相談:直腸がん手術歴がある前立腺がん、前立腺と腸の癒着があってもHIFUは可能?

放射線治療 治療 治療選択

前立腺がんと診断されました。がんの広がりはT1cで、リンパ節転移と遠隔転移はなしです。過去に直腸がんの手術を受けており、直腸と前立腺の癒着が考えられるため手術は難しいと言われました。また、癒着により放射線治療時のスペーサは使えないため、外照射による放射線治療はできないだろうと言われています。そのため、担当医からはホルモン療法と内照射による放射線治療を提案されています。

そこで、副作用リスクが低いといわれるHIFU(高密度焦点超音波)を検討したいのですが、直腸がん手術をしている場合、HIFUは可能でしょうか?

(本人、男性)

回答:限局性前立腺内で、がんの位置が正確にわかればHIFUという選択も可能

前立腺がんの治療として「HIFU」を選択することに関して、がんプラスに掲載されている記事から、ポイントをご案内します。

・前立腺がんのフォーカルセラピーは、前立腺を部分的に温存してQOLを保つ治療法です
・前立腺がんのフォーカルセラピーの代表的なものがHIFUです
・直腸に挿入した器具から超音波を発信し、それを前立腺に集中させ、高温にすることでがんを死滅させます
・前立腺がんを根本的に治療するのには適していません
・合併症は、排尿困難などの排尿障害の可能性があります
・限局性で、前立腺内のがんの位置が正確にわかった場合には、選択されてもよい治療です

参考記事:
がんプラス 前立腺がんのリスク分類による初期治療の選択とは 監視療法、手術療法、放射線療法、ホルモン療法、フォーカルセラピー
https://cancer.qlife.jp/prostate/article2837.html
...

続きを読むには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。


新規会員登録(無料)
ログイン

医師に相談したい場合、現役医師が回答する「AskDoctors(アスクドクターズ )」の利用もおすすめです。

AskDoctors