骨髄異形症候群を知る

骨髄異形症候群は、血液細胞の元となる造血幹細胞のうち、骨髄系細胞に異常が起こる病気です。赤血球、血小板、白血球の3つそれぞれが成熟する過程で同時に異常が発生する場合や、3つのうちまず1つが成熟する過程で異常が起こり、残りの2つの血液細胞の成熟過程にも異常が進行していく場合などがあります。似たような病気の集まりであるため、「症候群」と呼ばれています。骨髄異形症候群の基礎知識、検査、診断、治療選択、治療法、再発などをご紹介します。

骨髄異形症候群の基礎知識

骨髄異形症候群の罹患率、症状、原因など基礎知識をご紹介します。

骨髄異形症候群の検査・診断

骨髄異形症候群の類縁疾患、診断、リスク分類、治療選択など検査や診断に関してご紹介します。

骨髄異形症候群の治療

骨髄異形症候群の同種造血幹細胞移植、免疫抑制療法、化学療法、支持療法など治療法に関してご紹介します。

骨髄異形症候群の再発

骨髄異形症候群の経過観察、検査、再発に関してご紹介します。 骨髄異形症候群の経過観察と検査 骨髄異形症候群の再発 骨髄異形症候群の経過観察と検査  骨髄異形症候群の治療目標は、症状を緩和し、病状の進行遅らせることで患者さ […]

最新のがん医療情報をお届けします。

無料で 会員登録
会員の方はこちら ログイン