相談:父のがんの病態を正確に把握したい、医師に何を聞けば良いでしょうか

ステージ(病期) 治療選択

離れて暮らす父に前立腺がんが見つかり、これまでにホルモン療法を受けました。来月から放射線治療を受ける予定です。医師の説明を録音したものを聞いたのですが、PSA値や治療方針などは理解できたのですが、具体的に父の現段階での病態が理解できませんでした。

頑固な父で、私には付き添われたくないようで、次回の診察時に、娘からの質問としてメモを持たせようと思うのですが、下記のような書き方で良いでしょうか?

(1)がんの進行度(ステージ)は?
(2)グリソンスコアは?
(3)リスク分類は?
(4)「限局性」「局所進行」「転移性」のどの状態ですか?

(家族、女性)

回答:がんの進行度とリスク分類により病態は把握可能

前立腺がんの治療に関して、がんプラスに掲載されている記事から、ポイントをご案内します。

前立腺がんの診断
・前立腺がんは、がんの広がり方によって、限局性、局所進行、転移性に分類されます
・限局性は、前立腺内にとどまっているがんで、局所進行は前立腺の被膜を超え、周囲の組織や隣接する臓器に広がっているがんです
・転移性は、リンパ節や遠隔臓器、骨などへ転移しているがんです
・前立腺がんの治療選択は、転移があるかないかで大きく異なります
・転移がない前立腺がんは、PSA値、グリソンスコア、T分類により、低・中・高の3つのリスクに分類されます

TNM分類
・がんのステージ分類は、TNM分類により決定されます

T:病変の大きさや浸潤の程度
N:病変周辺にあるリンパ節への転移
M:遠隔部位への転移の有無

・ステージは、1~4に分類されます

・T分類で、T1とT2と判定されたものが限局性です
・T分類で、T3とT4と判定されたものが局所進行です
・遠隔部位への転移があった場合が転移性です

グリソンスコア
・グリソンスコアは、生検で採取したがん細胞の組織を調べ、悪性度を点数化したものです
・正常な細胞とがん細胞の組織を比べ、正常組織に近い場合は1点、正常組織と異なる度合いが大きくなるほど、2点、3点と増え、最も異なる場合を5点として悪性度が点数化されます
・比べる組織は、採取した組織の中で、もっとも量が多い組織と2番目に多い組織を調べ、その点数を合計したものがグリソンスコアです

リスク分類
・リスク分類は、PSA、グリソンスコア、T分類の3つの要素を総合的に考慮して行われ、低リスク、中リスク、高リスクに分類されます
・低リスクは、PSA値が10ng/ml未満、グリソンスコア6以下、T分類T1かT2aの場合です
・高リスクは、PSA値20ng/ml以上、グリソンスコア8~10、T分類T3~T4の場合です・中リスクは、低リスクにも高リスクにも当てはまらない場合です

最後に、ご質問の内容に戻りますと、治療方針の判断などのため、現状の病態を把握するには、以下の2つを知ることが必要となります。...

続きを読むには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。


新規会員登録(無料)
ログイン

医師に相談したい場合、現役医師が回答する「AskDoctors(アスクドクターズ )」の利用もおすすめです。

AskDoctors