12月イベント開催情報「がん患者が歌う 第13回合唱団いきのちから クリスマスコンサート」

認定NPO法人がんサポートコミュニティー・東京都豊島区共催

クリスマスコンサート

イベント内容
 がんサポートコミュニティーが運営する、がん経験者の合唱団「いきのちから」は12月9日、都内でクリスマスコンサートを開催します。がん経験者のメンバーが仲間と心をひとつにし、ミュージカル「CATS」や、映画「オズの魔法使い」の楽曲などを歌います。

 当日は、メンバーが自身のがん経験をもとに作詞・作曲したオリジナル曲「風に乗って」も披露予定です。これは、有志メンバーにより2012年より始まった「歌詞プロジェクト」の一環で、「がん体験者自らの思いを自分達で歌詞にして歌おう」というコンセプトのもとに作られた1曲なのだとか。ぜひ聞いていただきたい1曲となっています。

練習風景

 今回は特別に、コンサート前の練習を見学させていただきました。講師の湯川晃先生の熱心な指導に、メンバーの皆さんの表情は真剣そのもの。「歌詞を通じて、皆さんの思い伝えることを意識しましょう」と湯川先生が呼びかけると、同じ部分の練習を何度も行っていました。時には、ある患者さんから「先生、この部分はこのように歌ったらどうでしょうか?」といった質問が出ることも。コンサートに足を運んでくださる観客に「思いを伝えたい」という皆さんの真剣な思いが伝わってきました。

 練習を重ねるたびに、患者さんはとても生き生きとした表情に。時折、湯川先生のユーモアたっぷりのコメントに、会場全体が笑顔に包まれる場面もありました。練習終了後、自主練習で残る方々もいて、皆さんとても熱心に練習に励んでいました。

 いきのちからは年間を通じて活動をしており、現在はがんサポートコミュニティー年間登録料5,000円の他に半期12回分12,000円で参加可能です。2020年春からは、がんサポートコミュニティーの年間登録料無償化が予定されており、いきのちからの参加費用のみで、がんを体験された方なら誰でも参加できるとのこと。いきのちからの活動に興味のある患者さんやそのご家族の方はもちろん、そうでない方も、ぜひクリスマスコンサートに足を運んでみてはいかがでしょうか?

講師 湯川 晃氏(テノール歌手)

 「いきのちから」は、がん経験者やそのご家族が参加する合唱団です。治療を受けている方や、体調が優れない方もいらっしゃいますが、皆で一丸となり、クリスマスコンサートに向けて一生懸命練習を行っています。

 クリスマスコンサートは、今年で13回目。毎回歌唱曲の一部は、患者さんたちから「歌いたい曲」を募集して決めています。今年は、「英語の歌にもチャレンジしたい」といった声も挙がり、難易度の高い曲にも挑戦することになりました。

 私は、これまでにさまざまな合唱団を指導してきましたが、特に、いきのちからには「観客に勇気を与える力」があると感じています。それは、がんを経験した患者さんが歌う歌だからだと思います。皆さんは、がんと診断され、辛いことも沢山経験されたかもしれないですし、もしかするとがんを通じて周りの人の温かさを感じたかもしれない…そんなさまざまな経験をした患者さんの歌だからこそ、聞く人に勇気を与えるのだと思います。

 クリスマスコンサートには、ぜひ多くのがん患者さんやご家族の方に気軽にお越しいただけたら嬉しいですね。いきのちからの歌を聞いて、「がんを患っても、出来ることはいっぱいある」と感じていただけたらと思います。

開催日時
2019年12月9日(月)14:00~15:30(受付開始13:30)

開催場所
南大塚ホール
(東京都豊島区南大塚2-36-1)
JR 山手線「大塚駅南口」より徒歩5分
都電荒川線「大塚駅前」より徒歩5分
地下鉄丸ノ内線「新大塚駅」より徒歩8分

参加費
無料

定員
200名

申し込み方法
コチラから
※当日参加も可能です。

このイベントに関するお問い合わせ先

認定NPO法人がんサポートコミュニティー 外部リンク

住所
東京都港区虎ノ門三丁目10-4 虎ノ門ガーデン214 号室
連絡先
TEL 03-6809-1825(月~金 9:00~17:00)
Mail info@csc-japan.org