930人、合計135434人で男性が多い傾向です。40代後半から徐々に増えはじめ、男性は70代をピークにその後は減少しますが、女性は、いったん70代で平行線になり、80代からさらに増加していきます。
大腸がんの発生原因は、生活習慣や身体的な特徴と関連があるといわれています。生活習慣では、喫煙、飲酒、牛・豚・羊などの赤肉の摂取、ベーコン・ハム・ソーセージなどの加工肉の摂取などです。身体的な特徴は、体脂肪率の高い人、腹部の肥満、高身長などがあります。また、家族歴や遺伝子にも関連があるといわれています。
大腸がんの症状は、早期の段階では自覚症状はなく、進行するにしたがって症状がでてきます。血便、下血、便が細くなる、便が残る感じがするなどの症状がでます。排便に伴う自覚症状が多く、特に便に血が混じる血便や腸内のがんからの出血による赤色の便、もしくは赤黒い便、便の表面に血液が付着する下血が多く現れます。しかし、血便や下血は痔の症状でもみられるため、必ずしも大腸がんの症状とはかぎりません。
大腸は、小腸から続く約2mの消化管です。口側から「虫垂」、「盲腸」、「結腸」、「直腸S状部」、「直腸」で構成され、括約筋がある肛門管に続きます。結腸は、盲腸から上に向かう「上行結腸」、左上腹部へ向かう「横行結腸」、S状結腸に向かって下る「下行結腸」、S状のカーブを描く「S状結腸」に区別されています。さらに、S状結腸と直腸の間を「直腸S状部」、直腸の上部を「上部直腸」、下部を「下部直腸」に区別されます。大腸がんのそれぞれの部位で発生頻度は異なります。2000~2002年にかけて大腸がん手術を行った17449の症例報告から、大腸がんの部位別発生率では、直腸がんとS状結腸がんが多くなっています。
大腸がんは、がん化した元の細胞の組織の違いによって、腺がん、扁平上皮がん、腺扁平上皮がんの3種類に分類されます。3つのうち、多くは腺がんで、腺がんはさらに6種類に分類されます。
大腸がんは、内側から粘膜、粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜の5つの層で構成されており、大腸がんは、一番内側の粘膜から発生し進行するほど外側の層へ浸潤していきます。この5つの層のどこまでがんが広がっているかを示すのが深達度です。深達度は6段階に分類されます。
大腸がんのステージ分類は、この深達度にリンパ節への転移の程度、遠隔臓器への転移の程度で決定されます。

腸の構造

大腸の部位別発生頻度

大腸の部位発生頻度
直腸がん26.4%
S状結腸がん26.4%
上行結腸がん13.6%
直腸S状部がん12.5%
横行結腸がん9.2%
盲腸がん6.5%
下行結腸がん4.8%

大腸癌全国登録(大腸癌研究会)より作成

大腸がんの深達度

大腸がんの進行度分類

遠隔転移M0M1
リンパ節転移N0N1(N1a/N1b)N2aN2b/N3M1aM1bM1c
壁深達度Tis0Nに関係なく
T1a・T1bIIIIAIIIAIIIBIVAIVBIVC
T2IIIAIIIBIIIB
T3IIAIIIBIIIBIIIC
T4aIIBIIIBIIICIIIC
T4bIICIIICIIICIIIC

大腸癌取扱い規約(第9版)より作成

治験薬:トリフルリジン・チピラシル

トリフルリジン・チピラシルは、トリフルリジンとチピラシル塩酸塩を2対1で配合した抗悪性腫瘍薬です。
トリフルリジンは、直接DNAに取り込まれDNAの機能障害を起こします。トリフルリジン単独では、生体内の代謝が速く薬の効果が期待できません。
トリフルリジンの代謝は、チミジンホスホリラーゼという酵素で行われるため、このチミジンホスホリラーゼを阻害するチピラシル塩酸塩を配合することで、トリフルリジンの血中濃度を維持し、抗腫瘍効果が増強されています。

