「ポライビー+R-CHOP」併用療法、R-CHOP療法と比較して無増悪生存期間を有意に改善

文:がん+編集部

 「ポラツズマブ ベドチン(製品名:ポライビー)+R-CHOP」併用療法による、未治療のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫を対象としたPOLARIX試験で、標準治療と比較して無増悪生存期間の延長が認められました。

「ポライビー+R-CHOP」、未治療のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の新たな治療選択として期待

 ロシュ社は8月9日、未治療のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫を対象に、「ポラツズマブ ベドチン+R-CHOP」併用療法と標準治療を比較したPOLARIX試験の結果を発表しました。

 POLARIX試験は、未治療のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者さん879人を対象に、R-CHOP療法(リツキシマブ+シクロホスファミド+ドキソルビシン+プレドニゾロン)にポラツズマブ ベドチンを追加した併用療法と「プラセボ+R-CHOP」を比較した第3相試験です。主要評価項目は無増悪生存期間、主な副次的評価項目 は完全奏効率、無イベント生存期間、全生存期間などでした。

 解析の結果、主要評価項目の無増悪生存期間が、統計学的有意にかつ臨床的に意義のある延長を示しました。安全性に関しては、これまでの報告された安全性プロファイルと一致していました。

 ポラツズマブ ベドチンは、がん細胞に発現しているCD79bタンパク質と結合することで、正常細胞への影響を抑えながら抗がん成分を選択的に届ける抗体薬物複合体です。「ポラツズマブ ベドチン+R-CHOP」併用療法は、未治療のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の新たな治療選択として期待されます。