オンラインセミナー「知ってほしい 耳・鼻・喉(のど)・口・舌のがんのこと」、7月27日「頭頸部がんの日」に開催

文:がん+編集部

 楽天メディカルジャパンが、「頭頸部がんの日」にオンライン市民公開講座「知ってほしい 耳・鼻・喉(のど)・口・舌のがんのこと」を開催。頭頸部がんに対する標準治療・最前線の治療についてのわかりやすい講演と質疑応答が行われました。

頭頸部がんの標準治療からイルミノックス治療/BNCTなど最新治療まで

 楽天メディカルジャパンは7月27日、「頭頸部がんの日」に患者さんやそのご家族に頭頸部がんやその治療法などを正しく知ってもらうことを目的に、オンライン市民公開講座「知ってほしい 耳・鼻・喉(のど)・口・舌のがんのこと」を開催。神戸大学医学部付属病院 耳鼻咽喉・頭頸部外科 教授・診療科長/日本頭頸部癌学会 理事長の丹生 健一先生が、頭頸部がんに対する標準治療・最前線の治療についてわかりやすく説明、質疑応答も行われました。

講演:頭頸部がんについて知ろう

 丹生 健一先生の講演は、「頭頸部がんの基本」「治療最前線をしっかり学ぼう」「治療を受けるには」の3部構成で行われました。

 頭頸部がんは、頭から鎖骨までの範囲で、鼻、口、のどに発生するがんで、舌がん、咽頭がん、喉頭がんなどさまざまな種類があります。頭頸部には、呼吸や食事など生きるうえで必要な機能や、発声、味覚、聴覚など日常生活に重要な機能が集中していため、これらに障害が起きると生活の質(QOL)に影響が及びます。そのため、根治性とQOLのバランスを保った治療法が必要とされています。

 頭頸部がんの主な治療法は、外科手術、放射線治療、薬物治療の3つです。外科手術は、がん細胞を全部取り切ることを目指す治療で、放射線治療は、がんを縮小・消失させることで、痛みや症状を和らげる治療で、化学療法と同時に行われることが多くあります。薬物治療は、化学療法、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬などの薬剤を使った治療です。いずれも、頭頸部がんに対する治療として厚生労働省が承認したもので、科学的根拠に基づいた最も推奨される標準治療です。

 頭頸部がんに対する治療法で最近注目されているのは、陽子線や重粒子線を使った「粒子線治療」、中性子とその増感効果があるホウ素との反応を利用してがん細胞だけを選択的に破壊する次世代の放射線治療といわれる「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」です。さらに、2020年9月に承認されたイルミノックス治療(光免疫療法)は、セツキシマブ サロタロカン(製品名:アキャルックス)と医療機器レーザ装置(BioBladeレーザシステム)を組み合わせた新しい治療として注目されています。セツキシマブ サロタロカンは、がん細胞に発現している「EGFR」というタンパク質に結合する抗体に、特定の光に反応する光感受性物質「IR700」を付加した薬剤です。セツキシマブ サロタロカンを患者さんに投与した後、レーザ装置で非熱性赤色光を照射します。光感受性物質が、非熱性赤色光と反応してがん細胞を破壊する治療です。

頭頸部がんに関する質疑応答

 市民公開講座の後半では、事前に寄せられた質問に、丹生 健一先生が回答しました。

複数ある治療の選び方と副作用の少ない治療は?

 「まずは、主治医の先生に相談してください。主治医や家族と相談しながら生活への影響を含め、がんの種類、病期、年齢、持病、社会的背景など考慮して治療選択が行われます。手術、放射線治療、化学療法など標準治療が最も推奨される治療です。BNCTやイルミノックス治療など新しい治療は、厚生労働省から承認されていますが、標準治療と比べてデータが少ないという現状があります。保険適用外の民間療法は、厚生労働省から承認を得ていない治療です。標準治療から最新治療まで、まったく副作用がない治療法はありません。がんが発生した部位や大きさ、進行度によって個人差があります」

イルミノックス治療が受けられる施設は?

 「イルミノックス治療を行える医師や施設は徐々に増えています。治療を受けられる施設は、楽天メディカルの患者さん向けページで確認してください。インターネットの検索結果で、「光免疫療法」を標榜している施設がありますが、イルミノックス治療はクリニックでは実施できないので注意してください。イルミノックス治療は保険適用されているので、自費診療で行っている施設は、本来のイルミノックス治療を実施している施設ではありません」

肝臓がんでもイルミノックス治療は受けられる?

 「イルミノックス治療の適応は、頭頸部がんだけです。適応となる患者さんの条件も決められており、条件を満たさなければ、治療を受けることはできません。頭頸部がん以外のがんに対して、開発は進められていますが、医薬品や医療機器の開発など、乗り越えなければならない課題があります」

頭頸部がんならステージにかかわらずイルミノックス治療は受けられる?

 「適応条件にステージはありませんが、「切除不能な局所進行または局所再発の頭頸部がん」が適応条件です。手術や放射線治療など標準的治療が適さない、または標準治療後の患者さんが対象です。イルミノックス治療は効果が大きいため腫瘍が急激に縮小します。そのため大きな血管に腫瘍が浸潤している場合も適応となりません。手術可能な患者さんでは、まず手術が検討され、化学放射線療法が向いている患者さんでは、化学放射線療法が優先されます」