相談:生検で胃がんの疑い、入院=手術の可能性は?

検査 手術(外科治療)

84歳の母が、胃カメラを使った生検を受けました。検査を担当した医師に、その場で、「胃がんの可能性があるため入院が必要」と言われました。次の診察は2週間後で、詳しい話はそのときだと思っています。

母は、入院=手術と思っているようです。私は、ほかにもいろいろな検査を行うのだと思っており、検査入院と考えています。胃カメラの検査だけで詳しい検査を行わず、入院=手術ということはあるのでしょうか?

(家族、女性)

回答:胃がんと確定診断後、進行度を確認するための検査を行う

胃がんの検査や診断に関して、がんプラスに掲載されている記事から、ポイントをご案内します。

1. 胃がんの疑いがある場合、血液検査や内視鏡検査などの精密検査が行われます
2. 内視鏡検査では、直接胃の内部を観察し、病変の場所や範囲(広がり)、深達度(深さ)を調べます
3. 病変が確認できたら、病理診断を行うために、生検が行われます
4. 病理検査では、グループX~グループ5までの6段階評価を行い、グループ5と評価された場合、胃がんと確定診断されます
5. グループ分類は、がんの進行度ではなく、がんかどうかを評価するための分類です
6. 胃がんと確定診断されたら進行度を確認するための検査が行われます
7. 病変の範囲(広がり)、深達度(深さ)、周囲のリンパ節への転移、多臓器への転移、腹水の有無、腹膜播種などを調べるために、精密な内視鏡検査、腹部超音波(エコー)検査、CT検査、MRI検査などが行われます
8. 治療前に行った検査の結果をもとに、がんの深達度、リンパ節への転移、遠隔臓器への転移を総合的に判断して「臨床分類(予想ステージ)」が決まります
9. 手術後に摘出した病変の組織を調べる病理診断は「病理分類」といわれます
10. 手術後の治療方針は、病理分類をもとに行われます

お母様は生検で悪性と判断されたとのことですが、進行度を確認する検査がまだ行われていなければ6以降の検査に進むと考えられます。...

続きを読むには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。


新規会員登録(無料)
ログイン

医師に相談したい場合、現役医師が回答する「AskDoctors(アスクドクターズ )」の利用もおすすめです。

AskDoctors