テセントリク併用療法 進展型小細胞肺がんで全生存期間と無増悪生存期間を延長

文:がん+編集部

 化学療法未治療の進展型小細胞肺がん患者さんを対象に、テセントリクと化学療法の併用療法が全生存期間と無増悪生存期間の延長を示したそうです。

テセントリクと化学療法の併用療法と化学療法単独を比較した第3相試験

 スイス・ロシュ社は6月25日、免疫チェックポイント阻害薬アテゾリズマブ(製品名:テセントリク)第3相臨床試験IMpower133試験の中間解析の結果、全生存期間(OS)※1と無増悪生存期間(PFS)※2の延長が示されたことを発表しました。

 IMpower133試験は、化学療法未治療の進展型小細胞肺がん(ES-SCLC)患者さん403名を対象に、テセントリクと化学療法併用(カルボプラチンとエトポシド)の治療と化学療法(カルボプラチンとエトポシド)単独の治療を比較した第3相臨床試験です。

 試験の結果、一次治療のテセントリクと化学療法の併用療法は、化学療法単独での治療と比較し、ES-SCLC患者さんの生存期間を延長させ、また、病勢進行や死亡リスクを低下させたそうです。テセントリクと化学療法の併用療法の安全性は、これまでにそれぞれの薬剤で認められている安全性プロファイルと一致していたとしています。

 アテゾリズマブは、日本において、2018年1月に「切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」の適応で承認を取得し、4月に発売しました。また、3月に「切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんに対する他の抗悪性腫瘍剤との併用(一次治療)」を予定とする適応症として、承認申請を行っています。

 小細胞肺がんは、喫煙との関連が大きいといわれています。また、増殖が速く、転移しやすいことも特徴としてあげられます。

※1 患者さんの亡くなった原因ががんによるかどうかは関係なく、生存していた期間のことです。
※2 奏効例(完全または30%の部分消失)で治療中にがんが進行せず安定した状態の期間のことです。