相談:小細胞肺がんの初回化学療法後の治療選択は?

化学療法 副作用 治療選択

小細胞肺がんと診断されました。60代の男性で、喫煙歴ありです。6年半前に「気腫合併肺線維症」(間質性肺炎)の診断を受けているため手術や放射線療法が難しく、カルボプラチンとエトポシドによる化学療法を受けています。現在、2クール目まで投与を終えました。4クール目まで終えた後の治療法は、どのようなものが考えられるのか、教えてください。

さらに化学療法が続くことはあるのでしょうか?小細胞肺がんでも、免疫チェックポイント阻害薬の投与なども考えられるのでしょうか?

(本人、男性)

回答:小細胞肺がんに対する再発治療は、一次治療から再発までの期間により異なる

日本肺癌学会の「肺癌診療ガイドライン2021年版」によると、小細胞肺がんの治療に関するポイントは次の通りです。

進展型小細胞肺がんの初回薬物治療
進展型小細胞肺がんで全身状態が0~2、70歳以下の患者さんの一次治療は以下の通りです。...

続きを読むには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。


新規会員登録(無料)
ログイン

医師に相談したい場合、現役医師が回答する「AskDoctors(アスクドクターズ )」の利用もおすすめです。

AskDoctors