乳がんを切らずに治療する「非切除凍結療法」-高齢者にも適応

監修者福間英祐(ふくま・えいすけ)先生
亀田メディカルセンター 乳腺センター主任部長
1953年京都生まれ。79年岩手医科大学卒業。聖路加国際病院、帝京大学溝口病院などを経て、2000年より亀田総合病院(当時)。11年より現職。落ち着いた風貌のうらにアグレッシブな診療技術への情熱が。

(名医が語る最新・最良の治療 乳がん 2011年11月25日初版発行)

乳がんを切らずに治す新しい治療

 切らずに治す局所的乳がん治療(非手術的療法)が登場し、注目されています。がんを凍らせて破壊する凍結療法もその一つです。

傷は小さく、入院期間短縮でQOLを向上させる治療へ

亀田メディカルセンター乳腺センター入り口

 乳がん治療では、病期がかなり進んだ進行がんと、肺や脳などに転移がある転移がんを除き、がんを切除する手術が標準治療となります。  検査機器の進歩により、ミリ単位の小さながんがみつかるようになっていますが、がんの大きさにかかわらず、手術は省くことができない治療です。手術も徐々に切除部分が小さくなっていますが、やはり切開すれば傷も残りますし、入院が必要になり、リンパ浮腫(ふしゅ)などの後遺症にも悩まされます。つまり、現状では、がんがどれだけ早期にみつかったとしても、治療による患者さんの負担はあまり変わらないのです。
 しかし、がんの治療全般が、より体に負担を小さくする低侵襲(しんしゅう)の方向に向かっているように、乳がんでも切らない治療が研究・開発され始めています。それが、乳房にまったくメスを入れない治療法、非手術的療法です。
 非手術的療法には「ラジオ波焼灼(しょうしゃく)療法」や、「集束超音波治療(FUS。超音波を集中的に浴びせる治療)」「レーザー(特殊なレーザーでがんを焼き切る)」、そして当院で行っている「非切除凍結療法(非切除冷凍凝固療法 以下凍結療法)」などがあります。

がんを凍らせて取る体に優しい凍結療法

 凍結療法の最大のメリットは体への負担が少ないことです。メスを入れないので乳房に傷はつかず、局所麻酔を用い、日帰りで治療を行うことができます。また、凍結そのものに痛みを感じにくくする鎮痛作用があるので、ほかの治療よりはるかに痛みが軽くなります。
 乳がん患者さんは、発症のピークが40~50代と、ほかのがん患者さんに比べても若く、仕事や育児、介護などで忙しい時期に多いという傾向がみられます。そこで、日帰りや短期間の入院だけですむ治療ができれば、患者さんのQOL(生活の質)の向上につながります。
 凍結療法は、海外では1985年に初めて行われた報告があり、アメリカで1990年代後半から良性のしこりに対して行われるようになっています。日本では、当院が2006年から試み始めました。まだ臨床試験的に行っている治療であり、再発率や効果についてのデータは十分蓄積されているとはいえないのが実状です。また治療費も健康保険では認められていないので、自費診療となります。
 凍結療法では、凍結させている範囲が超音波画像で明確に確認できるという利点があります。超音波画像を見ながら治療を進めていきますが、細胞が凍ったところは、黒くはっきりと写し出されます。凍結部分の真ん中あたりが、もっともがん細胞を破壊する力が強力なので、そこに病変(がん組織)の中心がちょうど重なるようにして、凍結する範囲を調節すればよいことになります。目で見て確認でき、本来がんがある部分を外して凍らせてしまったり、凍らせ方が十分でなかったりといった問題を防ぐことができます。

1cm以下の、悪性度が低い乳がんが対象

 私たちが実施している凍結療法は、高圧のアルゴンガスとヘリウムガスを用いて、がん細胞を凍らせて破壊する治療です。がんを中心に一定のマージン(安全域)を含めて細胞を凍結させることでできる、氷のかたまりをアイスボールと呼んでいます。
 現在、この治療を行える患者さんの条件として、私たちは次のように考えています。いま用いている機器で作ることができるアイスボールの最大の大きさは直径4cm。がんの取り残しを避けるために、病変の周囲には1.5cmのマージンを設けたいので、それを含めて4cmのアイスボールに収まる大きさが目安となります。
 つまり、病変の大きさが1cm以下の、悪性度が高くないタイプ、最近の基準でいうと、「ルミナルA型」に当てはまる患者さんが多いといえます。もちろん、実験的な治療ですので、それを十分に理解し、納得したうえで患者さん自身がその治療を望む場合に限られ、当院の倫理委員会に諮(はか)り、許可を得たうえで実施します。
 凍結療法は、乳房温存療法と同様に、センチネルリンパ節生検と、治療後には放射線療法を行うことを原則としています。必要に応じて、薬物療法を組み合わせることもあります。

凍ったがんの細胞膜を破壊し、増殖も抑える

 ところで、高温でがん細胞を焼き殺すならまだしも、凍らせて本当にがん細胞が破壊されるのか、と思うかもしれません。しかし、実は、加熱よりも、急速に極度の低温状態にするほうがより確実にがん細胞を破壊することができるのです。
 まず、がん細胞のなかの水分が凍って氷のかたまりになり、細胞を覆っている膜を傷つけてズタズタに壊してしまいます。急速な凍結後に、今度は温度を上げてアイスボールを融かしますが、それによって、細胞の内と外との浸透圧のバランスが崩れ、細胞の外から内部に水分がどんどん入ってきて、細胞膜が破裂し、細胞が壊れていきます。
 さらに、がん細胞に栄養を運ぶ周囲の末梢(まっしょう)血管が凍ってしまったり、血管の内部の壁が傷つけられてふさがったりして、結果的にがん細胞に栄養が送られなくなるので、増殖できなくなります。

病変部をアイスボールにする

治療の進め方は?

 がん細胞の中心に針を刺し、2種類のガスを使い分けながら凍らせ、その後温めて融かす手技を2回繰り返します。痛みはほとんどなく、1時間足らずで終了します。

この続きを読むためには、会員登録またはログインが必要です。

新規会員登録(無料) ログイン

がん相談窓口

がん患者さん、そのご家族のための相談窓口です。がんについての疑問やお悩みについて、気軽にご相談ください。

  • どんな治療があるのか知りたい
  • セカンドオピニオンって何?
  • 仕事は続けても大丈夫?  …など
相談はこちらから