相談:後腹膜脂肪肉腫の手術後の治療はどのようなものか

治療 治験 先端医療

従兄が今年、座ると腹部に痛みを感じ下腹部が張っていたため、検査をしたところ腫瘍が見つかりました。すぐに手術を受け、腹膜の上と十二指腸に拳くらいの大きさの腫瘍が1個、小さいのが3、4個あり、十二指腸も少し切ったそうです。手術後の病理診断では、悪性腫瘍(後腹膜脂肪肉腫)でした。 現在、医師から提案されたのは化学療法で、余命は1~3年だといわれたそうです。従兄はまだ50代で、とても明るく元気な人で、人柄もよく温厚で誰からも愛されています。あと1~3年しか生きられないということは、本人も私たちもどうしても受け入れられません。新しい治療法や薬などないでしょうか。

(親戚、男性)

回答:薬物療法や放射線治療など他の治療方法を担当する医師と相談し治療計画を立てる

国立がん研究センターの希少がんセンターの情報によると、後腹膜脂肪肉腫の治療は以下の通りです。

CT・MRIなどの画像診断と病理検査により確定診断を行い治療方針を決めます。...

続きを読むには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。


新規会員登録(無料)
ログイン

医師に相談したい場合、現役医師が回答する「AskDoctors(アスクドクターズ )」の利用もおすすめです。

AskDoctors