食道がんの検査・診断

食道がんの疑いが…となったら、どんな検査を受け診断が行われるのか、ステージ分類や治療選択を含めて紹介します。

食道がんの検査

早期の食道がんは自覚症状があまりないため、検診などで発見されることも多くあります。食道がんの疑いがあるときは、食道がんと確定するための検査が行われます。食道がんと確定診断されたら、ステージ分類をするための検査が行われ、治療方針が決定されます。

食道がんと確定診断するための検査には、食道内視鏡検査と上部消化管造影検査の2つがあります。治療方針を決めるために、頸部、胸部、腹部のCT検査、PET検査なども行われます。

食道内視鏡検査

直接食道内部を観察し、病変の場所や範囲(広がり)、深達度(深さ)を調べます。内視鏡検査で病変が確認されたら、異常な組織は採取され、顕微鏡などを用いてがん細胞の有無を調べるための生検が行われます。

上部消化管造影検査

バリウムを飲み、食道をバリウムが通過する際にX線で撮影することで、食道の状態を調べる検査です。がんが疑われる場所や大きさ、食道の狭窄などを確認するために行われます。

超音波内視鏡検査

超音波内視鏡検査は、超音波を使い体の内側から行う検査です。内視鏡の先端についた超小型カメラと超音波を発信する装置を使い、食道の内部から超音波を発信して周囲を画像化します。がんの深達度、周囲臓器への浸潤、リンパ節への転移などを調べます。

CT/MRI検査

CT検査は、造影剤を使ったX線による画像検査で、MRI検査は、磁気を使った画像検査です。腫瘍の大きさや広がりだけでなく、リンパ節、肺、肝臓などの転移を調べます。ステージ分類を行うために最も重要な検査です。

PET検査

PET検査は、がん細胞に取り込まれる造影剤を使って、がんの広がりを調べる検査です。リンパ節や遠隔転移、再発や治療効果を調べるために行われることがあります。

腫瘍マーカー

食道がんの腫瘍マーカーには、「SCC」と「CEA」の2つがあります。SCCは扁平上皮がんに関連したマーカーで、CEAは腺がんに関連したマーカーです。

食道がんのステージ別検査

ステージ0と1の患者さんの治療方針を決定するためには、第一に内視鏡検査、頸部・胸部・腹部CT、PET検査などが行われます。次に内視鏡的切除術、手術、化学放射線治療から治療選択を行うために、深達度の評価が行われます。

内視鏡的切除術の適応と考えられる患者さんに対しては、治療前に内視鏡検査で周在性(食道を輪切りにした場合に病変が占める範囲)が評価されます。

内視鏡的切除術が行われた患者さんでは、追加治療が必要かどうかを決めるために食道壁のどこ(粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板、粘膜下層)まで浸潤していたかを評価するために、超音波内視鏡もしくは拡大内視鏡による検査が考慮されます(深達度は、図「深達度によるT分類」を参照)。

ステージ2、3、4の患者さんの治療方針を決定するためには、CT検査、上部消化管内視鏡検査、PET検査などを行った上で、全身状態を評価し治療に耐えられるかどうかが判断されます。

食道がんのステージ分類

食道がんのステージは、病変の大きさや浸潤の程度(T分類)、リンパ節への転移(N分類)、遠隔部位への転移(M分類)を総合的に判断して決定されます。

  • T:病変の大きさや浸潤の程度
  • N:病変周辺にあるリンパ節への転移
  • M:遠隔部位への転移の有無

ステージは、0~4に分類され、ステージ4はaとbに分類されます。

深達度によるT分類
深達度によるT分類

T分類

T1aがんが粘膜内にとどまる
T1bがんが粘膜下層にとどまる
T2がんが固有筋層にとどまる
T3がんが食道外膜に広がっている
T4aがんが食道周囲の組織まで広がっているが、切除できる(胸膜、心膜、横隔膜)
T4bがんが食道周囲の組織まで広がっていて、切除できない(大動脈、気管、気管支など)

出典:日本食道学会編「臨床・病理 食道がん取扱い規約第11版より作成.

N分類

N0リンパ節転移なし
N1第1群リンパ節にのみ転移あり
N2第2群リンパ節にのみ転移あり
N3第3群リンパ節にのみ転移あり
N4第4群リンパ節にのみ転移あり

※第1群~第4群リンパ節は、食道がんの発生部位に応じて、転移しやすい順で分類されます。
出典:日本食道学会編「臨床・病理 食道がん取扱い規約第11版より作成.

M分類

M0遠隔転移なし
M1遠隔転移あり

出典:日本食道学会編「臨床・病理 食道がん取扱い規約第11版より作成.

ステージ分類

N0N1N2N3N4N5
T0、T1a02234a4b
T1b12234a4b
T222334a4b
T323334a4b
T4a33334a4b
T4b4a4a4a4a4a4b

出典:日本食道学会編「臨床・病理 食道がん取扱い規約第11版より作成.

