オプジーボ、食道がん・胃食道接合部がんの治験で良好な無病生存期間を示す

文:がん+編集部

 ニボルマブ(製品名:オプジーボ)を、切除後の食道がん・胃食道接合部がん患者さんに対する術後補助療法として評価した臨床試験で、プラセボと比較して良好な無病生存期間が認められました。

CheckMate-577試験の結果、オプジーボはプラセボに比べ無病生存期間を2倍延長

 ブリストル マイヤーズ スクイブ社は9月21日、術前補助化学放射線療法および切除後の食道がんまたは胃食道接合部がん患者さんを対象としたCheckMate-577試験の最初の結果を発表しました。

 CheckMate-577試験は、術前補助化学放射線療法を受け、病理学的に完全奏効が得られなかった切除後の食道がんまたは胃食道接合部がん患者さん794人に対し、術後補助療法としてニボルマブまたはプラセボを投与して比較した第3相臨床試験です。532人の患者さんにニボルマブ240mgを2週間間隔で16週間投与後、480mgを4週間間隔で、一方262人の患者さんはプラセボが投与されました。主要評価項目は無病生存期間、副次的評価項目は全生存期間でした。

 解析の結果、無用生存期間の中央値は、プラセボ群11か月に対し、ニボルマブ群22.4か月と2倍延長されました。安全性に関しては、これまでに認められていた安全性プロファイルと一致していました。

 ベイラー大学医学センター、Charles A. Sammonsがんセンター長のRonan J. Kelly医師は、次のように述べています。

 「食道がんまたは胃食道接合部がん患者さんの約25%~30%が、化学放射線療法および腫瘍切除後に完全奏効を達成します。一方で、完全奏効を達成しない残りの70%~75%の患者さんに対しては、現在、アウトカムを改善する可能性のある術後補助療法の選択肢がありません。CheckMate-577試験では、ニボルマブによる術後補助療法が患者さんの無病生存期間を2倍に延長し、食道がんまたは胃食道接合部がんのこれら患者さんに対する術後補助療法において初めての進展をもたらしました」