相談:再発肺がんに対して、オプジーボと併用できる治療薬はありますか?

再発 化学療法 転移

3年前の春に、扁平上皮がんが肺に見つかり、放射線治療、抗がん剤治療を受けました。その夏の検査でかなり縮小したことが確認されました。

2年前の春、肝臓に転移が見つかり、夏まで抗がん剤治療を受けましたが、CEA(腫瘍マーカー)が939まで上昇。秋にオプジーボによる治療を開始しました。半年後には肝臓にはがん細胞はほとんどなくなり、CEAも10~15で推移していました。

ところが昨年の秋、心タンポナーデになり手術。その際の細胞検査で、抗がん剤が効きにくい体質とわかりました。その後は、CEA17~21で推移。さらに今年に入り、縦隔部分のがん細胞が徐々に大きくなりはじめ、夏前には3cmになりました。肺に転移が見られたため、オプジーボの治療が中止されました。

抗がん剤のほかに別の免疫療法も勧められましたが、オプジーボが肝臓への転移巣に効いているので、オプジーボと併用できる治療はないのかを知りたいです。

(本人、女性)

回答:非小細胞肺がんに対し、現在3つのオプジーボ併用療法が承認

オプジーボの添付文書(医薬品に添付されている、使用上の注意や用法・用量、服用した際の効能、副作用などを記載した書面)からポイントをご案内します。

オプジーボの非小細胞肺がんに対する効能・効果は、「切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」です。...

続きを読むには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。


新規会員登録(無料)
ログイン

医師に相談したい場合、現役医師が回答する「AskDoctors(アスクドクターズ )」の利用もおすすめです。

AskDoctors