多発性骨髄腫を知る

多発性骨髄腫は、免疫細胞(リンパ球)の仲間であるB細胞が成熟することでできる「形質細胞」ががん化し、高カルシウム血症、腎障害、貧血、骨病変などの症状が起きる病気です。形質細胞ががん化した骨髄腫細胞が増殖すると、正常な造血機能が抑制され、血球が減少してさまざまな症状が起こる形質細胞腫瘍の病型の1つです。多発性骨髄腫の基礎知識、検査、診断、治療選択、治療法、再発などに関してご紹介します。

多発性骨髄腫の基礎知識

多発性骨髄腫の罹患率、症状など基礎知識をご紹介します。

多発性骨髄腫の検査・診断

多発性骨髄腫の類縁疾患、検査、診断、ステージ分類、治療選択などをご紹介します。

多発性骨髄腫の治療

多発性骨髄腫の自家造血幹細胞移植、化学療法、救援療法、地固め・維持療法、支持療法など治療法をご紹介します。

多発性骨髄腫の再発

多発性骨髄腫の自家造血幹細胞移植、化学療法、救援療法、地固め・維持療法、支持療法など治療法をご紹介します。

最新のがん医療情報をお届けします。

無料で 会員登録
会員の方はこちら ログイン