食道がんの治療選択

食道がんの治療方針は、ステージ分類によって決定されます。

ステージ0、1の治療選択

病変が粘膜上皮や軟膜固有層にとどまり(T0、T1a)リンパ節や遠隔転移がないステージ0では、体への負担が少ない内視鏡的切除術が適応となります。内視鏡的切除術が適応となる場合は、治療前に内視鏡検査で周在性(食道を輪切りにした場合に病変が占める範囲)が評価されます。病変の広がりが4分の3周未満の場合は、「内視鏡的切除術」が選択されます。4分の3周以上に広がっている場合は、食道の狭窄が内視鏡的切除術の治療後に起こる可能性があるため、予防治療が追加されます。狭窄予防の治療では、拡張バルーンという処置具で、狭窄部位を内側から押し広げる「予防的バルーン拡張術」「ステロイド局注」「ステロイド内服」のいずれかが推奨されています。また、「化学放射線治療」「手術」「放射線治療」が選択される場合もあります。

同じステージ0でも、粘膜筋板まで浸潤している場合は、全身状態により手術ができるかどうかが判断されます。手術可能なら、「内視鏡的切除」「外科手術」もしくは、手術以外の方法として「化学放射線治療」のいずれかが選択されます。手術不可と判断された場合は、「内視鏡的切除」「化学放射線治療」「放射線治療」のいずれかが選択されます。

病変が粘膜下層にとどまり(T1b)リンパ節や遠隔転移がないステージ1では、全身状態により手術できるかどうかが判断されます。手術可能なら、「外科手術」「化学放射線治療」のいずれかが選択されます。手術不可と判断された場合は、「化学放射線治療」「放射線治療」のいずれかが選択されます。いずれの場合も、手術を行わない場合は、化学放射線治療が強く推奨されています。

深達度によるT分類
出典:日本食道学会編 臨床・病理 食道癌取扱い規約2015年10月 第11版.食道表在癌の壁深達度亜分類より作成

ステージ2、3の治療選択

ステージ2と3では、まず全身状態の評価により手術できるかどうかが判断されます。手術が可能な場合は、第一選択として術前化学療法を行った後、根治切除手術が行われます。根治切除や化学放射線治療も選択肢の1つですが、術前化学療法を行わず手術を先行した場合は、切除した組織を調べ術後化学療法が考慮されます。手術ができない場合は50Gy以上の線量による根治的化学放射線治療が考慮され、完全奏効が得られれば経過観察となります。がん細胞が残ってしまった場合や再発が起こった場合は、救済治療として外科的切除が検討されます。腎機能低下や高齢などのため、手術も化学放射線治療もできない場合は、「放射線治療」「化学療法」「緩和的対症療法」「姑息的な化学療法」が考慮されます。

※根治を目的とせず、症状の軽減や痛みを緩和する目的で行われる化学療法。

食道がんのステージ4の治療選択

ステージ4では、全身状態の評価が重要となります。全身状態が良好でステージ4aと診断された場合は、根治が期待できる治療法として化学放射線治療が選択肢の1つとなります。化学放射線治療後に残ったがん細胞を切除する手術を行うと、手術に関連した死亡の可能性もあるため慎重に判断されます。

遠隔転移のあるステージ4bでは、化学療法が選択されます。食道が病変で狭くなり飲食に問題がある場合は、緩和的な放射線治療も考慮されます。

全身状態が不良と判断された場合は、緩和的対症療法が選択されますが、ステージ4aの場合は、放射線治療が嚥下障害の改善に有効なため、治療選択の1つとされます。

食道がんのステージ0の治療選択
深達度によるT分類
※1:粘膜上皮にとどまるものをEP、粘膜固有層にとどまるものをLPM
※2:粘膜筋板にとどまるものをMM
出典:日本食道学会編 食道癌診療ガイドライン2017年版.cStage 0,Ⅰ食道癌治療のアルゴリズムより作成
食道がんのステージ1の治療選択
深達度によるT分類
出典:日本食道学会編 食道癌診療ガイドライン2017年版.cStage 0,Ⅰ食道癌治療のアルゴリズムより作成
食道がんのステージ2、3の治療選択
深達度によるT分類
出典:日本食道学会編 食道癌診療ガイドライン2017年版. cStage Ⅱ,Ⅲ食道癌治療のアルゴリズムより作成
食道がんのステージ4aの治療選択
深達度によるT分類
出典:日本食道学会編 食道癌診療ガイドライン2017年版. cStageⅣ食道癌治療のアルゴリズムより作成
食道がんのステージ4bの治療選択
深達度によるT分類
出典:日本食道学会編 食道癌診療ガイドライン2017年版. cStageⅣ食道癌治療のアルゴリズムより作成

参考文献
日本食道学会編 臨床・病理 食道がん取扱い規約第11版.金原出版
日本食道学会編 食道癌診療ガイドライン2017年版.金原出版

最新のがん医療情報をお届けします。

無料で 会員登録
会員の方はこちら ログイン