「『この医者に会えてよかった』と思ってもらえるように全力を尽くす」寺地敏郎先生インタビュー

(名医が語る最新・最良の治療 前立腺がん 2011年7月24日初版発行)

手術翌日に、患者さんがニコニコしながら歩いているという感動。それが普及に挑むきっかけでした。

寺地敏郎

 寺地先生が泌尿器科を志したのは、早く手術をしたかったからだといいます。
 「外科系の魅力は、手術によって患者さんを治しているという実感が得られるところ。当時は消化器外科は人気が高く、若手には手術の機会が少なかったので、たくさん手術ができそうな泌尿器科を選びました」
 寺地先生がいちばん初めに腹腔鏡手術を手がけたのは1991年のことです。腎臓を取る手術でした。翌1992年には副腎を取る手術をしました。
 「今では1時間もかかりませんが、このときは4時間半かかりました。でも、手術を受けた患者さんは、翌日からニコニコ笑いながら病院の廊下を歩いていました。その姿を見たときの感動は、今でも忘れられません。腹腔鏡手術は患者さんにとって大きなメリットがあるのだと実感しました。それまで副腎を取る手術といえば、おなかを30cmくらい切っていたので、患者さんが翌日から歩くなど想像もできないことだったのです。なんとしても術式を確立し、腹腔鏡手術を日本で普及させたいと思いました」
 そんななか1998年にフランスで、腹腔鏡を使った前立腺がんの全摘除術が確立されたというニュースを知り、寺地先生は日本での第一例に挑戦することになります。
 「ビデオでしか見たことがありませんでしたから、全国から腹腔鏡手術を行っている先生や開腹手術で前立腺がんの治療をしている先生など12人に集まっていただき、みなさんに見てもらいながら、慎重に手術に臨みました。12時間がかりでしたね」
 2000年になり、寺地先生はフランスに飛び、前立腺がんの腹腔鏡手術を確立した先達の手術を見学したそうです。帰国後、京都大学から移った天理よろづ相談所病院で、本格的に前立腺がんの腹腔鏡手術を手がけることになりました。
 「帰国後の2例目では、手術時間を6時間に短縮することができ、2000年7月ごろからは、現在と同じ3時間でできるようになりました」
 腹腔鏡手術を安全確実に行うには医師の技術が問われます。寺地先生も後進の育成に力を入れており、若い医師に多くの経験を積ませることに尽力しています。
 前立腺がんにはさまざまな治療法がありますが、寺地先生が診察するのは前立腺がんの患者さんだけではありません。なかには治療法の確立していない病気の人もいます。
 「厳しい状況でも、患者さんに、『この医者に会えてよかった』と思ってもらえるように全力を尽くす。そういう医者でありたいと思っています」
 一方で、寺地先生は「日本人は自分なりの死生観をもつべきだ」とも指摘します。
 「哲学や宗教を学び、死生観をもつことが、よりよく生きることにつながります。誰でも最後は死ぬわけですから、一人ひとり心構えをもつことは大切ですね」
 多くの患者さんの生死を見つめてきただけに、重い響きがあります。
 ところで、寺地先生の教授室にはダンベルが置いてあります。手術をする医師は体力が必要だという信念から、暇を見つけては鍛えているといいます。2007年9月には、3時間51分31秒のタイムでホノルルマラソンを完走。死生観を語る哲人にして、体力面でも鉄人です。
 「前立腺がんはさまざまな治療法があるので、セカンドオピニオンを聞くのもよいでしょう。ただし、まず目の前にいる医師を信頼して、よく話を聞いてみることも大切です。患者さんから信頼されれば、医師も一生懸命応(こた)えようとするものですよ」

寺地敏郎(てらち・としろう)先生

寺地敏郎

東海大学医学部外科学系 泌尿器科教授
1952年岡山県生まれ。京都大学医学部卒。倉敷中央病院に勤務後、99年京都大学大学院医学研究科泌尿器病態学教授として、日本で初めて前立腺がんの腹腔鏡手術を手がけた。その後、天理よろづ相談所病院泌尿器科部長を経て、2002年から現職。腹腔鏡手術のスペシャリストとして知られる。

がん相談窓口

がん患者さん、そのご家族のための相談窓口です。がんについての疑問やお悩みについて、気軽にご相談ください。

  • どんな治療があるのか知りたい
  • セカンドオピニオンって何?
  • 仕事は続けても大丈夫?  …など
相談はこちらから