マイクロ波凝固壊死療法は「理にかなった治療」高見裕子先生インタビュー

(名医が語る最新・最良の治療 肝臓がん 2012年12月25日初版発行)

肝機能が悪くても受けられるマイクロ波凝固壊死療法。一人でも多くの患者さんがこの治療を受けられるようにしたい。

高見裕子先生

 肝臓がん治療を行えるかどうか、その大きな障害となるのが、肝機能です。どんなにがんが小さくても、肝機能が悪いために治療を断念せざるをえないことも少なくありません。高見裕子先生は「そんな患者さんのためにあるのがマイクロ波凝固壊死療法」と明言します。高見先生の、この治療にかける情熱は並々ならぬもの。研修医時代、指導担当教授から「才津先生の肝臓(の治療)をよく見て来なさい」と派遣された病院で目にした才津秀樹先生(現・国立病院機構九州医療センター肝臓・胆道・膵臓外科・医療管理企画運営部長)のマイクロ波凝固壊死療法の技術と治療成績に驚きます。「これなら治療をあきらめていた患者さんも救える!」と決心。当時、在籍していた医局の教授、周囲の反対を押し切って飛び出し、才津門下生の一人になります。
 今では、その才津先生も高見先生の腕に太鼓判を押します。マイクロ波凝固壊死療法の名手として、多くの手術で執刀医を務めます。  「この治療の考え方は手術と同じです。がんをくり抜くように焼くので、肝切除のように肝臓を大きく切らなくても済みます。また、単にがんの中心に針を刺して焼くのではなくて、周囲の組織やがんに栄養を送る血管から焼いていくので、播種(がん細胞が散らばる)の危険性が低い」。これこそ「理にかなった治療」と胸を張ります。
 だからこそ歯がゆいのは、現在のわが国の肝臓がん治療における、マイクロ波凝固壊死療法の位置づけ、扱われ方です。国立病院機構九州医療センターでは多くの肝機能の悪い患者さんが治療を受け、元気で退院していくのにもかかわらず、一部の心ない人から、「焼き肉療法」と揶揄(やゆ)されたことも。「肝切除をするだけの技術がないから焼いているんだろう、といわれたこともあります。悔しいですよね」
 そんな逆境を力に変える粘り強さが、高見先生の真骨頂(しんこっちょう)でもあります。外科医としての技術の高さを証明するため、「肝胆膵外科高度技能専門医」を取得。これは肝胆膵外科における高度の技能を有する医師を認定する日本初の資格で、初年度の合格者はたった12人。そのなかの一人が高見先生でした。「そのとき、外科医にとってとても大切なハサミを、飛び出してきた医局の教授からいただいたんです。ああ、これで恩師でもある教授から認めていただけた、と思いました」
 外科医でありながら患者さんとのつきあいが長くなるのが肝臓病の特徴と高見先生はいいます。いちばんつきあいが古い患者さんは、高見先生が研修医のときから。「2~3カ月に1回、外来のたびに顔を合わせます。正月くらいしか会わない実家の両親よりも会っていることになりますね。もう、どの患者さんも家族のように大事な存在です」
 周囲から「趣味は病棟でしょう」といわれるほど、患者さんを診(み)ている時間が長い高見先生。平日はほぼ毎日、深夜12時まで病院にいて、土日は病棟に顔を出すという日々がずっと続いています。「確かに、趣味は病棟かもしれません。逆に自宅にいる時間ができると、何をしていいかわからない」と笑います。
 最近の肝臓がん患者さんを診察していて思うのは、みなさん勉強熱心ということ。「当センターでは肝臓病教室を開いていることもあって、病気のことや治療のことをとてもよく知っていますね。インターネットでもいろいろ調べているようです。ただ、ネットの情報は玉石混交。有効な医療と代替療法のようなものの情報が同じ質と量で入ってきてしまって、患者さんも混乱しています。私たちが順位づけ、知識の整理をしてあげないと」
 マイクロ波凝固壊死療法の開拓者、才津先生の跡を継ぐ者としての自覚が、熱い言葉に。「この治療は海外も注目しはじめています。しかし、日本で行っている施設はほとんどありません。将来一人でも多くの患者さんがこの治療を受けられるよう、普及させていきたいと思っています」

高見裕子(たかみ・ゆうこ)先生

高見裕子先生

国立病院機構九州医療センター 肝臓・胆道・膵臓外科科長 1965年愛媛県生まれ。88年九州大学薬学部卒業後、薬剤師として病院勤務。のちに医学部に進み、96年長崎大学医学部卒。同大第2外科、九州医療センター外科で研修。長崎県立島原温泉病院、長崎労災病院、国立療養所村山病院を経て、2002年より九州医療センター肝臓病センター外科勤務、現在に至る。