エドルミズ、がん悪液質の効能または効果で国内承認

文:がん+編集部

 アナモレリン(製品名:エドルミズ)が、がん悪液質の効能または効果で国内承認されました。

エドルミズ、がん悪液質患者さんの体重・筋肉量の増加、食欲増進作用

 小野薬品工業とスイスのHelsinn社は1月22日、アナモレリンが、「悪性腫瘍(非小細胞肺がん、胃がん、膵臓がん、大腸がん)におけるがん悪液質」の効能または効果で国内製造販売承認されたことを発表しました。今回の承認は、ONO-7643-04試験とONO-7643-05試験の結果に基づくものです。

 ONO-7643-04試験は、非小細胞肺がんのがん悪液質患者さんを対象に、アナモレリンとプラセボを比較した第2相試験です。ONO-7643-05試験は、胃がん、膵臓がん、大腸がんのがん悪液質患者さんを対象にした多施設共同非盲検非対照第3相臨床試験です。

 がんに伴うがん悪液質は、筋肉量の減少を伴う体重減少や食欲不振を特徴とし、生活の質や予後に影響をおよぼしますが、がん悪液質に対する有効な治療法は確立していません。

 今回承認されたアナモレリンは、がん悪液質の患者さんの体重や筋肉量、食欲を増加させる新規の経口グレリン様作用薬です。主に胃から分泌される「グレリン」というホルモンは、迷走神経の末端にあるグレリン受容体と結合することで食欲を増進する働きがあります。

 小野薬品工業の常務執行役員 開発本部長 出光清昭氏は、次のように述べています。

 「エドルミズが、がん悪液質の適応で承認されたことを大変嬉しく思います。この承認取得により、これまでに承認された治療法がなかったがん悪液質の患者さんに新しい有望な治療選択肢をお届けできるものと期待しています」

 また、Helsinnグループの副会長兼CEO Riccardo Braglia氏は、次のように述べています。

 「小野薬品が、本剤について日本でがん悪液質の適応の承認を取得したことを嬉しく思います。これは、依然として十分な治療を受けられないがん悪液質の患者さんの生活の質の改善に向けた重要なマイルストンです」