主な治験参加条件

対象となる人
  • 病理組織学的に結腸・直腸腺がんと診断されている
  • 原発巣および転移巣に対し根治的切除が行われている(切離端または外科剥離面に腫瘍が露出していても、腫瘍が被膜で覆われているものは根治的切除と見なす)
  • ステージ3の結腸がんの場合には、標準的な術後化学療法が実施された既往がある(登録前2か月以内に採取した血液検体を用いた解析でctDNAが陽性と判定されている)
  • 胸部、腹部、骨盤CT検査などで明らかな再発が確認されていない
  • 経口摂取が可能である
  • 全身状態(performance status:PS)が0または1
  • 主要臓器(骨髄、心、肺、肝、腎など)に高度な障害がなく、以下の基準を満たしている
    好中球数≧1、500/mm3
    血小板数≧100、000/mm3
    ヘモグロビン≧8.0g/dL
    血清クレアチニン≦1.5mg/dL
    総ビリルビン<1.5mg/dL
    ALTおよびAST≦100U/L
  • グレード2以上の下痢、口内炎を認めない
  • 本治験登録前に試験内容の十分な説明が行われた後、自由意思により、治験の参加について文書による同意が得られている
  • 年齢:20歳以上
  • 性別:両方
対象とならない人
  • FTD/TPIの治療歴がある
  • 術後補助化学療法(術後補助化学療法の開始時期は規定しない)として2レジメン以上の治療歴がある(術前化学療法はレジメンとしてカウントしない)
  • 悪性腫瘍の既往がある(5年以上の無再発期間がある患者、またはは局所治療により治癒したと判断される皮膚の基底細胞がんまたはは有棘細胞がん、表在性膀胱がん、子宮頸がん、上皮内がんや粘膜内がん相当の病変、全身治療を必要としない非転移性前立腺がんなどがある患者は登録可能)
  • 処置を要する局所または全身性の活動性感染症がある
  • HBs抗原陽性またははHCV抗体陽性(HCV抗体陽性であっても、HCV-RNA陰性であれば登録可能)
  • HIV抗体陽性
  • コントロール不良の感染症、糖尿病がある
  • 治療を要する間質性肺疾患)の既往、またはCT上広範囲にこれらの所見が認められる
  • 消化管出血、心疾患、緑内障など重篤な合併症がある
  • ステロイド剤の継続的な全身投与(内服またはは静脈内)を受けている
  • 臨床上問題となる精神疾患により本治験の登録が困難と判断される
  • 妊娠中または授乳中の女性
  • 生殖能がある患者で、治験参加期間および避妊期間中に適切な避妊法を使用する意思がない
  • その他、担当医が本治験への登録が不適であると判断する

パフォーマンスステータス(Performance Status:PS)

パフォーマンスステータス(Performance Status:PS)は、全身状態の指標で、患者さんの日常生活の制限の程度を示します。米国の腫瘍学の団体が決めたECOG、Karnofsky、WHOなどの基準があります。

ECOG パフォーマンスステータス


PS 0全く問題なく活動できる 発病前と同じ日常生活が制限なく行える
PS 1肉体的に激しい活動は制限されるが、歩行可能で、軽作業や座っての作業は行うことができる 例:軽い家事、事務作業
PS 2歩行可能で自分の身の回りのことはすべて可能だが作業はできない 日中の50%以上はベッド外で過ごす
PS 3限られた自分の身の回りのことしかできない 日中の50%以上をベッドか椅子で過ごす
PS 4全く動けない 自分の身の回りのことは全くできない 完全にベッドか椅子で過ごす

出典:Common Toxicity Criteria Version2.0 Publish Date April 30, 1999 (JCOGホームページより引用)

Karnofsky パフォーマンスステータス


スコア患者の状態
正常の活動が可能。特別な看護が必要ない100正常。疾患に対する患者の訴えがない。臨床症状なし
90軽い臨床症状はあるが、正常活動可能
80かなり臨床症状あるが、努力して正常の活動可能
労働することは不可能。自宅で生活できて、看護はほとんど個人的な要求によるものである。様々な程度の介助を必要とする70自分自身の世話はできるが、正常の活動・労働することは不可能
60自分に必要なことはできるが、ときどき介助が必要
50病状を考慮した看護および定期的な医療行為が必要
身の回りのことを自分できない。施設あるいは病院の看護と同等の看護を必要とする。疾患が急速に進行している可能性がある40動けず、適切な医療および看護が必要
30全く動けず、入院が必要だが死はさしせまっていない
20非常に重症、入院が必要で精力的な治療が必要
10死期が切迫している
0

WHO パフォーマンスステータス


スコア患者の状態
0全く問題なく活動できる。発病前と同じ日常生活が制限無く行える
1肉体的に激しい活動は制限されるが、歩行可能で、軽作業や座っての作業は行うことができる。たとえば、軽い家事、事務など
2歩行可能で、自分の身の回りのことはすべて可能だが、作業はできない。日中の50%以上はベッド外で過ごす
3限られた身の回りのことしかできない。日中の50%以上をベッドか椅子で過ごす
4全く動けない。自分の身の回りのことは全くできない。完全にベッドか椅子で過ごす
5死亡

