女性がん患者さんを支援、国立がん東病院にレディースセンター開設

文:がん+編集部

 国立がん研究センター東病院に、レディースセンターが開設されました。妊孕性(にんようせい)に関する相談・対応や、アピアランスに関する相談・支援、薬物療法などの副作用に関する相談など、女性がん患者さんへの支援が行われます。

男性も利用可能な患者サロン「柏の葉サロン」も

レディースセンター
画像はリリースより

 国立がん研究センターは9月19日、国立がん研究センター東病院にレディースセンターを開設したことを発表しました。がん専門病院で、女性がん患者さんを対象とする最適な治療提供からサポートを担うレディースセンターは、国内初です。

 レディースセンターでは、女性がん患者さんが抱える悩みを丁寧にヒアリングすることで、適切な部署へ迅速につなぐための総合的な窓口として、2018年8月より「女性看護外来」を病院棟2階に設置しました。

 レディースセンターでは、女性がん患者さんの治療方針、ぞれぞれの背景や問題点を把握し、関連する診療科や多職種が有機的に連携を図ることを目的としています。そのため、手術薬物療法放射線療法を提供する各診療科に加えて、以下の業務を行うセクションを設置して対応をします。
・妊孕性(にんようせい)相談・対応
小児AYA世代を含む若年女性がん患者さんのサポート
・社会的支援ならびにアピアランス相談・支援
・遺伝カウンセリング
・リンパ浮腫を含むリハビリテーションの必要性の相談・評価と対応
・薬物療法などの副作用に関する相談
これらは、通常の保険診療の範囲で実施されています。

 また、レディースセンター開設に合わせて、国立がん研究センター東病院内に「柏の葉サロン~あなたらしさを支えます~」の名称で患者サロンも新装・開設します。柏の葉サロンは男性も利用可能です。ここでは、カバーメイク教室、肌と爪のケア教室、薬教室、ピアサポーターズサロンなどが開催されるそうです。これらのサービスや教室は、無料(膵がん教室のみ、参加料100円が必要)で受けることが可能で、開催日などは東病院HP「患者教室のご案内」で事前に確認できます。

 レディースセンターは、開設理念「女性がん患者と寄り添うすべての人々の“ライフ”をサポートする」、将来像「女性がん患者の“その人らしさを支える”最適な医療とサポートを提供する卓越したレディースセンターになる」の2つの目標を掲げ、その実現に向けて歩みを進めていくとしています。