テセントリク、早期非小細胞肺がんを対象とした第3相臨床試験で無病生存期間を延長

文:がん+編集部

 早期非小細胞肺がん患者さんを対象に、アテゾリズマブ(製品名:テセントリク)と支持療法を比較した第3相試験で、無病生存期間の改善が認められました。

PD-L1陽性患者さんでは、より優れた無病生存期間の改善を示す

 ロシュ社は3月22日、アテゾリズマブと支持療法を比較したIMpower010試験の中間解析で、主要評価項目である無病生存期間の延長を達成したことを発表しました。

 IMpower010試験は、ステージ1B~3Aで手術後に化学療法を受けた非小細胞肺がん患者さん1,005人を対象に、術後補助療法としてアテゾリズマブと支持療法を比較して、有効性と安全性を評価した多施設共同非盲検無作為化グローバル第3相臨床試験です。主要評価項目はステージ2~3AのPD-L1陽性患者さんと同ステージの全患者さん、およびステージ1B~3AのITT集団に対する無病生存期間でした。主な副次的評価項目はステージ1B~3AのITT集団に対する全生存期間が含まれていました。

 中間解析の結果、ステージ2~3Aの全患者さんで、統計学的有意な無病生存期間の改善が示され、PD-L1陽性の患者さんではより優れた改善が認められました。ITT集団に対する無病生存期間および全生存期間は中間解析時点では未達でしたが、計画されている次回の解析時まで継続されます。安全性に関しては、これまでに認められている安全性プロファイルと一致しており、新たな安全性シグナルは確認されませんでした。

※ITT(intention to treat)解析:臨床試験中に、治療から脱落した患者さんも含めて解析する方法。