出典:国立がん研究センター東病院「患者さん向け治験情報」より

治験情報に関する注意点

治験は、治療を兼ねた臨床試験のことです。薬の元となる物質を動物実験などで有効性や安全性を確認した上で、ヒトに対して使用しても同様に安全で治療効果が予測されるもので行われますが、治験の時点ではまだ有効性や安全性が十分に確認できているわけではありません。有効性や安全性が科学的に証明された治療が、標準治療で、新しい治療が必ずしも最良の治療ではないということを理解してください。その一方で標準治療が確立していない、または薬の耐性ができ、効果が期待できる薬がなくなった患者さんにとって治験は新しい治療選択となる可能性もあります。

治験は「ヘルシンキ宣言」に基づく倫理的原則と、「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)」を遵守して行われています。治験実施にあたり、日本では「医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP)」という厳しいルールが定められています。これにより、治験に参加される方の利益が損なわれることがないよう、安全な手続きで治験は進められます。

治験情報を探すとき、治験を受けたいと思ったときは、まず治験とはどのようなものなのかを理解してください。
がんの治験情報をお探しの方に知ってほしい5つのこと

※多くの情報は、出典であるJAPIC-CTIUMIN-CTRに情報がある場合はそこから、転載しています。
※ここに掲載した情報は、JAPIC-CTIUMIN-CTRに登録された情報を元にし、一般の人でもわかりやすく解説しています。そのため、すべて情報を網羅しているものでも、情報に誤りがある場合もあります。

