相談:ステージ4のEGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺がんの一次治療薬は

治療

妻が、肺がんと診断されました。まだ39歳です。脳に転移している可能性があり、来週から入院します。 遠隔転移があるEGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺がんでは、EGFR-TKIによる治療が推奨されているようですが、何種類もEGFR-TKIがあり、どの薬がいいのかわかりません。また、どの順番で使うのがいいのか迷っています。ジオトリフからの治療か、もしくはタグリッソからの治療かどちらがいいのでしょうか。

(家族、男性)

回答:T790M変異が認められれば二次治療としてタグリッソによる治療が推奨される

手術不能のステージ4期のEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がんの一次治療は、EGFR-TKIが推奨されます。EGFR-TKIは、第1世代から第3世代まであります。...

続きを読むには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。


新規会員登録(無料)
ログイン

医師に相談したい場合、現役医師が回答する「AskDoctors(アスクドクターズ )」の利用もおすすめです。

AskDoctors