相談:ステージ0の乳がんの可能性、悪性か良性か微妙な診断でセカンドオピニオンを受けたい

検査 セカンドオピニオン

2013年子宮内膜症と診断され、リューブリン注射を6回受けたあとに、ディナゲストを服用開始し、現在も1日1錠を服用中です。 2020年1月に、右胸の小さなしこりに気がつき地元のクリニックを受診しました。マンモグラフィー、エコーともに異常なしのため、3か月ごとに経過観察を行っていましたが、腫瘤の大きさは8x5x3mmで1年間変わりませんでした。その後、針生検で悪性と診断され、手術のできる病院を紹介されました。 2020年2月~3月に、紹介された病院では、病理の見直しがあり良性といわれました。しかし「悪性の可能性を否定できる要素が見つからない。エコーの結果大きさは変わらず異常なし」とのことでした。念のため受けたMRIの読影医には、「小さすぎてわからない」といわれ、外科生検で腫瘤のみを取ることを勧められました。悪性と確定したら再度手術で周辺部分を取るとのことです。 凍結療法かラジオ波焼灼療法による切らない治療を希望し、現在受診中のがん専門病院を受診しました。 2020年5月に受けたマンモグラフィー、エコー検査とも異常はなく、大きさは1cm未満でほぼ変わりません。以前に受けた針生検の病理の見直しの結果、「グレーとブラックの境目なので、悪性と見たほうが良い」と診断され、腫瘤と周辺部分を含む3~4cmを一度に取る手術を勧められました。「手術で取った組織を調べたら、悪性ではなかったということもありうる」とのことで、腫瘤だけを取って病理検査をしてもらえないかと頼みました。針生検で採取した検体の病理検査で悪性の可能性が高いと出ているため、新たな生検は意味がなく、おそらくステージ0だと思うが、この段階で悪性と捉えて3か月から半年ぐらいの間には手術をした方がいいとのことでした。 ラジオ波焼灼療法は、ステージ1でないと適応にならないし、皮膚に近いところに病変があるため火傷の可能性もあるといわれました。 病理の見直しで確定診断がつかず、もしかしたら悪性ではないかもしれないのに、腫瘤の周辺部分も手術で取るということにものすごい抵抗があります。セカンドオピニオンを受けたいと、必要資料を準備してもらっています。私は悪性であるという確定診断が出るまでは、不要な手術は避けたいと考えています。できれば今の病院で外科生検かマンモトームでもう一度組織診をしてもらいたいのですが、その必要はなしといわれました。ここでの選択肢は、悪性との確定診断がついたものとして手術で周辺部分まで取るということしかないようです。 確定診断をしてほしいという場合、セカンドオピニオンを受診することに意味はあるのでしょうか。セカンドオピニオンではなく、新規に受診して再度組織を取って調べてもらうのがいいのかと考えていますが、この判断は正しいですか?また、今の病院にかかりながら、他院を受診することは可能ですか?

(本人、女性)

回答:セカンドオピニオンは、患者さんに最善な治療を担当医と判断するために別の医師の意見を聞くことが目的

セカンドオピニオンは、患者さんにとって最善だと思える治療を患者さんと担当医との間で判断するために別の医師の意見を聞くことが目的です。そのため、新たな検査などは行われません。...

続きを読むには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。


新規会員登録(無料)
ログイン

医師に相談したい場合、現役医師が回答する「AskDoctors(アスクドクターズ )」の利用もおすすめです。

AskDoctors