試験概要詳細

試験の名称血中循環腫瘍DNA陽性の治癒切除後結腸・直腸がん患者を対象としたFTD/TPI療法とプラセボとを比較する無作為化二重盲検第III相試験
試験の概要結腸・直腸がん患者に対し、治癒切除が施行されたのちNatera社の残存腫瘍検出用血液循環腫瘍DNA(ctDNA)検出システムSignateraTMによるモニタリングによりctDNA陽性と判定された画像上の明らかな再発のない患者を対象とする。標準治療である経過観察と比較し、トリフルリジン・チピラシル塩酸塩(FTD/TPI)による先制治療を行うことの有効性と安全性を検証する
疾患名結腸・直腸癌
試験薬剤名ロンサーフ配合錠T15・T20
用法・用量28日を1コースとして、FTD/TPIまたはプラセボを1日2回朝食後および夕食後にDay1-5及びDay8-12の5日間連続経口投与したのち2日間休薬を2回繰り返して、14日間休薬する
対照薬剤名プラセボ
用法・用量28日を1コースとして、FTD/TPIまたはプラセボを1日2回朝食後および夕食後にDay1-5及びDay8-12の5日間連続経口投与したのち2日間休薬を2回繰り返して、14日間休薬する
試験のフェーズフェーズ3/phase3
試験のデザイン本治験は治癒切除が施行された結腸・直腸がん患者に対し、ctDNA陽性と判定された患者を対象として、FTD/TPIによる先制治療を行うことの有効性と安全性を、標準治療である経過観察としてのプラセボ投与と比較し評価する、無作為化二重盲検国際共同第III相試験である
目標症例数240
適格基準
  • 病理組織学的に結腸・直腸腺がんと診断されている
  • 原発巣および転移巣に対し根治的切除*1が行われている
    *1切離端または外科剥離面に腫瘍が露出していても、腫瘍が被膜で覆われているものは根治的切除と見なす
  • 総合所見における病期がStageIII(T any N1*2/2M0)(UICC TNM分類第8版)結腸がんの場合には、標準的な術後化学療法*3が実施された既往がある
    *2N1c(UICC TNM分類第8版)も含む(漿膜下層又は腹膜被覆のない結腸もしくは直腸の周囲軟部組織内に腫瘍デポジットすなわち衛星結節があるが,領域リンパ節転移なし)
    *3最新の本邦および海外のガイドラインに記載されている治療、もしくは臨床試験のもとで実施された試験治療とする
  • 登録前2か月以内に採取した血液検体を用いたSignateraTMの解析*4においてctDNAが陽性と判定されている
    *4SignateraTMを用いた血液検体の解析は別途実施される臨床研究にて行われる(2.10.1.2参照)
  • 胸部、腹部、骨盤CT検査等にて明らかな再発が確認されていない
  • 経口摂取が可能である
  • 同意取得時年齢が20歳以上である
  • Eastern Cooperative Oncology Group(ECOG)performance status(PS)が0または1である
  • 主要臓器(骨髄、心、肺、肝、腎など)に高度な障害がなく、以下の基準を満たしている。(登録日から14日以内のデータで直近のものを登録に用いる。登録日を基準とし、2週前の同曜日は許容)
    ‐好中球数≧1,500/mm3
    ‐血小板数≧100,000/mm3
    ‐ヘモグロビン≧8.0g/dL
    ‐血清クレアチニン≦1.5mg/dL
    ‐総ビリルビン<1.5mg/dL
    ‐ALT及びAST≦100U/L
  • Common Terminology Criteria for Adverse Events(CTCAE)v5.0におけるGrade2以上の下痢、口内炎を認めない
  • 本治験登録前に試験内容の十分な説明が行われた後、自由意思により、治験の参加について文書による同意が得られている
  • 年齢:20歳以上
  • 性別:両方
除外基準
  • FTD/TPIの治療歴がある
  • 術後補助化学療法*5として2レジメン以上の治療歴がある(術前化学療法はレジメンとしてカウントしない)
    *5術後補助化学療法の開始時期は規定しない
    悪性腫瘍の既往がある*6
    *6 5年以上の無再発期間がある患者、又は局所治療により治癒したと判断される皮膚の基底細胞癌又は有棘細胞癌、表在性膀胱癌、子宮頸癌、Carcinoma in situ(上皮内癌)や粘膜内癌相当の病変、全身治療を必要としない非転移性前立腺がんなどを有する患者は登録可能とする
  • 処置を要する局所または全身性の活動性感染症を有する
  • HBs抗原陽性又はHCV抗体陽性*7である
    *7HCV抗体陽性であっても、HCV-RNA陰性であれば登録可能とする
  • HIV抗体陽性である(HIV抗体は未検でも登録は可能)
  • コントロール不良の感染症、糖尿病を有する
  • 治療を要する間質性肺疾患(間質性肺炎、肺線維症等)の既往、またはCT上広範囲にこれらの所見が認められる
  • 重篤な合併症*8を有する
    *8消化管出血,心疾患,緑内障など
  • ステロイド剤(プレドニゾロン換算で10mg/日以上かつ2週間以上の投与相当)の継続的な全身投与(内服又は静脈内)を受けている
  • 臨床上問題となる精神疾患により本治験の登録が困難と判断される
  • 妊娠中または授乳中の女性
  • 生殖能を有する患者で、治験参加期間及び避妊期間中に適切な避妊法を使用する意思がない。(4.3妊娠・避妊について参照)
  • その他、担当医が本治験への登録が不適であると判断する
主要な評価項目有効性/efficacy
主要な評価方法無病生存期間1(Disease free Survival:DFS1)
登録日を起算日とし、再発、登録日以降に初めて確認された再発以外の2次大腸がん病変の発生(粘膜内がん病変はイベントとして扱わない)、あらゆる原因による死亡をイベントとし、これらのうち最も早いイベントまでの期間とする。尚、イベントの評価は原則治験担当医判定(investigator assessment)とする
副次的な評価項目有効性/efficacy
副次的な評価方法ctDNA陰転化率
治験治療終了後直近の検査にてctDNAが陰性化した症例の割合とする
副次的な評価項目有効性/efficacy
副次的な評価方法無病生存期間2(Disease free survival2:DFS2)
登録日を起算日とし、再発、再発以外のがん病変(二次がん)、あらゆる原因による死亡をイベントとし、これらのうち最も早いイベントまでの期間とする。なお、再発と判断されていない生存例では、再発がないことが確認された最終生存日(電話による確認も可能とする。ただし診療録に記載すること。)をもって打ち切りとする。尚、イベントの評価は原則治験担当医判定(investigator assessment)とする
副次的な評価項目有効性/efficacy
副次的な評価方法全生存期間
OSの定義
登録日を起算日とし、あらゆる原因による死亡日までの期間とする。生存例では最終生存確認日(電話による確認も可能とする。ただし診療録に記載すること。)、追跡不能例では追跡不能となる以前で生存が確認された最終日をもって打ち切りとする
副次的な評価項目安全性/safety
副次的な評価方法有害事象発現割合
全治療患者を分母とし、以下の治験治療による有害事象についてそれぞれCTCAEv5.0による全コース中の最悪Gradeの頻度を求める
副次的な評価項目有効性/efficacy
副次的な評価方法治療完遂率
適格症例を対象に、症例毎に以下の式により算出する
治療完遂率(%)=最終投与コース数/6×100
副次的な評価項目安全性/safety
副次的な評価方法 QOL
QOLの評価にはEORTC QLQ C-30ならびにEQ-5D-5を用いる
予定試験期間2020年06月01日~2023/年11月30日

出典:医薬品情報データベースiyakuSearchより

閉じる閉じる
がん治験情報サービスに登録
がん治験情報サービス