相談:濾胞性リンパ腫に対する治療選択、痛みに対する対処法は?

治療 生活 治療選択

濾胞性リンパ腫の低悪性度、ステージ4と診断されました。担当医からはリツキサン+ガザイバ+トレアキシン併用療法による治療を提案されています。骨髄に病変と痛みを伴う脾臓の腫れがあります。セカンドオピニオンを希望しているため、治療開始まで時間がかかります。ステージ4の濾胞性リンパ腫に対する治療選択と、痛みを伴った場合の対処法、日常生活で気をつけることなど教えてください。

(本人、女性)

回答:疼痛治療を安全かつ適切に、維持には定期的に評価が必要

濾胞性リンパ腫に関して、がんプラスに掲載されている記事から、ポイントをご案内します。

初発濾胞性リンパ腫の治療選択
・ステージ4の進行期で腫瘍量が少ない患者さんでは、無治療経過観察、もしくはリツキシマブ単剤療法が選択されます
・腫瘍量が多い場合は、リツキシマブまたはオビヌツズマブを併用した化学療法が推奨されます

推奨される主な治療法は、以下の通りです。...

続きを読むには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。


新規会員登録(無料)
ログイン

医師に相談したい場合、現役医師が回答する「AskDoctors(アスクドクターズ )」の利用もおすすめです。

AskDoctors