「特殊な治療をしている以上、治療後の患者さんの経過には、私たちが責任をもつ必要がある」村山重行先生インタビュー

(名医が語る最新・最良の治療 前立腺がん 2011年7月24日初版発行)

実施施設が限られた治療なので治療後の患者さんの経過には責任をもたなければなりません。

村山重行先生

 村山先生は医学部に進む前に東京大学理学部を卒業しています。初めはのちにノーベル物理学賞を受賞することになる小柴昌俊先生の研究室に進もうと考えたこともありました。
 一方、物理学を医学に生かす分野にも関心があったといいます。
 「高校のころ、読売新聞が湯川秀樹博士の発見した中間子をがん治療に使う研究を応援していました。それを見て異質な分野の融合のようなものに魅力を感じ、医学部へ行こうと決めたのです」
 そこで学士の編入に力を入れていた大阪大学医学部に進みました。そして、医学部に進んだ時点で物理学と縁が深い放射線療法を専門分野にしようと決めていたそうです。
 医学部を卒業したあと、筑波大学の大学院に国内留学の形で在籍し、筑波研究学園都市にある高エネルギー物理学研究所で陽子線について学びました。その後、放射線医学総合研究所、国立がんセンター中央病院などで陽子線治療に携わり、2002年、オープンと同時に静岡県立静岡がんセンターの陽子線治療科にやってきました。
 「陽子線治療を手がけている施設のなかには、患者さんを紹介してもらって、陽子線治療だけを行っているところもあります。もちろんそれでも治療はできるのですが、私どもの科では、もともと病気をみている治療科との連携を大切にしています。前立腺がんでいえば、泌尿器科との連携です。陽子線治療だけがすぐれているわけではなくて、患者さんによっては手術療法のほうが適していることもあります。泌尿器科と合同カンファレンスを開き、複数の専門家の目で患者さん一人ひとりの病状を見つめ直すことに力を入れています」
 体にメスを入れずにがんを治すことができ、合併症(副作用)も少ないのが陽子線治療です。理想的ともいえる治療ではありますが、リスクがまったくないわけではありません。
 「残念ながら、合併症がまったくないというわけではありません。そこはていねいに患者さんに説明するようにしています。誤解があるといけませんからね。前立腺がんで陽子線治療を希望される患者さんは、非常に几帳面(きちょうめん)な方が多いという印象があります。陽子線治療について、ものすごくよく勉強されていますね」
 少しでもわからないことがあると、そのままにしないで、何度も質問をする患者さんもいます。
 「前立腺がんの患者さんは、確かに細かい質問をなさることもありますが、こちらがていねいに理にかなった説明をすると、なるほどと納得する、理解力のある方が多いという印象です」
 先生の手帳には、開院してからこれまで陽子線治療を受けた患者さんのPSA値の推移が、小さな文字でびっしりと書き込まれていました。PSA値の推移は、泌尿器科医に任せておいてもよさそうなものですが、そこに、村山先生の医師としての信念があるようです。
 「陽子線治療ができる施設はまだ限られており、費用も決して安くはありません。そういう特殊な治療をしている以上、治療後の患者さんの経過には、私たちが責任をもつ必要があると思うのです」
 静岡県立静岡がんセンターで陽子線治療を始めたのは2003年のこと。治療後10年のデータを整理して示すのが、村山先生の目下の目標になっています。
 「泌尿器科の先生からは、手術と同等以上の結果が出るのではないか、といっていただいています。よい成績を示せるのではないでしょうか」

村山重行(むらやま・しげゆき)先生

村山重行先生

静岡県立静岡がんセンター 陽子線治療科部長
1958年生まれ。東京大学理学部物理学科卒。大阪大学医学部卒。放射線医学総合研究所病院部、大阪大学医学部放射線医学教室、国立がんセンター中央病院放射線治療部を経て、2002年から現職。陽子線治療のスペシャリストとして活躍中。

がん相談窓口

がん患者さん、そのご家族のための相談窓口です。がんについての疑問やお悩みについて、気軽にご相談ください。

  • どんな治療があるのか知りたい
  • セカンドオピニオンって何?
  • 仕事は続けても大丈夫?  …など
相談はこちらから