相談:ステージ4の肺がん、PD-L1発現率1%未満に対する二次治療は?

化学療法 治療選択

1年前にステージ4の肺がんが見つかり、タグリッソの治療を受けています。今年になり、病状が悪化したため、薬剤の変更を勧められています。PD-L1発現率は1%未満のため、免疫チェックポイント阻害薬ではなく、二次治療として「カルボプラチン+ペメトレキセド(アリムタ)+ベバシズマブ(アバスチン)」による治療が提案されています。

二次治療で使用しなければ、今後使用できなくなる薬はありますか? そのような薬があれば、その薬を先に使用することを医師と相談したいと思っています。またPD-L1発現率が1%未満だと、免疫チェックポイント阻害薬を使用することは無意味なのでしょうか?

(本人、女性)

回答:年齢、全身状態に応じて「細胞傷害性抗がん薬」が推奨

日本肺癌学会の「肺癌診療ガイドライン2020年度版」によると、肺がんの治療のポイントは以下の通りです。

・ステージ4のEGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺がんの一次治療として推奨されているのは「EGFR-TKI」です
・二次治療として推奨されているのは「細胞傷害性抗がん薬」です
・三次治療として推奨されるのは「細胞傷害性抗がん薬」、もしくはPD-1/PD-L1阻害薬が未使用の場合「PD-1/PD-L1阻害薬」も選択肢です

一次治療増悪後の二次治療としては、年齢、全身状態に応じて「細胞傷害性抗がん薬」が推奨されます。...

続きを読むには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。


新規会員登録(無料)
ログイン

医師に相談したい場合、現役医師が回答する「AskDoctors(アスクドクターズ )」の利用もおすすめです。

AskDoctors