相談:前立腺がんと診断された場合、生活リズムを維持しながら治療する方法は

放射線治療 治療 手術

71歳です。PSA検査を行ったところ、PSA値が11.45ng/mlでした。前立腺がんの検査を受けることになり、自宅近くにある病院を紹介されました。PSAとMRI検査を受け、針生検をすることになりました。まだ、がんか否かは検査の結果次第ですが、そもそも生検では4割程度しか確認できないことをWebサイトで知りました。 また、治療法としては外科による全摘出が好ましいようですが、その場合、尿漏れや勃起不全がデメリットとしてあるようなので、今から心配しております。現在、営業職でまだバリバリ仕事をしており出張もあります。健康管理のためゴルフに夢中になっています。何とかこの生活リズムを持続しながら治療する方法はないでしょうか。

(本人、男性)

回答:手術、放射線、ホルモン療法、化学療法など治療にはそれぞれメリットとデメリットがある

PSA検査で前立腺がんの疑いがある場合、超音波ガイド下針生検による検査を行ない、がん細胞が見つかれば前立腺がんと診断されます。生検で前立腺がんであることが明らかになった場合、CT検査や骨シンチグラフィを行い、転移の有無を調べる検査が行われます。...

続きを読むには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。


新規会員登録(無料)
ログイン

医師に相談したい場合、現役医師が回答する「AskDoctors(アスクドクターズ )」の利用もおすすめです。

AskDoctors