「あとがない」僕の治療はそこから始まる 小尾俊太郎先生インタビュー

(名医が語る最新・最良の治療 肝臓がん 2012年12月25日初版発行)

ここは患者さんたちの駆け込み寺。「あとがない」僕の治療はそこから始まる。それは挑戦であり、やりがいでもあるんです。

小尾俊太郎先生

 山梨県の兼業農家で育った小尾俊太郎先生。高校を卒業後、農学部に行って農業をするか、医学部に行って医師になるか、悩んだすえに選んだのは医業。「人も自然のなかの一つですから」そのひとことに小尾先生の哲学が凝縮されます。
 肝臓がんの治療にかかわるようになったのは、医師になって2年目のとき。研修先の東京大学医学部附属病院で肝臓がん治療の名医、小俣政男(おまたまさお)教授(現・山梨県病院機構理事長)に出会ったことが大きかったそうです。そこでラジオ波焼灼療法やその前身となるエタノール注入療法などの治療に携わっていた小尾先生。「両方とも優れた治療なのですが、肝臓がんは再発をくり返します。患者さんはやがてそれでは治らなくなる時期がくる」
 そういう患者さんをどうやって救ったらいいのか――。行きついた先が、肝動注化学療法だったのです。
 現在の杏雲堂(きょううんどう)病院に着任後も、古巣の東大病院と連携しながら、この治療の効果を実証すべく専心。いつしか「肝動注化学療法といえば杏雲堂の小尾」と知られるようになります。ほかの病院から「もう治療法がない」といわれた患者さんも数多く訪れ、比較的規模の小さな病院ながら治療数は累計で1,000例に達します。そのなかには遠く東アジアから頼ってくる人や、20回以上にわたり、治療を受けている患者さんもいます。
 「肝動注化学療法をしていると、あきらめずに治療を続けることが、いかに患者さんの救いになっているか。それは患者さんと接していて、痛いほどわかります。しかも、こうした治療を続けていった結果、日本の肝臓がんの患者さんの5年生存率は、欧米の2倍。肝動注化学療法のような治療があるからこそ、日本の肝がん治療の成績は、世界で最たるものになっているのだと思います」
 コツコツと患者さんのために治療を行い成績を積み上げていくやり方が、小尾先生のやりがいでもあり、挑戦にもつながっているようです。
 「ほかに治療法がないといわれた患者さんが、ここで少しでもよくなってくれたら、医療者としてこれほどうれしいことはないじゃないですか」
 その一方で、患者さんのなかには、長生きが難しい方もいます。
 「いかにそのときに向けてソフトランディングさせられるか。それも常に考えています」
 小尾先生は常に「来年の桜は難しい」「お孫さんが生まれるまではがんばりましょう」など、季節やイベントなどを引き合いに出しつつも、必要とされれば隠すことなく、患者さんに“その時期”を伝えます。そのときまでの時間が患者さんにとってどれだけ貴重なのか、よくわかっているからです。
 「ある患者さん――中小企業の社長さんだったと思いますが、自分の会社の存続をずっと悩んでおられました。最終的にどのような結論を出したのかわかりませんが、診察したときに『自分の残り時間を教えてくれて、ありがとう』といってくださったのを、今も覚えています」  実際のところ、ほかに方法がないときの治療ゆえに、途中で看取ることも少なくありません。先生はこれまでに1,200人余りの患者さんの最期に立ち会ってきました。
 「僕のうしろに吹いている1,200の風を力に、もっとよい効果を上げていくようがんばりたい」
 今は杏雲堂病院のほか、地元の山梨でも診察にあたる小尾先生。夢は医業のかたわら田舎で農業を始めること。
 「おいしいトマトを作る自信はありますよ」と笑顔になりました。

小尾俊太郎(おび・しゅんたろう)先生

小尾俊太郎先生

公益財団佐々木研究所附属杏雲堂病院 消化器・肝臓内科科長
1965年山梨県生まれ。1991年帝京大学医学部卒業。東京都多摩老人医療センター、東京大学医学部附属病院内科研修医、同大消化器内科医員を経て、2002年から公益財団佐々木研究所附属杏雲堂病院勤務。07年、東京大学大学院医学系研究科修了。同院肝臓科部長、10年より消化器・肝臓内科科長、現職に至る。香川大学医学部消化器神経内科、帝京大学ちば総合医療センター、東京大学消化器内科、山梨大学医学部第一内科非常勤講師。