相談:早期の肺がん治療、手術と放射線のどちらがよいのか

放射線治療 治療 手術

14年前、悪性リンパ腫(濾胞性リンパ腫)と診断され、治療を受けました。14年間再発せずに経過観察を行っていましたが、2年前にCT検査で肺にすりガラス状の影が見つかり、非小細胞肺がんのステージ1b期と診断されました。 経過観察を行っていましたが、昨年の検査では28ミリ、現在、影の大きさは32ミリです。担当医からは、「右肺S3胸膜下の結節が気になる」といわれ、手術による右肺上葉摘出を提案されています。自分の希望は、陽子線治療で右肺S1の病変をとり、その後の経過観察から、変化があれば、手術もやむをえないと思っています。担当医は、「陽子線治療が希望なら紹介状は書く」とは言ってくれていますが、一方で手術を薦められ、迷っています。

(本人、女性)

回答:まず外科手術が推奨、患者さんの状態や希望により放射線治療も選択肢として推奨

肺癌診療ガイドライン2019年版によると、早期の非小細胞肺がんに対する外科手術と放射線治療の選択に関しては以下のように書いてあります。

同一肺葉内で多発肺がんをの疑いがあり、リンパ節転移のない場合は、正確な診断のためにも手術が推奨されます。...

続きを読むには、新規会員登録(無料)またはログインが必要です。


新規会員登録(無料)
ログイン

医師に相談したい場合、現役医師が回答する「AskDoctors(アスクドクターズ )」の利用もおすすめです。

AskDoctors